平日モーニングが嬉しい骨董通りのパンケーキ専門店「クリントンストリートベイキングカンパニー」

クリントンストリートベイキングカンパニー南青山

ニューヨークで一番美味しいパンケーキの店「クリントンストリートベイキングカンパニー」の南青山店が骨董通りにオープンして10年近く経ちます。

世界一おいしいパンケーキというオーストラリア発祥の「ビルズ」と並ぶパンケーキブームの火付け役ですね。

一時期は平日も週末も、朝から閉店時間までインバウンド系のお客さんが行列していたものですが、さすがにパンデミックの最中は行列もありませんでした。

パンデミックも先が見えた今がどうなっているかというと、やっぱり混んでいます。

▲骨董通りでも高樹町の交差点に近い方ですがそれでも混むんですよね。

青山通りに近い「グラニー・スミス」と並ぶ骨董通りのスイーツ人気店ですからね


クリントンストリートのモーニング

でも平日の朝早くなら並ぶことなく入れます。

さらに11時まで限定のオトクなモーニングメニューもあるのです。

▲朝11時まで限定の ”CLINTON MORNING” のメニューです。

ドリンクが300円、モーニングセットが1,000円。そしてモーニングドリンクセットが1,200円。

モーニングセットはエッグベネディクトとミニサイズのパンケーキです。

モーニングドリンクセットはさらにコーヒー、紅茶、オレンジジュースかグレープフルーツジュースのドリンクが付いてきます。

▲これは「モーニングドリンクセット」。

パンケーキはブルーベリー、ドリンクはコンレチェ(フォームドミルクのコーヒー)。

ミニサイズとはいえパンケーキはちゃんと3枚重ね。またメニューの見本写真と違ってベネディクトとパンケーキが別のプレートで出てくるのも有り難いです。

▲ミニサイズのパンケーキといっても日本の普通のカフェなんかのパンケーキサイズです。

女性なら朝食にぴったりのサイズ感です。

またブルーベリーが生地に埋め込まれているので見た目以上にブルーベリーの量は多いです。

メープルバターをドロっとかけるとブルーベリーの酸っぱさと絡まって絶妙の美味しさです。

▲この日はミルクたっぷりなコンレチェでした。

ミニパンケーキ、エッグベネディクトそれとコーヒー。朝食としてはかなりボリュームがあります。


クリントンストリートのパンケーキ

モーニングセットは11時までですが、パンケーキは営業時間中ならいつでもOK。

モーニングの時間でも普通サイズのパンケーキをオーダーできます。

▲フルサイズのパンケーキとモーニングのミニサイズのパンケーキ。

大きさを比べるとこんな感じ。

▲普通サイズのパンケーキ。

これは バナナとくるみのパンケーキです。

サイズはモーニングのミニパンケーキの倍はありそうです。

▲こちらも温めたメープルバター付き。パンケーキはもちろん3枚重ね。

パンケーキの生地にはバナナとくるみが練り込まれているので、食べても食べてもバナナもくるみも減りません。

やっぱりパンケーキ自体も美味しいしボリュームもアメリカンなサイズだし、これは人気になりますよね。パンケーキをお腹いっぱい食べたいお客さんが並ぶのも納得です。

▲窓の外は骨董通り。

▲ちなみにホットコーヒーだけはお替り自由です。

▲毎月スペシャルパンケーキが用意されています。

2021年11月は「バナナフォスターパンケーキ」。

月によっては2種類用意されていることもあります。


クリントンストリートの店内

外装は白と赤、内装は白と緑を基調にしたハイセンスな店舗です。

▲出入り口の様子。

中にはウェイティング用の赤いベンチが用意されています。

▲窓際にテーブル席が一つ。

あとは壁際のソファの席と2階です。

▲壁際のテーブル席ですね。

ちょっと小ぶりの木製テーブルと椅子。パンケーキの人がほとんどでしょうからこのくらいの大きさがちょうど良いのでしょう。

▲突き当りの螺旋階段が2階へと続く階段で、トイレも2階になります。

平日なら9時の開店直後は空いていますが10時になれば満席近くにまでお客さんが入っています。1階がいっぱいになれば2階に案内されるみたいです。

▲ある日の朝10時ころ。

1階はまだちょっと余裕がありますね


クリントンストリートの外観など

クリントンストリートの入るビル自体もちょっと面白い装飾が施されているので訪問した時にビルの上の方を見てみてくださいね。

▲外装は白と赤ですね。骨董通りに赤い建物は少ないので、この赤が目印といえば目印です。

また2階にも客席があることが外からも分かりますね。

▲店舗でしか買えないトートバッグ。

▲週末だとこんな感じに行列が出来ています。

この写真を撮ったのは12時ころですが、週末は朝の開店時からずっとこんな感じです。

また写真で気づく人もいるでしょう、ここは日本一のパンケーキの店「APOC」の隣です。APOCも店舗を改装したそうなのでいずれレポートしますね。

クリントンストリートベイキングカンパニーの場所

南青山の骨董通りでも六本木通りの高樹町交差点に近い方です。

▲青山通りから骨董通りに入って3つ目の信号の少し手前です。

この赤い外壁と行列が目印です。

平日ならランチタイムを外せば別に行列しなくても美味しくてボリュームたっぷりなパンケーキが食べられるクリントンストリート。パンケーキ好きな人だけでなく、ニューヨーク風なスイーツ店としてみ利用したいですね。

また平日の朝限定ですがモーニングセットはかなりお得です。ミニサイズのパンケーキが女子のお腹にぴったりなサイズなので、たっぷりな朝食としてはもちろんブランチとして利用することもできます。


メニュー

メニューは時々更新されますが最新のものを。

▲パンケーキがメインで4種類。これに月替りのパンケーキが1種類か2種類。

それ以外にフレンチトーストやワッフルそれにフィッシュ&チップスなどがあります。▲卵料理にベネディクト、それにサンドイッチやハンバーガーといったまさにアメリカンなメニューです。

ニューヨークのちょっと気取ったダイナーという感じかな。

▲こちらはドリンクメニュー。

平日のモーニングだとコーヒーなど一部メニューが半額になります。

いつも混んでいるしちょっと高いしなぁという方は平日の朝に訪問してみましょう。

クリントンストリートベイキングカンパニー南青山 基本情報

店名 クリントンストリートベイキングカンパニー南青山
住所 港区南青山 5-17-1
最寄駅 表参道駅
定休日 不定
営業時間 9:00 − 18:00

 

記事の評価
関連記事

コメントを残す