3時間だけ営業のパンケーキが美味しい白金ラウンジ

今回は白金台で朝の3時間しか営業していない「白金ラウンジ」を紹介します。

白金台散歩してひと休みしたいと思ってもプラチナ通りや目黒通りあたりは気軽に使えるカフェが意外と少ないんです。数少ない老舗喫茶店だったロロ(RORO)も昨年(2018年)とうとう閉店してしまいました。

ということで、週末の朝の散歩なら「白金ラウンジ」で決まりです。



目黒通りの白金台五丁目の信号からどんぐり公園の脇に入る道の奥、最近リノベされたマンションの1Fが白金ラウンジです。

営業時間は朝の6時半から9時半までの3時間(冬の期間は開店が7時からになりますが)。

昼間の時間帯はレンタルスペースとして貸し出しているのでこういう営業時間になっているそうです。

▲店先にOPENと出ていれば営業中、CLOSEとなっていれば営業しているけどラストオーダー。そもそもこのプレートが出ていなければ営業も終了です。

テラス席はテーブルが3つ。
店内もテラス席もペットOKなので好きな方をどうぞ。

▲これはラストオーダー後
ただドリンクのテイクアウトは受けてくれるみたいです。

▲営業時間終了後。

テラスのテーブルと椅子、店頭の看板が片付けられていて、知っている人でないとここがカフェだとは気付きません。

白金ラウンジのメニュー

▲モーニングセット。営業時間が朝の3時間だけなので当然ながらモーニングしかありません。
パンケーキとメイプルシロップ、それにドリンクが付きます。

このモーニングセットが500円。
白金台のこの場所で、このボリューミーなパンケーキとコーヒーがワンコインでいただけるのですから有り難いですね。

 今回はかなり贅沢にオプションとしてジャム(100円)とバター(50円)も付けてみました。

ジャムはボンヌママンのプチジャムです。
まるでパリのホテルでの朝食みたいですね。

パンケーキはダブル(+200円)にすることもできますが、かなりお腹いっぱいになります。

ドリンクだけのオーダーも可能で、コーヒー、紅茶、ジュースすべて350円になります。

白金ラウンジのモーニングセット

▼パンケーキは焼き上がるまで15分(混んでいればそれ以上)かかるので、最初にドリンクが出てきます。

朝の8時を過ぎるとパンケーキが品切れになる可能性もあります。

だいたい8時半にはパンケーキはなくなっているので、どうしてもパンケーキが食べたいのなら、8時前に訪問したいですね。

豆乳を使って焼き上げたパンケーキはかなりボリューミー。
朝からこれだけ食べればお昼までお腹は大丈夫。

メイプルシロップだけでも十分なのですが、なにせボリュームがあるのでバターかジャムも頼んでみたいところです。

ちなみにコーヒーは猿田彦の豆を使っているそうです。

▲ふわふわのパンケーキは手でちぎって食べてください。

ちぎったパンケーキをメイプルシロップに漬けていただいたり、バターやジャムを塗って頂いたり、好みでどうぞ。


白金ラウンジの場所

白金台の1番出口を出たら目黒通りを目黒方向へ。プラチナ通りも過ぎて最初の信号を右折してすぐ先の右隣です。歩いて2,3分です。

すぐ近くに「どんぐり公園」があって夏はここでラジオ体操が行われています。
子どもをラジオ体操に連れて行ったら雰囲気のよいカフェを見つけて・・・こうして白金ラウンジを発見する人も多いみたいです。こうして今年もファンが増えていくのでしょう。

朝が早いし近隣の人しか行けないといっても人気店なのでいつも混んでいます。地元の人以外は週末の朝しか訪問するチャンスがないと思いますが、白金台に用事があるときなど一度はこのパンケーキモーニングを味わって欲しいです。

白金ラウンジ

港区 白金台 5-13-26
定休日:なし
営業時間:6:30 – 9:30 (冬季は7:00から)


記事の評価
関連記事