麻布の坂道2 ― 牛坂と堀田坂 ―

坂の多い西麻布

前回の麻布の坂道1に続いて西麻布界隈の坂道のご紹介です。

西麻布は西麻布交差点を谷として坂道が多く存在します。

前回の笄坂と霞坂は坂の名前こそ知らないけれど、西麻布交差点から渋谷方面と六本木方面への坂道、すなわち六本木通りだと言えばみなさん知らない人は少ないでしょう。

しかし今回の坂道は道そのものの存在を地元の人しか知らないディープ西麻布の坂道です。そんな西麻布の坂道2つをご紹介します。


牛坂(うしざか)

「源経基や白金長者の伝説のある笄橋に続く古代の交通路で、牛車が往来したためと想像される」

牛坂は笄坂と平行している坂道で西麻布の交差点から広尾方面へ外苑西通りを進み、最初の信号を左折して渋谷方面に上り坂になっている坂道です。

坂の途中は若葉会幼稚園や麻布霞町教会があります。登るにつれて高級マンションが軒を連ねていきます。

写真で坂の上の方に建築作業用のクレーンが見えますが、あのアパホテルが手がける ”高級マンション” の建設現場ですね。

ホーマットウッドビルという外国人が多く住むヴィンテージマンションにある牛坂緑地という小さい緑地が、ここが牛坂なんだなと思わせる唯一の存在です。

東京タワー!

牛坂を上り切ったところにあるこのサインのあたりから六本木方面を見ると、六本木ヒルズレジデンスの横に東京タワーの頭が見えます。

外苑西通りが谷でこの辺りが高台になっているのがよくわかりますね。夜の牛坂からは東京タワーがより目立ちます。

堀田坂(ほったざか)

「江戸時代には大名堀田家の下屋敷に向かって登る坂になっていた」

堀田坂は外苑西通りと平行に渋谷側に1本入った道を直進して笄軒まで行かずに左にパン屋さんパネッテリアカワムラ前から二股に別れる右側の坂道です。

堀田坂を登って最初のT字路、写真では横断歩道があるところを左折すればガーデンヒルズ広尾に入り、キリーズフレッシュがあります。




謎の石像

堀田坂の坂上のサインの横に写真のような謎の石像が置いてあります。

設置してあるというよりは置いてあるというのが正しいです。

誰がなんの為に、いつからここに置いてあるのかは謎ですが、だいぶ長い間あるようです。もしここを通ることがあったら気にしてみてください。夜だとちょっと怖いかも。

牛坂も堀田坂も外苑西通りと日赤通りを結ぶ坂道です。牛車が走ったり、大名屋敷だったり、この界隈の昔の姿を少し垣間見るようないわれですね。

どちらも坂道沿いに店舗はないので人通りは少なく、地元の人しか通らないマイナーな坂道です。時折通りすぎる車は外車率が高く、高級住宅地であること感じさせます。

天気のいい日に笄軒でランチをして堀田坂を上りコートヤード広尾のガロウでアート鑑賞をして、昇月堂でどら焼きを買い、Rainyday Bookstore &Cafeでティーブレイクなんていう西麻布散歩もいいかもしれません。


関連記事