南青山のVIKING BAKERY F(バイキングベーカリーエフ)

乃木坂駅にほど近いパン屋さんVIKING BAKERY(バイキングベーカリー)のご紹介です。

最近は高級食パンのお店が流行していますが、ここの店は2017年10月にオープンしました。オープンした時から前を通りがかるたびに気になってはいたのですが、今回初めて入店してみました。





『VIKING BAKERY F』には、清澄白河に姉妹店『VIKING BAKERY 0』があります。

2017年10月の南青山店オープン前に、食パン卸しのオーダーが入ったため、急遽清澄白河に小さなラボという形で7月に製造工場を開設。

そのため、南青山店は1号店を意味する「First」の「F(エフ)」、清澄白河は0号店として「0(ゼロ)」と付けたのだそうです。

現在は、南青山のFでパンを焼き、毎朝清澄白河の0に運んで販売しているそうです。

では店内の様子を見てみましょう。

入り口にプレーンの食パンの焼き上がり時間の案内が出ています。▼

その横にはジャムなどが販売されています。▼

お店は横に長いレイアウトです。冷蔵サンドウィッチのショーケースが手前にあります。▼

とっても美味しそうなサンドイッチが並んでいますね。▼

そしてレジを挟んで奥には食パン類が並んでいます。

ここではバラエティ豊かな食パンが購入できます。

パンの種類はなんと11種類です!▼

そして、さらにこんなスペシャルも!!!期間限定と言われると買いたくなりますね。▼

でも、とりあえずイートインで一番シンプルなトーストを食べてみることにしました。



メニューはこんな感じ。2種のトーストはプレーン、21雑穀、サワーブレッドの3種から好きなパンを2種セレクトします。▼

飲み物はホットのレモネードをチョイスです。▼

コーヒーも美味しそうですが、ミルクがこのタイプだったのでやめました。▼

2種のパンは21雑穀とサワーブレッドにしました。

上の四角がサワーブレッド、下の三角が21雑穀です。▼

バターとアプリコットジャムがついてます。▼

バターをたっぷり塗っていただきます。▼

21雑穀は歯ごたえのあるふんわりとしたトーストです。サワーブレッドは硬めで酸味の効いたドイツ系パン。

レモネードはこん感じです。緑茶ではないですよ。▼

席は窓際に横に長いベンチがあり、奥に6人掛けのテーブルが1席あるだけです。

横にトーストの皿を置いて食べるので、食べやすいか否かと問われると、正直若干食べにくいですね。▼

そんなに長居するお店ではないです。メニューもパンだけですから。

今回初めて来訪してきましたが、なんと!ポイントカードがありました。

 

そして、こんなフライヤーも頂きました。

このフライヤーに載っていない、おそらく新商品が「モハベ&マスカットレーズン」です。と言うわけで現在は11種類のパンが買えます。

朝も早くからオープンしてるので、出来立てを買いに来て朝食にするなんていいなぁ。

焼きたてパンのストック棚は、2つに別れていて、それぞれが前後に動きます。

オーブンからすぐにこの棚に乗せられるようになってるんですね。

そして、魅惑的なサンドイッチは持ち帰りで購入しました。

色々迷ったけど、やっぱり苺とマスカルポーネでしょう。テイクアウトの袋も可愛い。

なにこれ!!すんごい美味しいです。

パンはフランス産ヴァローナチョコがたっぷり入ったガトーショコラという食パン。
はっきり言ってこのほろ苦い芳醇なチョコレートの粒が交じったガトーショコラだけで十分美味しいのに、苺とマスカルポーネが挟まってるなんて!

サンドイッチと言うよりスイーツです。生クリームじゃなくてマスカルポーネってのが、またニクいんですよね。

このガトーショコラ食パン、このパンだけでトーストしてもチョコが溶け出してめちゃくちゃ美味しそうです。▼



近くにはSHARE GREEN MINAMI AOYMAMA国立新美術館ギャラリー間などがありますので、散歩の途中に立ち寄って朝ごはんを購入するのもいいですね。

VIKING BAKERY F(バイキングベーカリーエフ)の場所

千代田線乃木坂駅5番出口を出て青山公園とは逆の右に直進するとすぐ右側にあります。

ウエスト青山ガーデンまで行ったら行き過ぎです。

都道319号沿いでクルマでのアクセスも良いのですが交通量が多いので路上駐車は厳禁です。
その代りこの辺りはコインパーキングも多いので近くを探せばすぐ空きが見つかると思います。

VIKING BAKERY F(バイキングベーカリーエフ)

港区南青山1-23-10第二吉田ビル1F
8:00−19:00


関連記事