映画「グラン・ブルー」な雰囲気のカジュアルイタリアン、西麻布のENZO パステリア

ENZO エンゾ・モリアーナ

西麻布のカジュアルなイタリアン「ENZO パステリア」はリュック・ベッソンの映画「グラン・ブルー」をモチーフにしたメニューや店舗つくりが特色です。

そのお店は西麻布の裏通りで近隣にはお店も少ない静かな場所にあります

▲青い ”ENZO” という店名やこの店頭の雰囲気は南イタリアの海沿いのレストランみたいな雰囲気です。

ちなみにお店のモチーフとなった「グラン・ブルー」はフランスの映画監督リュック・ベッソンの大出世です。その登場人物の一人 ”エンゾ・モリナーリ” を演じているのが日本でも人気のジャン・レノで、この魅力的なキャラクターの名前からENZOという店名が取られています。

グラン・ブルーという映画自体は1990年初頭の日本でカルト映画の域を超えて人気を博した映画ですね。


ENZOのママのペペロンチーノ

グラン・ブルーでジャン・レノが演じていた”エンゾ・モリナーリ”は実在のエンゾ・マイオルカというダイバーをモデルにしているそうです。

いつも偉そうにしていて怖いものなしのエンゾですがママにだけは頭が上がらず、ママの作るパスタ以外は食べられません。

▲ママのパスタが最高だよというエンゾが食べるのは「海の幸のパスタ」や「ペペロンチーノ」。

西麻布のENZOでパスタを食べるならまずはペペロンチーノですね。

▲今回はペペロンチーノにプラス220円でランチセットにしました。セットのサラダがこれ。

レタスにかけられたバルサミコソースが美味しい。

▲ちょっと太めの麺と大きなニンニク。

普通にイメージするペペロンチーノと微妙に違うENZO風のペペロンチーノです。

▲これはランチセットのドリンク。

ドリンクはフリードリンクです


ENZOの店内

▲内装は南イタリアを感じさせる白いもの。

カジュアルな感じの椅子とテーブルが並んでいるので窓の外の景色を無視すれば映画の中にもあったかなぁという雰囲気です。

▲カウンター席もあります。

カウンターテーブルの上に並んでいるのがドリンク類で、コーヒー、紅茶、ジュースなど。ランチセットのドリンクはどれでも好きなものを飲み放題です。

▲お店の奥にはちょっとした個室ぽいエリアもあります

いちおう西麻布なので個室はやっぱり必要なんでしょうね。


ENZOのランチメニュー

夜は訪問したことがないのでランチのメニューだけ。

▲店頭にメニューボードが出ています。

ランチタイムはオープンから15時まで。西麻布という土地柄、クリエイティブ関係のお客さんの多くランチタイムが2,3時間ズレることも普通にありますからね。

▲ランチタイムのボード。

テイクアウトもできますがお店でランチを食べていくお客さんが多いです。

特に平日の12時過ぎはランチのお客さんで満席近くなりますから確実にランチを食べたい時は少し早めに訪問するなど時間をズラすのが良いかも。

もっとも週末のランチタイムに混んでいたことはあまりないので週末のランチ訪問もいいかもしれないですね


ENZOの場所

西麻布の交差点から50mほどのところ。

ということは、六本木や広尾や乃木坂の駅からも歩けてしまい場所です。

▲これがENZOの全景です。

南青山の長谷寺(ちょうこくじ)から西麻布の方へ歩いてくるとそのままENZOです。

▲西麻布の交差点近くのカフェバー「SINCERE」の角を曲がるとこのような特徴的な建物があります。

この建物の前を通り過ぎて南青山方面へ。

▲この左の坂道ですね。

どんどん行けばスイッチ・パブリッシングとそのカフェ「Rainy Day」があって、さらに行けば「長谷寺」です。でもENZOはもっと全然手前。上の写真でいえば停まっている軽トラのちょっと向こうです。

▲西麻布の交差点から本当にすぐ近く。歩いて1分もかかりませんが、六本木通りの騒音や西麻布の喧騒とはまったく無縁な静かな一帯です。

西麻布では貴重な手頃なランチが食べられるイタリアンです。特に週末も営業していてランチが食べられるのはありがたいですね。

もちろん夕食をワインとパスタで、しかも西麻布でという時には有力な選択肢の一つです。

”ENZO” という店名通りのカジュアルさも西麻布では貴重かもしれませんね。

ENZO 基本情報

店名 ENZOパステリア
Uber Eats 既存ユーザー注文
住所 港区西麻布 2-25-12
最寄駅 六本木駅、乃木坂駅、広尾駅、表参道駅
定休日 なし
営業時間 11:30 − 24:00(月〜金)、12:00 – 24:00 (土)、12:00 – 23:00 (日祝)
開店 〜 16:00 (ランチタイム) 
禁煙・喫煙 禁煙 (店外に喫煙スペースあり)

 

記事の評価
関連記事

コメントを残す