有名人の常連も多い、赤のれん西麻布本店

博多らあめん 赤のれん西麻布本店

西麻布の「赤のれん」は、言わずもがな博多の赤のれんをルーツするとんこつラーメンのお店です

ラーメンについては、いろんなところでたくさん書かれていますので、今回はちょっと違った視点で赤のれんについて書いてみます。

有名人も御用達の赤のれん

赤のれんは場所柄、そして朝方まで営業しているので、実は有名人もちょくちょく訪れる店なのです。

博多ラーメンということだからでしょうか、福岡出身のタモリを目撃したことがあります。

また、深夜になると福岡出身に限らずお笑い芸人やタレントをよくみかけます。

ランチタイムは近隣で働く人が多く訪れ、並んでいることも珍しくありません。
有名人遭遇率はそんな昼よりも夜のほうが圧倒的に高いです。

味は勿論のこと、やはり西麻布の、どこの駅からも微妙に遠いけれど、車でのアクセスはすごくいいというのも有名人がふらりと訪れる理由かもしれません。



駐車している車をチェック

土曜の夜に黒塗りの運転手付きハイヤーが店の前に停まっていて、うん、これは誰かいるな、と思って店内に入ると西麻布で騒動に巻き込まれたことで有名な歌舞伎俳優がカウンターで一人ビールを飲みながらラーメンを待っていました。

ここは普通のラーメン屋さんでなかなかない、そんなことも起こり得るお店なのです。

お店に入る前に六本木通りにハイヤーやそれらしい車が駐車していないかどうかチェックしましょう。
運転手付きのハイヤーが目の前に停まっていれば、まず間違いないです。有名な誰かがラーメンを頂いてる事でしょう。



赤のれん西麻布本店とは

ランチの時間帯にはランチメニューがあります。

お店は通し営業なのですが、ランチは15時までです。

また、夏場には冷やし中華もあります。オーソドックスな昔ながらの冷やし中華は夏になると必ず食べに行く一品です。

昼は地元で働く人がランチを求めて徒歩で集まり、夜になると昼とは全然ちがった人種が車で集まる西麻布の有名店です。

 追記

2018年10月15日(月)から一時期、ランチ営業を休んでいましたが今は再開しています。

 

▲日曜定休は変わりませんが、平日と土曜日のお昼の営業が再開しています!

最新情報

コロナの間、お客さんこそ減っていますしアルコールも出ませんが西麻布の赤のれんは元気に営業中です。

最近(2021年)、赤のれん西麻布本店とは六本木通りを挟んで反対の西麻布3丁目に「赤のれん東京」という名前もメニューなどもそっくりなラーメン屋が突然オープンして近隣の人や常連さんを驚かせています。

たしかに「赤のれん 西麻布本店」の創業者の親族の方がオーナーだそうですが、暖簾分けとか支店とかではなく勝手に似た名前でラーメン屋を出したそうです。しかも調理は経験のないオーナーと本店でのバイト経験者君。そう聞くとわざわざ食べに行く必要もなさそうです

赤のれん 西麻布本店

港区 西麻布 3-21-24
定休日:日曜日
営業時間:11:00 – 15:00、21:00 – 29:00 (翌朝5:00)

記事の評価
関連記事