日赤通りのイタリアンカフェ M Labo

日赤通り沿いに「M labo」というイタリアンカフェがオープンしました。

日赤通りの西麻布側の通り沿い。なので住所的にも西麻布ですね。

この場所、去年だったか喫茶店がオープンしそうになって内装まで完成していたのになぜか開店に至らず、ずっと放置されていた場所なんですよね。

たまたま通りかかったら新しくカフェがオープンしていて、欧米系のお客さんがいっぱい居たのでこれはチェックしなければと訪問してみました。


M Laboのメニュー

まずはM Laboのメニューを。

今はドリンクだけのようです。

右上の赤いのはイタリアのコーヒーメーカー、パスクッチ(Pascucci)のロゴ。つまりコーヒー豆はパスクッチのものを使っているのですね。

またM Laboではイタリアの食材も扱っているのでメニューの他に商品リストも各テーブルに置かれています。

商品リストの表紙です。
”M”という北イタリアのワインなどを扱う商社のようです。

もしかしたら単なるカフェではなく直営店なのかもしれません。

トリュフやその加工食品。
これは機会があればそのうち試してみようと思っています。

これはオリーブオイルのページ。

そしてコーヒー豆。イタリアコーヒーとしては普通のお値段です。
これもそのうち機会があれば。

パスクッチ自体はイタリアではメジャーなブランドですが日本ではかなり珍しいです。

M Laboのコーヒー

イタリアならまずはカプチーノ。
ということで、最初はカプチーノをいただきました。

日本では凝ったカプチーノが多いのですが、M Laboで出てくるカプチーノは無造作なもの。
これのそっけなさが本場っぽいですね。

カップもパスクッチのロゴ入り。
また、テーブルに置かれたシュガー類もイタリア製です。

M Laboの店内

店内は奥がカウンター席、2人がけのテーブルが3卓と3人がけが2卓というこじんまりした店構えです。

カウンター前がごちゃごちゃしているのはオープン直後だからでしょう。

上からグラスがぶら下がっているので夜はイタリアンバルとして営業するのかもしれません。

テーブルの上にはニコライ・バーグマン。

店内の空きスペースにはオリーブオイルなどが陳列されています。

これもそのうちもっと充実してくるのでしょう。

スタッフはイタリア人らしき女性が2人。もちろん日本語で大丈夫です。


M Laboの場所

日赤通りの花屋さんの向かいです。

夜はこんな感じでした。日本人がまったくいませんがこれはオープン直後で知り合いや近所のイタリア人が押しかけているからでしょう。

日赤通りと六本木通りの交わる高樹町から日赤通りを日赤医療センターの方に向かい100mちょっと。

麻布昇月堂」まで行ってしまうと行き過ぎです。

ボエムがなくなってから今まで、ありそうでなかった日赤通りのカジュアルなカフェM Labo。
休前日は夜9時まで営業していますから、日赤通りの隠れ名店での食事後にイタリアの普通のカフェでコーヒーも良いかもしれません。

M labo

港区 西麻布 4-18-17
定休日:日曜日

営業時間:9:30 – 20:00 (金土は21:00まで)


関連記事