テレ朝通りと外苑西通りを結ぶ 北条坂と鉄砲坂

少し前の「麻布の坂道」シリーズで六本木の「於多福坂((おたふくざか)」を紹介しました。

坂の途中が平らになっているので於多福顔のようだという女性蔑視も甚だしい命名でした。

それとは別に同じように途中が平らになっているのに上と下とで坂道の名前が違うという場所を紹介します。

場所は元麻布と南麻布の間。
旧テレ朝通りと外苑西通りを繋ぐ坂道です。



北条坂

まずは上の方の坂道、「北条坂」。

旧テレ朝通りをけやき坂から有栖川宮記念公園の方へ向かいます。

▲「愛育病院前」の信号から北条坂が始まります。

交差点の名前は「愛育病院前」ですが、愛育病院自体は既に別の場所に移転していて、今は外来専門の「愛育クリニック」になっています。

▲北条坂の標柱が立っていますね

▲坂の名前の由来が書かれています。

”大名の北条家の下屋敷があった” とさらっと書かれていますね。
名前から想像する通り北条早雲からの一族ですが、戦国時代の紆余曲折あって大阪の方で小さい藩を運営していたそうです。

▲交差点の角の電器屋さんから少し坂を下って、角の交番や愛育クリニックを眺めたところです。

ここから交差点を真っ直ぐ進むと「カイカイキキギャラリー」や「麻布高校」、東京ローンテニスクラブなどを過ぎて仙台坂に繋がっています。

右の方に行くと有栖川宮記念公園沿いに木下坂を下って広尾です。

▲北条坂をだいぶ下ってきました。

徐行ゾーンの先に見える横断歩道の辺りまでが北条坂です。

▲北条坂の一番下。

ここからしばらく、50mほど平坦になっています。

▲平坦部分の終わり辺りです。

向こうの横断歩道からこの手前の横断歩道までが坂道ではなく真っ平らなんですね。



鉄砲坂

旧テレ朝通り側の北条坂が終わり、今度は外苑西通りに出る鉄砲坂です。

▲こちらは鉄砲坂の上の部分です。

向こうに見える信号が外苑西通りとの交差点になります。
北条坂に比べると若干距離が短いですね。

▲標柱には ”江戸時代に坂のがけ下に幕府の鉄砲練習場があったから” と書かれています。

もしかして、子どもたちが遊ぶ笄(こうがい)公園の辺りに鉄砲の練習場があったのでしょうか。

▲鉄砲坂の下から上を眺めたところ。

途中で平坦部があり道路自体も湾曲しているので坂の上まで見通すことはできません。

▲鉄砲坂を下りきると外苑西通りです

六本木から天現寺橋や目黒、恵比寿方面へタクシーで向かうような時、六本木通りや西麻布交差点の渋滞を避けて(つまり夜ですね)、旧テレ朝通り〜鉄砲坂〜外苑西通りというコースを選択される運転手さんが多く、この北条坂、鉄砲坂は意外と交通量が多いのです。

またタクシーに限らず六本木と広尾方面の抜け道として利用している地元の人も多いので、”鉄砲坂” という地名は意外と知名度が高いようです。

▲外苑西通りの謎の電光掲示板。

なぜか甲州街道の渋滞状況と高井戸までの時間が表示されています。ここから甲州街道まで相当ありますし、そもそも玉川通りの交通情報を出した方がいいと思うのですが、どういうドライバーに向けての情報なのかよく分かりません。

といった細かい謎はさておき、六本木、元麻布、南麻布、広尾というエリアを結ぶハブのスポークの一本としてとっても便利な北条坂と鉄砲坂。

クルマで行き来する場合はもちろん、徒歩であっちとこっちを行き来するのに重宝するので覚えておきたいですね。


記事の評価
468×60
関連記事

コメントを残す