南青山欧風カレーのランチで有名な南青山の会員制バー「CUT」

BAR CUT

南青山のバー「CUT」は映画監督がオーナーの(いちおう)会員制のバー。

本業のバーはもちろん夜からの営業ですがパンデミック中はお休みしていました。でもそのバーも最近(たぶん2021年11月)から営業再開しています。

また数年前から「南青山欧風カレー」としてランチタイムも営業しています。

パンデミックの営業自粛でランチタイム営業を始めた飲食店も多いですが、ここCUTはそんな以前からランチ営業していてカレーを楽しみにしているお客さんも多いようです

▲南青山のアイビー通りから六本木通りへ抜ける小路に面した「CUT」です。

2020年には週末に店舗をシェアするカフェ「NEGRIL(ネグリル)」がオープンしていたのですが、それは今は沖縄に移転してしまいましたね


CUTの南青山欧風カレー

平日の12時から14時というピンポイントでの営業なのでなかなかタイミングが合わず、なんと初めての欧風カレー訪問です。

欧風カレー自体はネグリルのテイクアウトで頂いているんですけどね。

▲店頭にノボリが出て看板も出て活気あります。

カレーは単品で700円から。

また ”週末プリンもあり” という一行が気になりますね。以前は月曜日から金曜日までの平日限定だったのですが、最近は土曜日もランチ営業することもあるようです。

▲今回は初めてだったので、カレーはセットにしてみました。

オニオンスープとミニサラダが付いて850円になります。

▲「南青山欧風カレー」のハンバーグ乗せです。

カレーのルーは煮込んで熟成して野菜やビーフが原型をとどめない液体状になっています。

▲ライスはパリパリ系。この組み合わせは美味しいです。

ハンバーグはプラス200円ですが、100円で温泉卵やチーズをトッピングすることもできるようです。

ちなみにライスの大盛りは無料です。

南青山でライス大盛りのハンバーグカレーが1,000円ちょっとというのはリーズナブルですね。


▲もちろんらっきょう付き。

付け合せはらっきょうだけで福神漬けは見当たりませんでした

▲さらに今回はコーヒーも追加。これで〆て1,200円です


CUTの店内

以前ネグリルコーヒーの記事で紹介していますね。

でも今は以前とちょっと店内のレイアウトが変更になっています。

▲カウンターです。

▲テーブルは4人用が2卓。

でも混んでくれば2人用4卓に分割するのだと思います。

店の奥にはブラピとデヴィッド・フィンチャーの映画「セブン」、それとクリストファー・ノーランの「ダークナイト・ライジング」のポスターが変わらず貼られています。

▲片隅に置かれた本棚。

小津安二郎の本やDVDが並んでいます。

バー営業の時間にここら辺を肴に話が弾むんでしょうね。

▲壁にディスプレイされている真空管。

でも店内のオーディオは普通に最近のものでこれは飾りとしての真空管のようです

▲店頭はいかにもシックな青山のバーという趣ですね


ランチのメニュー

ランチのメニューを紹介します。

▲ランチの基本メニューです。

カレー単品で700円、セットにすると850円。

ここにトッピングやコーヒーをお好みで。

そして大盛りは無料です。

▲これはテイクアウトのメニュー。

店内で食べるより100円引きになっています。

カレー単品で600円。ハンバーグのトッピングが200円という計算だと思います。

チーズカレーというのは「濃厚チーズカレー」という別メニューとしてのチーズカレーだと思います。

▲ランチタイムになると青山界隈にこの立て看板が出てきます。

この看板にもカレーの写真と値段が書かれています。これを見てついフラフラとCUTに足が向いてしまいます。


CUTの場所と行き方

アイビー通りをひたすら真っ直ぐ進んで六本木通りへ出る手前です。

▲表参道方面からなら骨董通りに入って六本木通り高樹町交差点の方へ歩き、ハンティングワールドがあった角を右に曲がります。さらに歩いて突き当たって左に曲がればすぐCUTの入口が見えてきます。
(あまり知られていませんが一世を風靡したハンティングワールド青山は閉店しています)

表参道の交差点から10分ちょっとですね。

▲六本木通りからなら「南青山七丁目」の交差点から少し渋谷方面へ。

「フェイス」や「日本コロンビア」のビルの先を曲がります。

▲50mほど先の右側がCUTです。

▲この辺りでこうしたカジュアルなランチがカジュアルな値段で食べられるのは貴重ですね。

南青山でランチの時は一度は食べてみたいです。

平日の12時から14時という時間があえばぜひどうぞ。

また最近土曜日のランチも始めていて週末限定プリンという魅力的なメニューもあるようなので、土曜日の訪問も良いかも


CUTの立て看板

数年前から南青山の骨董通りや六本木通り沿いにさりげなくCUTの「南青山欧風カレー」の立て看板が置いてあるんですよね。

▲これは骨董通りと美術館通りが交わる「南青山六丁目」交差点の角に置かれていたものです。

”週末プリンもある!” と書かれていますがこれは平日のランチタイムですね。

”突き当りの交差点右折” の交差点というのは六本木通りの南青山七丁目のことです。

▲これは六本木通りの南青山七丁目交差点の角に置かれた看板。

この看板はカレーの写真付き。

道案内として書かれているとおり ”振り返って右斜め方向へ” 歩けば徒歩1分でCUTのお店に着きます 。

▲これも同じ南青山七丁目交差点角に置かれた看板。

でもこの看板が置かれていたのは日曜日なんですよね。もしかしたら土曜日だけでなく日曜日もランチ営業していることがあるのかもしれません。

ともかく、このようにいつも微妙に異なる立て看板があっちこっちに出ているのが面白いですね。

▲2021年初頭のメニューです。

濃厚チーズカレーがあったり、ビーフカレーのビジュアルが今のものと違います。

▲これは昨年2020年のカレーのビジュアルです。

年々モデルチェンジしているようです。


骨董通りや南青山でランチタイムに見かける「南青山欧風カレー」の立て看板、気になりますよね。

看板の写真通りのビジュアルの美味しいカレーがリーズナブルにいただけます。青山でのランチとしてはおすすめですし、週末に訪問しても良いでしょう。

映画・演劇関係のお客さんが集う夜のバータイムも楽しそうなお店ですし、その雰囲気をランチタイムに楽しむのも面白そうですね。

BAR CUT 南青山 基本情報

店名 BAR CUT 南青山
住所 港区南青山 6-13-18
最寄駅 表参道駅
定休日 土日祝 (要確認)
営業時間 12:00 − 14:00 (ランチ)
20:00 – 24:00 (バータイム)

 

記事の評価
関連記事

コメントを残す