あのキャンティ西麻布店で平日ランチを

キャンティ西麻布店の平日ランチ

新型コロナへの対応で飲食店はどこも厳しいのかあの「キャンティ西麻布店」が平日ランチを始めています。

日本を代表する本格イタリアンのキャンティ、今までもランチはあったのですが新型コロナへの対応としてテイクアウトも開始、そして平日のランチタイム限定ですが廉価なパスタセットも始めました。

キャンティといえども大変なのだと思い応援する意味も込めて平日ランチに訪問してみました。

▲なお、今回訪問したのはキャンティ西麻布店の方です。

飯倉片町のキャンティ本店には「アル・カフェ」(過去の紹介記事はこちらです)に手頃なランチの用意があるのですが、レストランだけの西麻布店でこのような手頃なランチを用意するのは初めてだと思います。



キャンティ西麻布の店舗

外苑西通りの霞町交差点(西麻布交差点)の近く、ビルの地下がキャンティ西麻布店です。

▲このファサードでお馴染みですね。

ただランチでも4,000円くらいしますし、アラカルトでも一品2,000円くらいなのでランチで普段使いするにはちょっと・・です。

▲地下に降りるとこのようプレートが。

店内はバースペースの「キャンティッシモ」とダイニングとに別れています。

飯倉片町の本店は1階がアル・カフェ、2階がキャンティッシモ、地下がレストランになっていますが、西麻布店は同じフロアにキャンティッシモとレストランが同居しています。

▲入口の重厚なドア。

右手にちらっと見えますがちょっとしたスペースが喫煙所になっています。今はキャンティといえでも店内は禁煙です。

ちなみに、西麻布店はレストランとバーなので、キャンティのドレスコードが適用されます。

ご来店の際の服装は「スマートカジュアル」でお願いしております。男性のお客様は、襟付きシャツをご着用ください。

ランチとはいえスマートカジュアルを心がけたいです。

キャンティ西麻布の店内

ランチは11:30から14:00まで。

入店するとまず通常のランチかパスタセットにするか尋ねられます。

通常のランチならダイニングに通され、パスタお客さんはキャンティッシモのバースペースに案内されます。

▲キャンティのバースペース。いわゆるウェイティングバーです。

キャパ的には20人くらいは入れそうです。

▲ソファ越しにバーカウンターを見たところ。

こういう曲線を使ったソファー席ってバブルの頃のおしゃれ系なところを思い出しますね。

▲地下なのですが外の光が差し込んでいます。

意外と開放感があります。

▲壁際はソファ席になっていてテーブルが4つ。

▲ダイニングを覗いてみました。

ケーキのケースは片町のアル・カフェと同じようです。

▲あと壁には風景画が何点か飾られています。


キャンティ西麻布のパスタセットとテイクアウトメニュー

パスタセットは店外のボードに書かれているものだけです。

店内にはメニューはないのでどれを食べるか決めてから入店する必要があります。

▲お店の外にあるメニューボード。これが出ていない時はランチはありません、通常のランチメニューだけです。

「平日Bar限定パスタセット」と書かれていますね。このパスタセットの場合はさっきのBarスペース(キャンティッシモ)で食べることになります。

パスタセットの価格は1,500円。普通に考えれば高いランチですが、なんといってもキャンティなのでそれを思えばリーズナブルな価格です。

▲テイクアウトメニューです。デリバリーもあり。

アラカルトのパスタで2,000円からなので平日ランチが1,500円は安いという感じてしまいます。

キャンティの平日パスタセット

今回は平日のランチタイムに訪問。

念のため週末に前を通りかかった時に確認してみましたがこのパスタセットはありませんでした。

▲セットに付いてくるグリーンサラダ

▲レタスにきゅうりなど。ドレッシングはフレンチです。

▲これは「春キャベツとアンチョビ」のパスタ。

柔らかいたっぷりのキャベツとアンチョビ。

▲平べったいパスタは柔らかめのアルデンテ。

量的には女性向けかな。

▲これは「アサリと大葉」のパスタです。

少し硬めのアルデンテ。

▲アサリがたっぷりで大葉の香りが良い感じに効いています。

すごいのはパスタの種類も違えば茹で時間も違うはずなのに、しっかり2皿同時に出てきたこと。
ちゃんと出来上がり時間から逆算して調理をしているのですね。

やはり本格的なイタリアンではそういうところまで心配りしているんだなと思いました。そして1,500円だからといって決して手を抜かないところも。

キャンティのコーヒー

パスタを食べ終わるとコーヒーです。

本当はダイニングの方にあるケーキをデザートにしたかったのですが、この日は時間がなかったのでコーヒーで終わり。アル・カフェのランチならデザートが付くんですけどね。

▲コーヒは飯倉も西麻布も変わりありません。

ミルクもちゃんとしたミルクが付いてきます。

▲バースペースとは狭く感じることもなくゆっくり食後のコーヒーを味わえます。

▲お冷は小さめのグラスで。

グラスが置かれたコースターを見てみましょう。▲CHIANTIのロゴが入るコースター。丸い部分がコースターです。

かっこいいです。



キャンティ西麻布の場所

霞町交差点(西麻布交差点)から外苑西通りを天現寺方面へ100m弱。

外車率日本一とも噂されるガソリンスタンドの先です。

▲広尾側から歩いてきたらちょっと手前にあるこの看板が目印です

▲これはパスタセットを始める前のキャンティの様子です。

飯倉片町本店のキャンティはカフェのアル・カフェがあるので意外と気軽に使うことができるのですが、西麻布店はレストランだけということもありちょっと敷居が高いですね。

おそらく当分の間だけだと思いますが、この西麻布店で手軽な価格のパスタセットが食べられるのはありがたいですし、どういうレストランなのか試してみるためにパスタセットを狙うのも良いと思います。

またパスタセットのことが知られていない(前を通らないと気が付かない)せいもあり、お客さんの数は多くないようです。今の機会に一度訪問してはどうでしょうか。

キャンティ西麻布店

港区 西麻布 3-17-26
定休日 : なし
営業時間 : 11:30 – 23:00 (ランチは14:00まで)


記事の評価
関連記事