麻布初詣コースと箱根駅伝

麻布界隈は歴史が古いこともあって多くの神社仏閣が存在します。
お正月の初詣もどこに行こうか迷ってしまいますね。

でも歩いてもそんなに距離があるわけでもないので、まとめて参拝してしまうのものんびりしたお正月らしくていいかもしれません。

元旦はさすがにどの神社やお寺も終日混雑しているので、特にこだわりがないのなら1月2日がおすすめです。
さらに2日は国民的行事になりつつある「箱根駅伝」も開催されているので、その応援も一緒にしちゃいましょう。

ということで、箱根駅伝の往路を応援しつつ、麻布のいろんな神社やお寺を参拝するコースを紹介します。


芝大神宮

まずスタートは大門の芝大神宮から。
飯倉」という地名は伊勢神宮への奉納物を収める倉が由来で、その飯倉の守護神として芝大神宮が置かれたそうです。

ビルの中の神社で後ろの方には東京タワーが見えますね。

この写真は2日の朝7時半頃の様子です。
もう少し時間が経つと鳥居のこっちの方まで参拝客の行列になりますが、この時間帯だとほとんど参拝客もいません。

芝大明神はJRの浜松町駅、都営地下鉄の大門駅さらに都営バスやモノレールなど交通の便も良いので、初詣巡りのスタート地点にぴったりです。
できれば芝大神宮には7時半に到着すると、芝大神宮と増上寺で初詣をしてからゆっくり箱根駅伝を応援できます。

増上寺

以前「パワースポット 増上寺」としても紹介していますね。

この写真を撮ったのは2日の7時45分頃。

ここもやはり参拝客の姿はまばらです。
でも駅伝が通り過ぎると、応援の観客もどっと押し寄せてお正月の増上寺らしい大混雑になります。

箱根駅伝は8時に大手町をスタート。
ですので、増上寺前を通過するのは8時10分前後になります。
それまでに応援ポイントを確保しましょう。

選手の躍動感を感じたいなら大門側に、走る姿を長く見たいなら増上寺側に場所を取るのが良いでしょう(3日の復路の場合はその逆)。
ただ復路の場合は先頭のランナーが通過してから最後尾が通過するまで20分以上かかりますが、往路の場合はスタートから間もないのでたいてい団子状態で通過します。

上の動画でわかるように全選手が目の前を通過するのはほんの数秒です。



宝珠院と飯倉熊野神社

箱根駅伝を見終わったらいよいよ初詣ツアーへ!

少し足を伸ばして愛宕神社も良いのですが、今回は「港七福神めぐり」の各神社を巡ってみましょう。

まずは増上寺の一角の「宝珠院」へ。ここは弁財天ですね。
増上寺の境内を抜けプリンスパークタワーの「プリンス 芝公園」から東京タワー下の交差点に出たところに「宝珠院」があります。
(ごめんなさい、写真を撮り忘れました・・)

宝珠院に参拝したら東京タワー下の交差点を東京タワー側に渡り、東京タワーへの坂道を上ってとうふ料理「うかい」の前を左折します。
そして清原選手の逮捕劇で有名になったマンションの横を抜けて桜田通りに出て飯倉交差点方面に向かいます。

最初の信号(マルエツスーパーの前)で反対側に渡ってさらに飯倉方面に向かいます。「野田岩」のちょっと先にあるのが「飯倉熊野神社」です。

マンションの一角の地元の氏子くらいしか参拝に来ない神社ですが、太田道灌以来の由緒ある神社です。

でもちゃんと社務所もあります。
ここ熊野神社は恵比寿さまですね。

麻布十番稲荷

熊野神社からさっきのマルエツ前の信号まで戻ります。
中古外車屋の角を入ったら後はひたすら道なりに歩いていきます。

道沿いにはジェラートの「ファブリカ」、ミラノプリンの「トレ・スパーデ」、インド料理の「スーリヤ」など東麻布の隠れ名店が目白押しですが、お正月のそれも2日ではお休みですね。お店の場所だけしっかり憶えておきましょう。

道なりに数百m歩くと「麻布通り」に出るので信号を渡り、左手にアオイスタジオを右手にジョナサンを見ながらエルトーキョーの角を右に曲がります。

すると麻布十番駅の出口の先に麻布十番稲荷が。

ここもお祭りや初詣の時は大混雑ですが、箱根駅伝見物後だとまだ朝の9時前後。
この写真のようにまだ閑散としているはずですので、ゆっくりお参りしましょう。

麻布十番稲荷で忘れてはならないのが鳥居の両隣のカエルお守りと寶船。こちらも忘れずに。



元麻布 大法寺と麻布氷川神社

麻布十番稲荷の次は元麻布の大法寺へ。

麻布十番のパティオから大黒坂を登り切るちょっと手前の右側にあります。

善福寺や賢崇寺といった大きなお寺と比較すると小さなお寺ですが、赤い大黒天ののぼりですぐに分かると思います。

大法寺の次は麻布氷川神社。

大黒坂から一本松坂へ。元麻布ヒルズを左手に眺めながら西町インターも過ぎてアルゼンチン大使館の手前が麻布氷川神社です。
ここは毘沙門天が祀られています。

櫻田神社

ここから六本木(西麻布)の櫻田神社に向かいます。

氷川神社から仙台坂上〜愛育病院前と歩いて旧テレ朝通りに出て櫻田神社を目指すのが分かりやすいのですが少し距離があります。
西町インターの裏の松方ハウスから階段を下りて狸坂の下に出て、リトアニア大使館の横を通って旧テレ朝通りに上るのが一番近いと思います。ちょっと分かりづらいルートですが。

さすがに西麻布、六本木の神社ということで参拝客の数は増えてきますね。
8時10分の箱根駅伝を見てからぐるっと巡って櫻田神社だと9時は余裕で過ぎているのもあると思います。



天祖神社と出雲大社東京分祠

残りは天祖神社と久国神社。

近い方の天祖神社に行く前に、出雲大社東京分祠にもお参りしてみましょう。
縁結びの神様ですから、他はともかくここは外せないという方もいることでしょう。

櫻田神社からいったん六本木通りに出て地下道か明治屋前の信号で反対側に渡ります。

ローソンとファミマの間の路地を入って少し先の左側が出雲大社東京分祠です。
向かいはカファブンナですが当然お休みです。

良縁を祈願したら次は天祖神社です。

出雲大社東京分祠から天祖神社への行き方は簡単。
この路地をさらに奥に進み、ホテルの手前を右折します。少し進むとY字路になるので狭い方の右側へ進みます。そのままずんずん進んだ突き当りやや右手が天祖神社になります。

ここまでだいたい1時間半くらいでしょうか。年末年始でなまった心と身体をシャキっとさせるのにちょうど良いコースですね。

天祖神社の隣は日本で一番空いてるブルーボトルです。ここでひと休みするのが良いでしょう。元旦こそお休みですが2日から営業しています。

久國神社

最後は久國神社。
なのですが、今年はここだけ行ってません。疲れちゃったんですよねぇ。

久國神社の場所は六本木2丁目。アメリカ大使館職員宿舎の裏手になります。
麻布の神社と合わせて参拝するより、赤坂氷川神社や日枝神社なんかと合わせて参拝する方が便利な場所です。

六本木からなら、三河台公園の脇の小路を入ってずっと道なり。アメリカ大使館職員宿舎の長〜い塀を過ぎて最初の曲がり角が実は久國神社の参道です。


記事の評価
関連記事