赤坂アークヒルズを取り巻く穴場なスポット「スペイン坂」と「桜坂」で桜見物

SNSでシェア:

アークヒルズのスペイン坂

“スペイン坂” というと渋谷のスペイン坂が有名ですがアークヒルズにも同名の ”スペイン坂” が存在します。

アークヒルズを開発した際に、六本木通りからスペイン大使館につながる坂が ”スペイン坂” と名付けられました。坂の歴史こそ短いですがスペイン大使館に向かう坂道という意味もあり、由緒正しいスペイン坂ですね。

▲このスペイン坂からアークヒルズをぐるっと周って桜坂に至る一帯。桜の名所としても有名です。

まだつぼみの桜も多く花見にはちょっと早いのですが、今週末には咲き始め来週末には満開になると思われます。

スポンサーリンク

スペイン坂の場所

アークヒルズと泉ガーデンの間、六本木通りから麻布通りに分岐した辺りがスペイン坂。

▲今はアークヒルズとサウスタワーを結ぶ歩道が頭上を跨いでいるのですぐに判ります。

ここから泉通りまでが「スペイン坂」になります。
この写真を撮影したのが3月中旬なので桜はまだ蕾ですが桜の木が植えられているのがよく判ると思います。

▲坂の中腹辺り。
向こうに仙石山森タワーが見えますね。

桜が咲けば頭上に桜の木の枝が覆いかぶさり景色はピンク一色に染まります。

▲坂の上の方から見下ろすとこのような感じ。

桜が満開になるとこんな感じ。

もちろんこの時期には桜見物の人で溢れます。

▲坂の途中には今では珍しい公衆電話ボックス。

アークヒルズにはこのような公衆電話ボックスが今も沢山残っています。
ちなみに公衆電話機そのものは懐かしの ”グレ電”。
2024年までには姿を消す予定なので、この公衆電話とボックスも数年後には撤去されているかもしれません。

スポンサーリンク

ヒルズマルシェ

▲スペイン坂の中腹辺りに「サントリーホール」や「カラヤン広場」の案内板があるのでカラヤン広場に入ってみましょう。

サントリーホールは日本のクラシック音楽の殿堂なのでコンサートのある日は着飾ったクラシックファンで賑わいます。

▲テラス席もあるアークヒルズカフェ。
なんてことはない普通のカフェですがオフィス街ということもあり週末は空いています。

ここもいずれ紹介しますね。

▲カラヤン広場では毎週火曜日と土曜日にヒルズマルシェが開催されています。
もう10年近く開催され続けているマルシェも週末のアークヒルズの楽しみです。

終わる時間が意外と早いので行くなら午前中に行きたいですね。

スポンサーリンク

泉通りから桜坂へ

スペイン坂を登り切ると変則的な五差路。

桜を眺めるなら左の道へ曲がってみましょう。

▲右手に見えるのはスペイン大使館の裏門。
左手はアークヒルズです。

▲スペイン大使館の先は広々としたテラスを持つカフェビストロの「Sprout Cafe」。

この写真の時はまだ桜もつぼみでしたが暖かい日だったのでテラス席にも多くのお客さんがいます。

▲桜が咲き始めると一気にこうなります。
平日午後の時間帯でもテラス席はいっぱい。順番待ちの行列が発生することもあり、
週末はさらに輪をかけた状態になってしまいます。

▲その先のカーブ。
右手に見えるレンガの建物は霊南坂教会です。

▲桜が開花すると一気にピンクに。

ここから次のカーブまでも多くの桜が植えられていて見どころの一つです。

▲霊南坂教会から見えていたカーブから逆に霊南坂教会方向を見てみます。

見事な桜並木だということが判りますね。

スポンサーリンク

▲道の途中に歩道橋のようなものが見えるのは「アークガーデン 花の庭」と繋がっている歩道橋です。
サントリーホールの裏手辺りに当たる場所が「アークガーデン」と呼ばれるエリア。

▲ちょっとした休憩スペースもあるので桜見物に疲れた時にひと休みする場所に最適です。

▲さっきの歩道橋の上から眺める桜も格別です。

これは赤坂方面に向かっての桜並木。

▲そしてこれは逆に霊南坂教会の方の桜。

ちょっと視線がズレただけでも新鮮な見え方ですね。

▲これも歩道橋の上から。

さらに桜並木の中を進みます。
右手の茶色い建物は榎坂スタジオ。

この坂道を抜けた先にはアメリカ大使公邸やホテルオークラがあり虎ノ門方面への抜け道になっています。

また赤い三角コーナーの角を右に曲がるとそのまま先ほどの歩道橋を抜けてアークガーデンに入れます。

▲でもそちらには向かわず坂道をさらにまっすぐ進みます。
前方に見えるのは赤坂インターシティビルです。

この坂も桜が咲くと景色が一変します。

このように、この坂道沿いも桜の見所なのですが、ときどきこの坂を ”桜坂” と間違えている人がいます。
たしかに坂道だし桜並木だしそう間違えるのも仕方ないのですが。

スポンサーリンク

桜坂

▲本当の桜坂はこちらです。

▲六本木通りと繋がる坂が ”桜坂” です。
溜池方面からならANAインターコンチネンタル(旧全日空ホテル)手前、ドトールとの間の小路です。
▲オフィス街の真っ只中、しかも駅近ということもあり平日の夜でも夜桜見物の人で賑わいます。

▲桜が咲いた桜坂。

▲ちなみに、”桜坂” の標識が立つその裏のマンションも在日大使館が多く入居しています。

バーレーン、レバノン、アルメニアにジョージア(旧グルジア)。

このうちアルメニアとジョージアは「大使館周遊スタンプラリー」の参加国なので、既に訪問された方もいるでしょう。

パンデミック前のアークヒルズでは「アークヒルズさくらまつり」というイベントも開催されていました。
スペイン坂から桜坂、あるいはその逆で。アークヒルズのイベントがてら満開の桜を楽しんでみてはどうでしょうか。

赤坂アークヒルズ

港区 赤坂 1-12-32

記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク