レストランも併設するアークヒルズのTHE CITY BAKERY

THE CITY BAKERY 赤坂アークヒルズ

先日は白馬岩岳の「白馬マウンテンハーバー」のシティベーカリー(THE CITY BAKERY)を紹介したので、麻布エリアのもう1軒のTHE CITY BAKERYも紹介します。

ベーカリー沢村のカジュアル路線ともいえるTHE CITY BAKERYですがあちこちへの出店も増え沢村グループの稼ぎ頭になりつつあるんじゃないでしょうか。

▲アークヒルズのアーク森ビルの2F。カラヤン広場に面してTHE CITY BAKERYのカフェとレストランが別店舗として入っています

製パン工場まで同じ場所にあるので今後はここが本拠地になっていくのでしょうか。

 

Bakery & Cafe

ベーカリーカフェはいつものTHE CITY BAKERYです。

▲以前はSoup Stock Tokyoが入っていた場所です。

▲ベーカリーは種類も豊富。

やはり近隣のオフィスに勤めるお客さんがおおいようです。

ベーカリーカフェの店内

商品の精算はこちらで、でもドリンクなどは別の場所で受け取るというちょっと変則的な運用になっています。

▲こちらのレジでパンやケーキを購入することができます。

またコーヒーなどはこちらのレジでオーダーし、向かいの「THE CITY BAKERY BRASSERIE RUBIN」というシティベーカリーがプロデュースするレストランで受け取ります。

 

ドリンクの受け取り場所

▲以前オーバカナルが入っていた場所。つまりベーカリーカフェとはビル内で向かい側になります。

ベーカリーのレジで注文したドリンクは自動的にこちら側に伝達されていいます。

▲レストランなのでワイングラスがあったり普通のTHE CITY BAKERYとはちょっと雰囲気が違いますね

 

THE CITY BAKERY BRASSERIE RUBIN

THE CITY BAKERYの展開するブラッスリーですが、料理はフレンチに限らず無国籍な感じのようです。

▲テーブルやボックス席が見えますが、ベーカリーカフェの方と同じくテラス席が広くて気持ちいいですね。

▲これはテラス席。

屋根もあるので暑い日でも雨の日でも大丈夫です。オーバカナルの頃と変わらないですね。

▲横から見るとバビーズの方までテラス席が続いているのが分かります。

バビーズとどういう棲み分けになっているのかも興味深いです。

▲店頭のメニューボード。

16時までランチというのが嬉しいです。

 

THE CITY BAKERY赤坂アークヒルズの場所

赤坂アークヒルズの森タワーの2F。六本木通り側からだとエスカレーターで1フロア上がることになります。

以前のSoup Stock Tokyoとオーバカナルの場所です。

▲パンも焼いています。

アークヒルズの店舗はちょっと高目が多いのですが、ここならパンとドリンクをオーダーしてテラスでゆっくりという過ごした方をリーズナブルなお値段で楽しめます。

THE CITY BAKERY 赤坂アークヒルズ

港区赤坂 1-12-32
定休日:なし
営業時間:7:00 – 22:00 (日祝は21:00まで)

記事の評価
関連記事

コメントを残す