六本木の超老舗喫茶「カフェ る・ぽーる」

六本木で50年くらい営業している超老舗な喫茶店「カフェ る・ぽーる」を紹介します。

意外と六本木には昔風なレトロな喫茶店が点在して残っているんですよね。

以前紹介した「カファブンナ」などもそうですし、70年代な六本木らしいオシャレな残香が感じられるのが特徴ですね。
(カファブンナは2021年3月末まで一時休業中です。4月になって再開するのが楽しみです)

▲これがる・ぽーるの店舗。

”美味しいコーヒーの店” って看板に書かれていますが、本当に美味しいんですよ。豆が特別とか淹れ方が芸術的とかではなく、トータル的にコーヒーに気を使っているからだと思います。

▲店舗の外壁に掲げられた「CAFE る・ぽーる」のプレート。

これは以前の店舗と同じです。たぶん移転時にこれも持ってきたのですね。

えっと、実は「る・ぽーる」さんは知る限りで1回移転しています。移転といっても30mほどですが。
以前は俳優座の真裏の通りに店舗がありました。数年前に今の場所に移転しています。



る・ぽーるのメニュー

喫茶店なのでメインはコーヒー。

あとケーキとかサンドイッチといった軽食がありますが、パスタとかピザといったいわゆる喫茶店の食事はないみたいです

▲テーブルの上にはシュガー、メニューそして灰皿。

る・ぽーるは喫煙可能店で全席に灰皿が常備されています。

実際、タバコを吸うのが目的で来ているビジネスパーソンもいますのでタバコが苦手な人にはキツイかもしれません。まぁコーヒー文化とタバコ文化は切っても切れない関係ですから我慢しちゃいますけど。

▲ブレンドコーヒーはどれでも600円

あとストレート系やラテ系それと紅茶などもあります。

▲こちらはアイスコーヒー系と軽食系ですね。

このメニューを見てちょっと驚いたのが店名です。

ずっと「る・ぽーる」だと思っていたのですが「る.ぽーる」と書かれています。
中黒なのか全角ピリオドなのか、これは紛らわしい。

マスターに尋ねればすぐ分かるのですがとりあえずこの記事では「る・ぽーる」で統一しておきます。
表の店名のプレートも「る・ぽーる(中黒)」ですし

CAFE る・ぽーるの店内

以前の店舗のことは細かく覚えていないのですが、雰囲気は変わってないです。

調度品なども引っ越したのだからそれは当然なのですが、店舗の白い外壁も旧店舗と同じなので ”変わっていない” と感じるのでしょう、

▲表から店舗を見たところです。

右手の方へ行くとマーサーブランチの信号のところ、左へ行くと外苑東通りに出ます。

▲カウンターは5人が座れます。

カウンターの向こうにはカップが並んでいます。

▲喫茶店らしいサイホン。

棚に並ぶカップで気に入ったものがあればそれに淹れてもらいことも可能です

▲窓際の席が特等席ですね。

そのあと二人席、四人席と並び、さらに奥にもソファー席があります。

全部で20席ちょっとですかね

CAFE る・ぽーるのコーヒー

今回はブレンド。”オールドブレンド” をオーダーしてみました

▲普通のブレンドとは豆が違うんだそうです

▲コーヒーらしいブラックな液体

これこれって感じの喫茶店の ”珈琲” です



CAFE る・ぽーるの場所

六本木の交差点から外苑東通りのミッドタウン側を乃木坂方向へ、2本目の路地を入って「狸だんご」の前を通って麻布警察署の裏手まで。

▲するとこのような店構えの「る・ぽーる」が。

▲夜は21時まで営業しているので夜の利用も大丈夫です。
(ただCOVID-19の影響で今は早めに閉めているかもしれません)

六本木だし70年代だったら絶対オシャレだった喫茶店ですが、今はむしろ懐かしさの方が先立つ雰囲気です。

六本木の交差点からも近いし警察署もすぐ隣だし、意外と便利に使える喫茶店ではないでしょうか

カフェ る・ぽーる

港区 六本木 4-6-6
定休日 : 日祝
営業時間 : 9:00 – 21:00 (週末は10:00から)


記事の評価
関連記事

コメントを残す