西麻布の老舗喫茶店れいの(Reino)

西麻布の老舗喫茶店

南青山の老舗喫茶店ばかりを紹介してきたので、今回は ”西麻布の老舗喫茶店” を紹介します。

「れいの(Reino)」は1970年代から40年以上にわたって営業している老舗の喫茶店です。

六本木通り沿いの西麻布と六本木のほぼ中間。ヒルズからちょっと離れただけですが西麻布側には観光客が流れ込むこともなく、まぁ近所の人かこの辺りで働いている人くらいしか知っている人もいない喫茶店です。



れいの

西麻布の交差点から霞坂を六本木方面に登っていくと右側に「れいの」があります。

ネフェルティティのちょっと手前、川奈やSuper Deluxeまで行ってしまうと行き過ぎです。

歩道に置かれた「れいの」の看板です。

オールドコーヒーを使ってネルドリップで。喫茶店としての紹介はこれで十分ですね。

さらに念をいれてこのようかなプレートも下がっています。

ちなみに、ママの言葉によれば ”うちはブラジルコーヒーのお店なの” ということなので、基本的にはブラジルをストレートで頼むことになります。

六本木通り沿いの六本木とも西麻布とも近い(逆にいうとどちらからも微妙に遠い)一等地に、このような昭和の薫りが残るレトロな喫茶店が残っているのですね。

季節を問わずいつも緑が残る植樹が目印です。つい通り過ぎてしまいそうですが、ドアを開けて中に入ってみましょう。


「れいの」の店内

店内はカウンター席とテーブル席に分かれています。

この窓際席が準特等席。

年季の入ったテーブルは歴史を感じますね。

写真左手が入り口のドアになります。

そのドアと窓ガラスの先は六本木通り。いつもアップビートな人やクルマが行き交う通りですが、ドアを開けてこちらに一歩踏み入れるとレトロで落ち着いた空間というコントラストがたまりません。

こちらはカウンター。椅子の数は沢山あるのですが、ママさんの作業場でもあるので全部使えるわけではありません。

とにかく完全に街の喫茶店。NHKのテレビドラマで近所の人たちが噂話に花を咲かせる喫茶店そのままな雰囲気です。

ちなみに、この写真の右手奥にテーブル席があり、そこがこのお店の特等席になります。
もし空いていたら確保してしまいましょう。

これは大テーブル席。

混んでいる時は相席用のテーブルになります。

そして4人用のテーブル席がもう一卓。

「れいの」のメニュー

ここも基本的に喫茶店なので珈琲がメイン。お腹にたまるものはトーストとチーズケーキだけです。

しかしこのメニューも年季が入っています。値段は相当昔のものです。

”消費税3%相当をプラス” という謎のテプラが気になりますが、要するにここに書かれている値段は実際の値段ではないのです。でもまぁ「れいの」に来て細かい値段を気にする人もいないでしょう。

とにかくコーヒー1杯570円、バタートーストと一緒なら1,000円。これさえ覚えておけば大丈夫です。

いちおう実際の最新のお値段が書かれたメニューもありますので、気になる人はそちらを見てください。

ブラジルとコンレイチェ

今回はコンレイチェとブラジルを。

コンレイチェはホットかアイスを選べるので、暑い日だっただけにアイス・コンレイチェを。

”コンレイチェ” はポルトガル語でカフェラテのこと。

コーヒーの苦味がきちんと出ていて美味しいですよ。



ブラジルかブレンドしか選択肢がなければ当然ブラジルになりますよね。

ネルドリップで丁寧に時間をかけて淹れたブラジルコーヒー。

こういうコーヒーをこういうお店で飲むものまた格別ですね。

コーヒー&シガレッツ。ジム・ジャームッシュではないですけど、このお店はコーヒーにこだわっているけど全面喫煙OKです。

灰皿を頼むとコーヒーの出がらしが入った灰皿壺が出てきます。このセンスも70年代から続く店なんだなぁと感じるところですね。

六本木ヒルズからも霞町の交差点からも歩いて数分、しかも六本木通り沿い、かつ喫煙OK、でもコーヒーはブラジルだけ。こういうハードコアな喫茶店にはもっともっと長続きして欲しいですね。

れいの (Reino)

港区 西麻布 3-1-19
定休日:なし
営業時間:11:30 – 22:00


関連記事