アーガイル青山にもあるシティベーカリー

THE CITY BAKERY

広尾だけかと思っていたシティベーカリー(THE CITY BAKERY)が凄い勢いであちこちに出店しているんですね。

ベーカリー沢村のカジュアル路線でもあるTHE CITY BAKERYが、もう逆にシティベーカリーの高級路線が沢村と思われているのかも。

▲たまたま代官山を歩いていたら、またシティベーカリーの新しい店舗をみかけました。2021年9月3日(金)にオープンするそうで、今はオペレーションの準備などに余念がないようです

 

THE CITY BAKERY ジ アーガイル青山

昨年ベルコモンズの跡地に新しくできた「ジ・アーガイル青山」。施設のオープン時はコロナの影響でほとんど店舗がなかったのですが、そこにも昨2020年8月にシティベーカリーがオープンしています。

▲最近VIも変わったらしく、ファサードやブランドロゴは新しいものになっています

シティベーカリー青山の店内

シティベーカリー青山はテイクアウトのベーカリー、カフェ利用をメインに想定した店舗になっています。

▲出入口。青山通りに面しています。

▲レジカウンターと店内の客席。

ランチタイムだとテイクアウトして家やオフィスで食べる人、店内で食べる人が半々くらい。

逆に言うと店内はランチタイムでもそれほど混みません。やはりこの辺りの企業はリモートワークが進んでいるのでオフィス人口が減っているように見えます、

▲写真で右側はキッチンカウンター、真ん中にテーブルが1列、それと左の壁際にもテーブルが並んでいます。

お一人様や二人連れは壁際のテーブルが便利です。

▲このようにお一人用、二人用が交互に並んでいます。

▲キッチンといってもパンを焼くくらいの簡単なキッチンです。

 

ベーカリー

食事がメインなのでベーカリーも食事パンが多いですね。

▲マフィンのコーナー。

これはおやつやティータイム用ですね。

▲ここら辺はデニッシュ。

具材によってランチにもおやつにも。

▲サンドイッチはやはり種類が豊富で美味しそうなものが並んでいます。

やはりサンドイッチが一番人気があるようです。

▲下の段が人気のランチバッグ。

左下が「サラダバッグ」でサラダとサンドイッチとドリンクのセット、右が「ピタバッグ」でピタとデリとドリンクのセットです。これを持って青山通りを歩いてオフィスに戻れば気分はニューヨーカーです。

真ん中段は「ベジシェイク」。野菜の組み合わせに様々なドレッシングがかかっています。これとフレッシュジュースでランチにすればヘルシーです。

 

ホットサンドでランチ

この日はホットサンドとコーヒーでランチにしてみました。

▲「クロワッサン ベーコンチーズ」。名前の通りクロワッサンを使ったホットサンド。

コーヒーはアメリカーノです。

▲これはプレッツェルクロワッサンにベーコンとチーズが挟まっています。

この食感はヒットですね。人気があるのも頷けます。

▲これもホットサンドで「スパイシー ツナメルト」。こちらは食パンを使ったホットサンドです

▲ツナとチーズが組み合わせって、見かけは普通だけどこれも美味しいホットサンド。

▲こちらはカフェラテと一緒で。

 

THE CITY BAKERY ジ アーガイル青山の場所

青山通りとキラー通り(外苑西通り)の交わる南青山3丁目交差点の角、「the Argyle aoyama(ジ アーガイル青山)」の1階です。

銀座線外苑前駅からなら3番出口を出て青山通り沿いに表参道方面へ歩けばすぐです。

▲隣は表参道から移転してきた「ポール・スチュアート」。日本唯一の路面店ですね。

外苑前、キラー通り周辺のカフェとして利用する人が多いと思いますが、近隣のオフィス、近所の人もテイクアウトを便利に使えると思います。

THE CITY BAKERY ジ アーガイル青山

港区 北青山 2-14-4
定休日:なし
営業時間:7:00 – 21:00 (平日)、8:00 -21:00(土日祝)

記事の評価
関連記事

コメントを残す