デンマーク大使館で「デンマーク展 」開催中

デンマーク – The Land of Everyday Wonder

代官山のデンマーク大使館では東京2020の会期に合わせ、「デンマーク – The Land of Everyday Wonder」という展示会を開催しています。

デンマークの企業や団体を紹介しながら、デンマークという国の魅力を一般にもアピールする展示会です

▲デンマークという国の紹介、魅力のアピールという点から結構真面目な展示内容です。

でもデンマークと言えばLEGOというくらいに国を代表するおもちゃのLEGOが並んでいたりするので大人から子どもまで楽しめると思います

 

大使館への入館方法

「デンマーク」展は大使館の中庭を使ったイベントで大使館の建物の中には入れません。同時開催で大使館内で行われるイベントも開催されるのですが一般向けではありません。

▲入場無料〜と呼び込みしています。また事前予約や事前登録は不要ですし、氏名・連絡先などを記帳する必要もありません。また荷物チェックやボディチェックもありません。

必要なのは手指の消毒と検温だけです。

▲検温して問題なければこのバッジをもらいます。会場にいる間はバッジを胸に付けておきます。

▲デンマーク展の大きなポスターの隣ではレゴ人形が呼び込みしています。

▲受付ではデンマークの有名なクマ、ラスムスクルンプもお出迎えです。

デンマーク展の会場

会場はデンマーク大使館の中庭。

▲設計は建築家の加藤比呂比史氏によるもの。中庭全体がアーケードで覆われています。

中央部の大木は周囲にパイプが設置され常時ミストが噴き出て暑さを和らげています。

▲アーケードの上からはSDGsへの取り組みをアピールする垂れ幕が。

こうしたSDGs、環境、人権、教育など社会的な先進性を国の強みとして行くんだという意思が感じられます。羨ましい。

▲平日の夕方遅い時間だったのでお客さんの数は少なかったのですが、週末はやはり混みそうです。

代官山の週末も午前中は比較的人が少ないので、できればランチ前の午前中に訪問しておくのが良さそうです。

▲製薬会社などデンマークの企業のブースなども出ています

▲オリンピックの映像もデンマークの放送局の映像が使われていました。つまりデンマーク選手を中心にした映像ですね。

こういう他国の視点から観た映像はなかなかお目に書かれないのでつい見入ってしまいます。

また赤いカーペットとカラフルな椅子。デンマークですねぇ。

会場内のセキュリティ

誰でも入場可能なので北欧と言えどやはりセキュリティが心配という方もいるでしょう。

▲でも大丈夫、ちゃんとポリスマンが会場でずっと見張りをしています。

 

アンデルセンハウス

デンマークの首都はコペンハーゲン。コペンハーゲンといえば人魚姫。

▲その人魚姫の像が置かれていました。人魚姫の像は1mちょっとらしいのでほぼ実物大ではないでしょうか。大使館に置かれているくらいですから、もしかしたら公式レプリカかもしれません。

そしてこの像のモデルになった童話「人魚姫」を書いたのはデンマークの国民的作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンです。

▲そのアンデルセンが夢見ていたのがおとぎ話の家を建てること。

そしてその夢が実現され HC Andersen Hus(HCアンデルセンハウス) として2021年6月に仮オープンしました。▲実はそのHCアンデルセンハウスを設計したのが隈研吾。新国立競技場の設計などで今や日本中の誰もが知る建築家です。

このブースではその隈研吾のインタビュー映像を観ることができます。

デンマークホットドック

会場の片隅ではホットドッグの屋台が出ています。

▲ホットドッグは2種類。

デンマークホットドッグとフレンチホットドッグです。

▲これはデンマークホットドッグ。フライドオニオンとスライスオニオンのコンビがデンマーク風なのでしょうか。

限定ドリンク

会場では8月8日までの会場限定、期間限定のドリンクが販売されています。

▲5種類のクラフトソーダとチョコミルク。日本では見かけたことないですねぇ。

クラフトソーダは左からストロベリー、ジンジャー、アップル、オレンジそれとラズベリーです。

▲今回はラズベリーとチョコミルク。

デンマークは酪農国ですからね、酪農国のチョコミルクは美味しいというこれまでの経験則からチョコミルクを試してみます。

▲限定ドリンクとホットドッグ。

右がフレンチホットドッグで、半切りにされたフランスパンの中にポークソーセージが入っています。

▲マスタードやケチャップもデンマーク製。

この酸っぱいマスタードがめちゃくちゃ美味しい!

デンマークホットドッグには最初からかかっていますが追加でかけたくなるくらい美味しいのです。

今まで見たこと無いブランドなので日進ワールドデリカテッセンナショナル麻布で探してみようかな。

 

デンマーク大使館の場所

はるか昔はアントニン・レーモンド設計の南青山「デンマーク・ハウス」だったのですが、今は代官山です。

▲「代官山交番前」の交差点から旧山手通りを玉川通りの方へ。

すぐに「デンマーク大使館」という信号がありますが、そこからもう1棟先の建物がデンマーク王国大使館です。

もう1軒先は「ミケランジェロ」と「リストランテASO」です。

代官山の駅から徒歩5分くらいでしょうか。

ヒルサイドフォーラムはデンマーク王国大使館からみれば旧山手通りを挟んで向かいです。
「デンマーク大使館」の信号のところに横断歩道があります。

アンデルセン、人魚姫、LEGO、南アフリカW杯など日本人にも馴染みの深いデンマーク。あまり知られていない北欧らしい先進性や美味しい食材なども楽しめる展示会でした。

オリンピック期間に合わせるので前半は8月8日でおしまいですが、パラリンピックが始まる8月24日から後半が始まります。

代官山の週末に、ちょっとだけ異国気分を味わえるデンマーク展を付け加えてはどうでしょう。

デンマーク王国大使館 / デンマーク展

会期 : 2021年7月23日(金) – 8月8日(日)、8月24日(火) – 9月5火(日)
会場 : デンマーク王国大使館
渋谷区 猿楽町29-6
開館日 : 会期中無休
開館時間 : 11:00 – 18:00
料金 : 無料
予約不要ですが入場定員150名に制限されています。
また入館にあたっての荷物検査やボディチェックもありません。

記事の評価
関連記事

コメントを残す