ドイツのメーカー、ボッシュが運営する「café1886 at Bosch」でドイツのマイスターたちのこだわりを

café1886 at Bosch

「café1886 at Bosch」。渋谷警察署も近い六本木通り沿いのビルの1階のカフェです。

この面白い名前は自動車用部品や家庭用工具などで一般にも有名なドイツのメーカー「ボッシュ(Bosch)」が自社のビルの1階の一部をカフェとして運営しているからです。ドイツのロバート・ボッシュ社の創業が1886年なので、そこからcafé1886と名付けられたのでしょう。

ドイツの自動車部品メーカーの運営するカフェ。なんとなく堅苦しいように思われますが全然そんなことはなくて、ドイツの家具や家電からも感じられるクールでスタイリッシュなカフェです

クルマのバッテリワイパーや電装系そして電動ドリルといった家庭用工具などで、車いじりやDIY好きなお父さんたちの間では抜群の知名度を誇るドイツメーカーですが、B2B主体ということもあって一般的な知名度はそれほどでもないようです。

10年ほど前に日本のボッシュがドイツのロバート・ボッシュの完全子会社になり、その後ボッシュグループのCIの一環として、ボッシュグループの知名度アップそしてフィロソフィーを分かりやすく伝える場として「café1886 at Bosch」ができたようです

本国のロバート・ボッシュの本拠地はシュツットガルト。要するに南ドイツですからね。多くの人が思い起こすドイツよりは陽気でちょっと違うはずです。

スポンサーリンク

café1886のランチ

今回はランチで訪問し、平日限定のLunch Setをオーダーしてみました。

▲ランチセットはメインとサイドそれとドリンクを1品づつピックアップするセットで、これは「ファラフェルサンド」をメインにしたもの。セットで1,170円です。

▲サイドは「コールスローサラダ」。

キャベツを料理させたら世界一のドイツですけど、このコールスローサラダは日本風の方が勝っていました。

▲ライ麦パンに挟まれた3個のファラフェル。

スパイスが効いたファラフェルですし、ボリューム的には女性のランチにピッタリです。実際ランチ時間にはボッシュ社や近隣からの女性客が多い感じです。

週末は六本木通り沿いのお洒落なカフェとして利用するお客さんも多いカフェです。

café1886のコーヒーとおやつ

このコーヒーは銀座の「TORIBAコーヒー」によるcafe1886オリジナルなコーヒー。

▲コーヒーカップにはcafé1886 at Bosch の店名入り

▲裏側には ”BOSCH” のロゴと社名、それと ”Invented for life” というコーポレートスローガンが書かれています。

カップの青はボッシュの業務用工具のシンボルカラーをイメージしているのだと思います。

▲使っている訳ではないですがカウンターには白いドリッパーも。

平日の14時意向はティータイム。

バウムクーヘンやいかにも南ドイツなシュマーレン、それにパンケーキなどもスイーツ系メニューが充実しているので、甘いもの好き、ドイツのお菓子好きは集まれという感じですね。

スポンサーリンク

café1886の店内

メーカーらしいこだわりが随所に見られるユニークな店内です

▲木製の大テーブル。

廊下として利用していたものを使っているのでしょうか。ヤれ具合に年季を感じます。

▲テーブルの下を覗くと「うま」で支えていました。

日本の職人さんもこうした「うま」を使いますけど、これは本場ドイツのマイスターたちが使ういわば本物。

▲こちらは普通のスペース。

でもテーブルはやっぱり古い板材が使われています。

ソファーは大柄でゆったり座れますから思い切りリラックスしたカフェタイムが過ごせます。

▲奥に広がるホワイトスペースがボッシュ社の「ショールーム」です。

ショールームといっても個人客向けなので自由に見学可能です

▲ボッシュ社の技術を使ったEVカート。(展示は既に終了しています)

いつも目玉になる自動車関係の展示品と工具などが入れ替わり展示されるています。

▲天井の照明は自動車エンジンのピストンリングですね。ボッシュはエンジン周りの電装系部品には定評がありますからね。

こういうところにクルマ好きな人を連れていけば、かなり喜ぶんじゃないでしょうか

スポンサーリンク

Boschとロバート・ボッシュ

日本でボッシュといえば自動車関係と工具関係がまず思いつきます。

実際café1886にも自動車だけでなく工具関係の展示もされています。

▲バッテリードライバー。

使い捨てるつもりでホームセンターの安い電動工具もいいんですけど、ちゃんと長く使うならやはりこうしたメーカーのブランド品を使いたいですよね。特にバッテリーを使うものや、高速で回転するモーター系のものは信頼の置けるメーカー製でないといろいろ怖いですから。

▲DIYをやるみんなの憧れ、BOSCH(ボッシュ)のキャリングケース。

左に見えるのはレーザーを使って水平を出す工具です。かなり本格的ですね。

café1886のメニュー

最後にメニューです。

▲これはドリンクメニュー。

意外にもドイツ風コーヒーじゃなくてイタリアン/オージー系のコーヒー。

ロゴ入りカップを持っていけば50円引きになるというのも面白いですね。

▲これは平日のランチセットです。(週末はランチセットはありません)

サンドイッチ系、パンケーキプレート、グラノーラと大きく3種類。

しっかりランチを食べようという時には物足りないかもしれませんが、普通にランチするには十分です。

また平日の午後のティータイム、休日に渋谷でゆっくり過ごしたい時など利用したいですね。

普通は空いていて渋谷の隠れ家カフェとして利用できるのですが、時々テレビなどのロケに使われその直後は混み合います。

スポンサーリンク

café1886のの場所とアクセス

渋谷の六本木通り沿いです。

渋谷駅から渋谷警察署のある側の六本木通りを歩けば3分くらい。渋谷警察署から100mほど行ったところです。

▲ボッシュの大きなビルの1階がカフェ。

あちこちに café1886 と書かれているのですぐ分かります。

▲以前は裏の金王神社側からも出入りできたのですが、今は感染症対策のため出入り口は六本木通りの一箇所だけです。

渋谷の雑踏から100m離れるだけで広くゆっくりできるカフェが利用できるのですから、週末に渋谷に来た時など積極的に利用したいですね。

また尾崎豊ファンの人は、すぐ下のファミマの前の信号を渡って「渋谷クロスタワー」のテラスに寄ってみるのもいいかもしれないですね。「尾崎豊記念碑」がありますよ。

café1886 at Bosch 基本情報

店名 café1886 at Bosch
Uberで注文できますUber Eats 既存ユーザー注文
住所 渋谷区渋谷 3-6-7
最寄駅 渋谷駅
定休日 なし
営業時間 8:30 – 19:00 (月〜金)
11:19 – 19:00 (土日祝)
禁煙・喫煙 禁煙
Uber Eats 【a】Uber Eats  フード注文
スポンサーリンク
記事の評価
スポンサーリンク

コメントを残す