決定版! 六本木イルミネーション2018 の見どころ紹介

毎冬恒例、六本木ヒルズ東京ミッドタウンのイルミネーション2018のレポートをお届けします。

東京ミッドタウン

芝生広場 スターライトガーデン2018

今年も芝生広場でイルミネーションが展開されています。

12月になると芝生広場までの行き方の順路を指定されたり一方通行に規制されたりして、いつものように自由が効きませんし、人の頭越しにイルミネーションを見る感じになるので、堪能するなら平日、しかも11月のうちが寒くないし、空いていてオススメです。

点灯期間:11/13-12/25 17:00−23:00 荒天中止

今年のスポンサーはハリーウィンストン。

光り輝くダイヤモンドのブランドなのでイルミネーションにぴったりですね。

今年の特徴はホワイト系のカラーの時に後方から霧が発生する演出になっています。



そして、なんと11/13-12/16までは特別演出でシャボン玉による特別演出が12分に1回あります。

芝生広場へ行ったらシャボン玉が出るまで最低12分は見学しましょう。シャボン玉の演出は期間限定なのでやっぱり早めに見にいくのがよいですね。

白からブルー系になって、ブルーに暖色系の色味が入ってきます。

これだけでは様子がよく分からないかもしれないので動画を御覧ください。

 

芝生広場以外にもイルミネーションは展開されています。

スターライトロード

春には桜並木が美しいこの道も冬はイルミネーションで輝きます。

シャンパンイルミネーション

シャンパングラスのような形の珍しいイルミネーションです。

ツリーイルミネーション

シンプルで温かみのあるイルミネーションです。




クリスマスフォトスポット

店内には、床にトリックアートのような仕掛けが施され、その様子を上から撮影するというポイントです。描かれているのはロンハーマンの店の前です。昨年はねそべったサンタクロースがいたところですね。




六本木ヒルズ

けやき坂

六本木ヒルズの方は、例年通りどこよりも早く11/5からけやき坂のイルミネーションが点灯しました。

点灯期間:11/5-12/25 17時〜23時

昨年は毎時30分毎に10分間赤に点灯するというプログラムでしたが、今年は規則的ではなく、ランダムに照度が変わるようです。

撮影ポイント

そして、今年もありました!六本木ヒルズクリスマスの撮影ポイント!

まずはけやき坂の坂上からと坂下からの昼と夜の様子です。

夜が格段に美しいのがよくわかりますね。


66プラザのクリスマスツリー

66プラザのクリスマスツリーも11/16に点灯されました。今年のツリーの形状はオーソドックスないわゆるクリスマスツリーです。イルミネーションの光でオリジナリティを演出しています。

こちらも撮影ポイントの一つです。

点灯期間:11/16-12/25 17時〜24時

 

毛利庭園

毛利庭園の池も幻想的な空間になっています。ジャン=ミシェル・オトニエルのハートの作品「Kin no kokoro」もいつもと違った雰囲気にみえますね。

点灯期間:11/16-12/25 17時〜23時

ウェストウォーク

巨大なニットによるクリスマスツリーです。

裾野のところは腰掛ける事ができるという気持ちの良い巨大ニットソファでもあります。

点灯期間:11/16-12/25 17時〜24時

六本木ヒルズも東京ミッドタウンもクリスマスまではイルミネーションで美しく彩られています。

昔からですがミッドタウンのイルミネーションは芝生広場のように演出を立ち止まって見学するようにできているので、クリスマスが近づけば近づくほど大混雑します。
逆に六本木ヒルズの方はここで紹介した場所以外にも、あちこちにさりげなくイルミネーションがあって歩き回って楽しめる演出がされています。

ミッドタウンは順路が指定されていつもの通路が使えなかったり行きたいお店まで遠回りさせられたりで、正直地元の人にはちょっと・・・なのです。実際私たちも12月のミッドタウンにはなるべく行かないようにしていますし。
ということで、六本木でイルミネーションを見物するならヒルズ側がおすすめです。


関連記事