西麻布の北インド料理 嶮暮帰 ( けんぼっけ)

創業1985年

西麻布のインド料理の店「嶮暮帰 ( けんぼっけ)」のランチを食べに行ってきました。

ここはインドと言っても北インド料理のお店です。創業は1985年ですからもう老舗と言ってもいいでしょう。

ちなみにこの「嶮暮帰 ( けんぼっけ)」という店名、北海道に実在する島の名前で、お店のオーナーがその島を持っているからだとかいろいろ噂があるのですがよく分かりません。




お店の場所

六本木通り沿いで西麻布の交差点のホブソンズから渋谷方面に笄坂を登り、大使館ビルの手前にあるエンパイヤマンションの2Fです。

2Fへの行き方

2Fへの階段は西麻布方面と渋谷方面の2箇所のどちらからも行くことができます。

渋谷方面からだとあの野球選手金石さんが経営する鉄板焼きかねいしの横の階段から上がります。

お店の前にインドの国旗がたなびいていますのでそれを目印にして下さい。

このエンパイヤマンションは知る人ぞ知るコインランドリーが地下にあったり、板前野崎氏が独立して分とく山を開店させる前に料理長を務めていたふぐ料理の店とく山が入っていたりするビルです。

店内の様子

店内はモティのようなインド!という感じではなく、落ち着いたフレンチレストランのような感じです。

どちらかというとプリヤに近い雰囲気ですが、全くインド感のないインテリアです。




平日ランチメニュー

ランチは2種類です。

以前は600円という破格の値段でランチをやっていた時期もあるようですが、現在は990円のToday’s Lunch Setと1600円のVegetarian lunch Setです。もちろん、アラカルトもオーダー可能です。

アラカルトメニュー

アラカルトメニューを見ると、ランチメニューのお得さがわかりますね。

タンドリーチキンやダルカレーとか美味しそうなので、次回はアラカルトもチャレンジしたいですね。

チキンカレーランチ

990円のToday’s Lunch Setをオーダー。カレーはチキンカレーでした。ライスとナンから選べるのですが、ナンをチョイス。

サラダは、サラダというよりピクルス、日本的にいうと漬物って感じの量です。

ナンとカレー

ナンもカレーも美味しそう!カレーは薬膳カレー。

ナンはパンのような感じ。パリパリというよりふんわり系。

カレーはスパイスの味がしっかり効いている本格的なインドカレーですが、そんなに辛い〜!というわけではありません。

辛さの指示をしている常連さんもいたので、もっと辛くすることは可能なようです。

コーヒーつき

カレーを食べて帰ろうとしたら、「コーヒーも付いています」と教えてくださったので、「あ、頂きます」と言って座りなおしました。

本格的な美味しいコーヒーが出てきて、さらに大満足です。




シェフ

インドはデリーのタージマハルホテルで腕をふるったラホトラシェフによる本格的な北インドカレーはとても美味しかったです。

嶮暮帰 ( けんぼっけ)

港区西麻布4-11-28麻布エンパイヤマンション2F
日曜定休
11:30−14:00、17:30-22:30


関連記事