BGM Coffee&Vibes – コーヒーとレゲエでVibeを感じる広尾のカフェ

BGM Coffee&Vibes

2020年の暮にオープンした広尾のカフェ「BGM Coffee & Vibes」を紹介します。

広尾散歩通りの外れ、明治通りに交わる近くにオープンしたこのカフェは2階のフレンチ「Ode(オード)」の新業態。ハンドドリップコーヒーやエスプレッソの他にフレンチ素材を使ったお菓子、ベジタリアンカレーなどが用意されています

▲BGMの看板と ”Coffee&Vibes” のプレート。

コーヒーだけでなく音楽を聴きそのヴァイブも感じて欲しいということでしょうね。



BGMの店舗

Ode(オード)のビルの1階部分がBGMです

▲全面ガラス張り、2人分の椅子とテーブルが置かれています。

▲隣は雲祥院へ入るところのパーキング、明治通り側の隣は「ピアゴ」のビルです。

広尾の商店街でもほとんど外れの方なので、歩いている人も近隣の人が多い場所です。

▲店内に入るとこのようなカウンター。オーダーはこのレジのところで。

カウンターに2席、店内にもう2席、そしてテラスに2席です。

席数が少ないのでテイクアウトがメインでしょうか。今はまだ混むこともないみたいなので、座ってゆっくりすることもできますよ。

▲照明や壁にかかるオブジェなど、内装にもこだわりが感じられます。

狭いながらもリラックスできる空間ですね。

▲床も木、壁は白壁、古民家風な柱など、モダンだけどノスタルジックさも併せ持った店内です。

▲店内には木製の二人用ベンチ席も。

この「石巻工房」は岩手県石巻市で震災復興をきっかけに誕生した注目の家具メーカーです。ここもこだわりが感じられます。

▲カウンターの片隅にはエスプレッソマシン。

▲その上にはカップがズラッと並んでいます。

テイクアウト用のペーパーカップは蓋も含めて紙製です。

▲店内は漆喰の白壁とコンクリートがむき出しになった部分があります。もともと建物の躯体はコンクリートなのですが、そこに古木材や漆喰を各所に使って古い感じを出しているんですね。

▲反対側の壁を向くとテーブルと本が何冊か。ここはお一人様席か読書席か。

▲サングラスの写真はNYの写真家ジェシー・フローマンによるカート・コバーンの写真集。1993年の生前最後のフォトセッションと言われているものです。

その手前はBGMのステッカー。1枚300円です。

日本のアート集団「Chim↑Pom」の作品集、ジョニー・スチュワートの「Rockers!」そしてバーバラ・クルーガーの「Love for Sale」。

アートとポップカルチャー、サブカルチャーへのオーナーの姿勢が如実にわかるチョイスです。

▲おっと、右側にはオノ・ヨーコの「グレープフルーツ」も。

「レコードは死なず」は最近話題になっている本、そして藤代冥砂の写真集「90 Nights」。

店内にはずっとレゲエが流れているし、音楽好き、アート好きな人はまた別の意味で楽しめるカフェですよ、ここBGMは。

BGMのメニュー

カウンターにも簡単なメニューが置いてありますが、メニューブックが格好良いです。

▲メタルのバインダーがメニュー。隅に貼られたステッカーはお店のもの。

▲めくるとメニュー。あ、ここは広尾なので英語と日本語の2ヶ国語です。

▲コーヒーはエスプレッソ系とドリップコーヒー。

それとリンゴジュースと葡萄ジュース。子ども向けのミルクもありますね。

▲お菓子はフィナンシェ、カヌレ、クッキーにケーキ。

実物はカウンターのところに置かれているので実際に見ながら選ぶこともできます。

それとオススメのヴィーガンカレー。これは一度は食べてみたいですね。

▲それとキューバサンド、フライドポテトも。

やはりフレンチレストランのカフェ部門なのでどれも期待してしまいます。

▲店先にもメニューボードが置かれています

▲表を向いたメニューボード。

キューバサンドはイラスト入りで説明されているので分かりやすいです。



BGMのコーヒー

この日はロングブラックとラテをオーダーです。

▲これはカフェラテ。600円。

エスプレッソにちょこっとミルクを加えた大人なカフェラテです。

▲テラスで広尾散歩通りを眺めながらコーヒー。

ロングブラックも正しいオーストラリア流儀のそれで美味しかったです。

▲左のガラス容器に入っているのはカヌレ、右側はキラーマァム(チョコクッキー)です。

下に並んでいるのは左側がブランデーケーキ。右側のフィナンシェはキャラメルとナチュラルの2種類です。

どれも美味しそうですし、しかも安いのでコーヒーと一緒に食べると美味しそうです



BGM Coffee&Vibesの場所

広尾の商店街を広尾散歩通りに沿って歩いていって、明治通りに出る直前、スーパー「ピアゴ」の手前です。

クルマなら明治通りから広尾散歩通りに入ってすぐ。隣はコインパーキングなのでクルマでも安心です。ただ目の前が交番なので、ちょっとクルマを停めてテイクアウトというのは難しいかも。

▲広尾駅からだと商店街のどんつきを道なりに左へ行ってナチュラルローソンの角を右へ曲がって100mほどです。

広尾駅側から来ても明治通り側から来ても、この突き出た「BGM」の看板が目印です。

▲まだオープンして半年も経ってないので外のテラス席に座れる確率は50%以上。

初夏のうちにこの快適なテラスでコーヒーとスィーツを楽しみたいですね。

▲店内で流れる音楽や置かれている本を眺めて、やっとこの “Vibes” の意味が分かりました。

Coffee と 空間が醸し出す Vibes。それをBGMに美味しいコーヒーや料理を楽しめるのがここ「BGM」。

なんども行って普段遣いしたくなるカフェです。

BGM Coffee & VIbes

渋谷区広尾 5-1-31
定休日 : なし
営業時間: 8:00 −

記事の評価
関連記事

コメントを残す