天気の良い週末はワカヌイでランチ

ニュージーランド産の熟成肉やラムチョップで知られるワカヌイ

以前このブログでも「ニュージーランドの香り ワカヌイ」として紹介しましたね。

天気の良い土曜日にちょっと思い立ってランチに行ったら、とにかく景色が最高だったので、もう一度写真たっぷりで紹介したいと思います。


ランチメニュー

 まずはランチメニュー。豪勢におまかせランチといきたいところですが、普通はカジュアルランチ。
この日はちょっと贅沢にプリフィックスランチを頂いてみました。

でもまずは定番のラムチョップから。

ラムは敬遠する人もいますがワカヌイのラムチョップはクセもなく食べやすいのでいつも骨までしゃぶってしまいます。

続いて前菜。

真鯛のカルパッチョとニュージーランド産キングサーモンと押し麦をチョイスしてみました。

そしてワカヌイサラダ。

もっとも単なるグリーンサラダです。

店内はウッディーで明るく気持ちがいいですね。
またNZの国策会社ということで、お店のスタッフのお肉に関する知識も抜群です。

今回は13時頃とピークタイムを外して入店したので東京タワー側の窓際席を確保できました。

もちろん予約して行くのがベストです。

メインはちょっと奮発してしまいました。

リブアイ 200g。もちろんレアです。肉の味をたっぷり感じられる濃厚な脂がたまりませんね。

もう一方のメインは牧草牛のフィレ 150g。
こんなフィレであれば150gもあっという間に胃袋です。

これももちろんレアで。

まるでローストビーフのようですが、これも熟成肉ならではですね。

そして絶妙なお肉をいただきながら外を眺めると東京タワー!

このように間近に東京タワーを見ながらのランチは特別感がありますね。


ワカヌイのテラス

テラスにはお二人様用のソファーが並んでいます。

相手さえいれば、もとい、空いてさえいれば、デザートはテラスで食べたいとスタッフにリクエストすれば席を移動してくれます。

店内を観察していると、テラスが空いている時は特にリクエストしなくてもスタッフの方から「デザートはテラス席でいかがですか?」とオファーがあるようです。

テラス席からはこのように東京タワーがどーんと目前に迫ってきます。

すぐ近くの「タンゴ」のテラス席もこんな感じで東京タワーを見上げることになりますが、タンゴは1階、ワカヌイは11階なので、ちょっと違った感じになりますね。

またガラス越しには芝公園やプリンスホテル、左手の方には増上寺まで。

こちらもまた良い眺めです。

大門の方の眺めです。

貿易センタービルがちょっとだけ見えたりしますがそれも2年後には無くなってしまいます。

大門側の端はちょっと大きめのソファーが並んでいますがテーブルはありません。

夜、食後にワインをいただきながら大勢で楽しむためのスペースですね。
暖かくなれば毎夜賑わうのでしょう。

なおテラスの反対側、飯倉側の端は喫煙スペースになっています。

美味しいニュージランドのお肉と素晴らしい景色。

夜だけでなく明るい時間のランチタイムでも特別な時間を過ごせるレストランです。

ワカヌイ
港区芝公園3-4-30
定休日:なし
営業時間:11:30 – 15:00, 18:00 – 23:00


関連記事