Blue Bottle Coffee/ブルーボトルコーヒー広尾店に行ってみた

近年各地に続々と店舗をオープンさせているBlue Bottle Coffee/ブルーボトルコーヒーがなんと6月11日に広尾にもショップをオープンさせたということで早速行ってきました。

場所は広尾の商店街広尾湯の隣の新築のビルです。




ここは7月20日にルーボトルコーヒージャパンが運営する「THE RESTAURANT(ザ・レストラン)」がオープンする予定ですが、それに先駆けてブルーボトルコーヒーがプレオープンしました。

ザ レストランは17店舗が出店するフードホールで、ワークカルチャーに食とウェルネスを融合させたビジネスパーソン向け新施設「イート プレイ ワークス」だそうです。

お店の内装は建築だけに止まらず、プロダクトやファッションも手掛ける2人組のユニットwrkーshpです。

この2人が担当するブルーボトルコーヒーは海外には多く存在しますが、日本では初の店舗となります。

ソーシャルディスタンシングを実現するためのメバリみたいなのもブルーボトルカラーですね。

もちろん店内にはwifiありますよ!▼

メニューはこんな感じ▼

コーヒーだけでなくフードもあります。

そしてここでは三重県にあるブリュワリー伊勢角屋麦酒と共同開発した「ブルーボトルコーヒー ペールエール」(750円)を先行発売しています。

日本のブリュワリーとの共同開発はブルーボトルコーヒーとして初の試みで、ブルーボトルで人気のブレンド「スリーアフリカズ」のコーヒー豆を伊勢角屋麦酒のペールエールに漬け込んだものだそうです。▼

ひとまず、安定のカフェラテをオーツミルクでオーダー▼

バーチなどの自然素材やナチュラルなカラーパレット、柔らかな曲線のデザインを取り入れたブルーボトルコーヒーらしい優しいデザインですね。▼

天井の造作が楽しいですね▼

この深いグリーンの照明も可愛い。

この店舗は入り口前面とカウンターの正面が前面ガラスで外光が入りとっても明るいお店です。▼

天井もスケルトンのままではないところがいいですね。

近所に朝から美味しいコーヒーが飲めるお店ができるのは嬉しい。でも土日は駅近なのでしばらくは混雑しそう。

ブルーボトル広尾の場所は、広尾駅の1番または2番出口から出て広尾の商店街へ。広尾橋の交差点から30mあるかないか。広尾の湯の隣です。

道を挟んで向かいには上島珈琲、そのすぐ先にはスタバ。期せずして元祖サードウェーブ、シアトル系、そして本家サードウェーブという感じで林立してしまいました。

上階のザ・レストランもオープンしたら早速訪問してレポートしたいと思います。

ブルーボトルコーヒー広尾

東京都渋谷区広尾5-4-16
8:00−22:00(当面8:00−19:00の短縮営業予定)


記事の評価
ベルリッツ
関連記事