地元の八百屋さん びっくり屋

この辺りでコストコンシャスなスーパーというとダイエー(昔のグルメシティ)しか思い浮かびません。
でも八百屋さんに限れば、実はあちこちに昔ながらの商店街の八百屋さんが残っていて、それぞれのお店に昔からのお客さんが付いているようです。

そんな八百屋さんの中で注目なのが「びっくり屋」チェーン。
麻布十番を本店に、広尾、白金、東麻布そして三田の5店を展開しています。

店構え、品揃えともに昔ながらの八百屋さんという言葉がぴったり。
そして価格もそこらのスーパーには負けない、ロケーションを考えると安いとしか言えない値札が付けられています。

野菜の新鮮さはもちろん、有機野菜などトレンドにも気を配っているので、お肉や魚は別のスーパーで、野菜はびっくり屋でと使い分けているお客さんも多いようです。
買いすぎても他のスーパーと同じように無料宅配サービスがあるので安心です。



面白いのはそのお店の場所で、麻布十番店はダイエーとビオセボン(つまりかつてはピーコック)の間、東麻布店はニッシンの近く、広尾店にいたってはナショナル麻布の目の前!

なんとも強気な出店方針なのか、それともコバンザメ商法を狙ったのか。ニッシンの後にびっくり屋、ナショナル麻布の後にびっくり屋というコースでお買い物をするお客さんが多いそうなので、おそらく後者だと思いますが。

麻布十番は生活コストが高くて・・という声を聞くこともありますが、みなさんお店をうまく使い分けて、メリハリのついた買い物をしているようです。


こちらは広尾店の様子。
どう見ても普通の八百屋さんですが、向かいはナショナル麻布、隣はサラダワークス、斜向かいは有栖川宮公園というなんともオシャレなロケーションなのです。

なお、看板に「配達無料」の文字が見えますが、野菜か果物を含んで2,500円以上。配達エリアも店員さんが持っていける範囲だそうことです。

これは最新の店舗、2017年にオープンした三田店です。
綱坂を下りてきて桜田通りと交わるところ。
というより、ラーメン二郎本店のすぐ横と紹介した方が判りやすいかもしれません。

 

びっくり屋
麻布十番本店
港区麻布十番 2-8-8

東麻布店
港区東麻布2-35-12

広尾店
港区南麻布5-16-5

三田店
港区三田 2-16-6


関連記事