六本木のハンバーガー専門店「Aldebaran (アルデバラン)」

六本木は旧テレ朝通り沿いに新しいハンバーガー屋「アルデバラン」がオープンしていたので紹介したいと思います。

ハンバーガー屋さんがオープンしていたのは知っていたのですがなかなか訪問するチャンスがなく、でも思い切って入ってみたら期待を遥かに上回る美味しさ!

あとで調べたら千葉の超有名なハンバーガー屋さんの暖簾分けのお店のようです。



アルデバランの場所

旧テレ朝通りと六本木通りの交差点の少しけやき坂側。「ノック」やペルシャ料理の「アラジン」などより六本木通り側のビルの地下になります。

この写真のように看板が出ているのですぐ分かりますね。

ただ ”B1F” と案内には書かれているのに地下への降り方が分かりづらいです。

ビルの奥のドアを開けると地下へ降りる階段が見えてきます。

もしドアが閉まっていても開ければすぐに分かると思います。

アルデバランの店内

このお店の営業時間は月曜日以外の11時から17時まで。
つまり夕食にハンバーガーをというわけにはいかず、ランチかおやつとして食べなければなりません。

たぶんですが、夜はクラブかなにかで営業しているんでしょうね。

コンクリートむき出しの狭い階段を降りていきます。

この時点で普通のハンバーガー屋さんじゃないなという雰囲気が漂ってきます。

手すりは鉄パイプ、階段を降りるといきなりDJブース。
これはもう絶対普通のハンバーガー屋じゃないと感じさせます。

店内は大きなソファーとローテーブルの席と普通のテーブル席。

なぜかグランドピアノが大きなスペースを占めています。

お客さんは入れても3,4組でしょうか。

奥の席から入り口の方を撮ってみました。この写真ではハンバーガー屋とは思いませんよね。

この日はDJブースの後ろにDVDを上映していました。ここはたぶん常時なにか流しているのでしょうね。


アルデバランのメニュー

ハンバーガー屋とは思えない内装だし、お客さんもいないので最初はあまり期待もせずハンバーガーを頼んでみました。

”リアルバランバーガー” が一押しのようです。でもこれ、”アルデバラン” という店名の駄洒落ですよね。

他にも ”KAYAビー” という危ない名前のメニュー、”アボカ〜ド” とか ”すっちーなチーズ” というフザけた名前のメニューもありますね。

こちらはサイドメニューとドリンクのメニューです。

サムダムズことサミュエルアダムズがしっかりあるのが意外で嬉しいですね。

そして、写真にはうまく収められなかったのですが、メニューに黄色い文字で注意書きが書いてあります。

”一つずつ丁寧に焼き上げているため焼き始めから出来上がりまで15分〜20分頂いております”

”お水はミネラルウォーターをボトルで200円にてご用意しております(食後にはお口直しのレモン水をお出ししております)”

”バーガーが大きくて食べづらい方はハーフカットにすると食べやすくなりますので焼き始める前にご要望下さいませ”

なんですかこの本格ぶりは!

店内の様子やメニューのフザケっぷりとこの注意書きのギャップがすごいです。

今回は二人連れで訪問してリアルバランバーガーとアボカ〜ドをオーダーしたのですが、オーダー時にハーフにカットしてお持ちしましょうかと提案されました。
入店した時とは一転、否応にも期待が高まります。



リアルバランバーガー

さて、本当に焼き上がるまで15分くらいかかりました。

オープンキッチンなのでパンズやパティをジュウジュウ焼く音が聞こえてきます。

そして出てきたリアルバランバーガーの勇姿。

星型のプレートに乗せられた大きくて高さもたっぷりなハンバーガー。

ちょっとこのボリューム感は写真ではうまく伝わりませんね。

普通のハンバーガーのようにかぶりつくには厚さがありすぎます。
フォークも付いてくるのですが、それを使って具材をピックアップしながら食べるスタイルになります。

ハーフにカットされたリアルバランバーガー。

半熟卵もしっかりしているし、荒々しい和牛肉もスパイスが効いてちょー美味しい。

パンズもカリカリに焼かれてこれまた美味しいのです。

これだけワイルドで美味しいハンバーガー、今の六本木ではトップクラスの美味しさです。

アボカ〜ド

こちらはアボカ〜ドバーガー。

アボカドとチェダーチーズが美味しいですし、量的もたっぷり。ちなみにタルタルソースとサルサソースが選べます。

メニューにはポテトが付いてきますがこれもたっぷり2種類。


オススメのハンバーガー屋さん

ソフトドリンクは+150円で。これはホットコーヒーですがカップが可愛いですね。

ソフトドリンクをオーダーしなくてもメニューに書いてある通りお口直しのレモン水が出てきます。

奥の鉄板の上でパンズとパティを手間暇かけて焼き上げています。しっかり時間をかけているので美味しいわけです。

正直最初はあまり期待せずに訪問したお店ですが期待を遥かに上回るボリュームと美味しさでした
ボリュームとしては女子にはかなりお腹いっぱい、男子でもお腹いっぱいになる量です。

”ペアセット” というリアルバランバーガーのハーフカットが2個(つまりホールで1個)のセットなら、二人でちょうどぴったりな量かもしれません。

ということで、めちゃくちゃ美味しくてお腹いっぱいになる六本木のハンバーガー屋「アルデバラン」、ここはおすすめです。
まだ知られていないのか週末はランチタイムでも空いていますが、そのうち行列店になるかもしれません。

Aldebaran (アルデバラン)

港区 西麻布 3-2-9
定休日:月曜日
営業時間:11:00 – 17:00


関連記事