街の新しいシンボルになりそうな CITY BAKERY代官山

シティベーカリー代官山

ニューヨーク発祥で日本ではまず広尾にオープンしたTHE CITY BAKERY(ザシティベーカリー)の最新店舗(2021年時点)は代官山。

代官山と恵比寿の間に拡がる住宅街に2021年9月にオープンしました。

▲マンションの1階を使ったベーカリー&カフェです。

店頭にはニューヨークスタイルのテラス席が並んでいて、地元のベーカリーとしてもカフェとしても気ままに利用することができます。

オープン直後から待ちかねたように多くのお客さん詰めかけていたのが印象的です。

 

代官山の隣の中目黒の高架下にもシティベーカリーの店舗がありますが、駅利用者向けの中目黒店と違い代官山は地元の人や感度の高い観光客向けの店舗なのでしょうね。

看板こそシティベーカリーですが広尾プラザのベーカリーカフェ沢村ブレッド&タパス沢村などと同じような客層、展開を狙っているように感じます

テラス席でコーヒー

朝7時半からオープンしているので午前中は好きなタイミングでコーヒーを飲みに行けます。

週末もたぶん午前中ならそれほど混まないんじゃないでしょうか。

▲いつもの ”CITY BAKERY” のネームが入った青いカップでアメリカーノを。

▲テラス席はテーブルが5+4。

1一人でもOKですし、テーブルを挟んで2人で座っても大丈夫。

さらにテラスはペットもOKです。

写真ではテラスに人が映っていませんが店内にはいっぱいお客さんが入っていました。

▲向こうにワンちゃんがいますね。

またテラスの片隅にはこのようにテーブルが置かれ4人で利用することもできるようになっています。

▲出入口に向かって左にテーブル5卓と4人用テーブルが一つ、向かって右にはテーブル4卓でした。

目の前は道路ですが通る人はほとんどが住民の人かこの辺りへ出勤してくる人なので静かなものです。

 

ベーカリー

もちろんベーカリーも充実しています。

▲店内も広いし売り場も広いので、パンの種類はもしかしたらこの辺りのシティベーカリーの中では壹番充実しているかも。

ここでモーニングにして食べてしまってもいいし、ランチを買っていってもいいですし。

店内

店内もたぶん一番広いんじゃないでしょうか。

▲どこも同じ、シティベーカリーのカウンターですね。

▲レジの奥には4人用テーブルが2卓。

さらにこの写真では見えませんが、レジ脇にカウンター席が3つあってそこも利用することができますし、キッチン前には4人がけのボックスシートが2つあります。

▲店内に入って右手、商品コーナーの向こうには大きなテーブル席や壁際の席などがあります。

店内だけで40席分はあるので週末など人出が多い時でもそれほど混むことはないかなぁと思ってます。

 

シティベーカリー代官山の店舗

路面店なんですがマンションの一部を使っているので外観に手を加えることができず、工夫してらしさを演出していました

▲開店準備だった頃。まだテラス席の工事も始まっていない頃ですが、店内では既にスタッフの方たちがオペレーションの確認などして働いていました。

こうしてしっかり準備してから開店するんですね。

▲マンションの脇にはシティベーカリーのお客さん専用の駐輪場も用意されています。

自転車で訪れる人にとってはこれはありがたいですね。

 

THE CITY BAKERY代官山の場所

代官山の駅から北口を出てSIGNの角を左へ真っ直ぐ徒歩2分。

代官山でも旧山手通りの方や蔦屋の辺りは週末になると原宿みたいな混み方になってしまいますが、恵比寿寄りのこちら側はまだまだ以前の落ち着いた代官山の雰囲気を残しています。

週末の代官山で落ち着いてひと休みしたり、ちょっとしたおやつをという時に少し離れたシティベーカリーという選択肢ができたので嬉しい人も多いんじゃないでしょうか

基本情報

店名 THE CITY BAKERY 代官山
住所 渋谷区恵比寿西 1-31-18
最寄り駅 代官山駅、恵比寿駅
定休日 なし
営業時間 7:30 – 19:00
禁煙・喫煙 禁煙

 

記事の評価
関連記事

コメントを残す