ファラフェルなどヴィーガン料理が美味しい「ファラフェル・ブラザーズ恵比寿」

ファラフェル・ブラザーズの2号店

都内の中近東料理、ファラフェルやフムスが美味しいお店というと、ピタ・ザ・グレートデビッド・デリタイームあたりの名前が浮かびます。もちろんファラフェル・ブラザーズも忘れてはいけません。

恵比寿プライムスクエアの近く、ファラフェルブラザーズの2号店でもある恵比寿店を紹介します。

この恵比寿店は2018年の夏にオープン。その頃の様子は麻布ガイドでも紹介していますが3年以上経ってお店の様子も変わったので改めてレポートです。


ファラフェル・ブラザーズ恵比寿の場所

▲大きなガラス窓があってカウンター席があって ”FARAFEL BROTHERS” のロゴがあってというところは六本木店と同じ。

▲お店の左側にドアがあってここが入り口です。

▲場所は恵比寿プライムスクエアのすぐ近く。高樹町の方から行くと九十九ラーメンの先にお店があります。

恵比寿駅からなら渋谷橋の歩道橋を渡り高樹町の方へ歩けば、写真のようなおなじみ九十九の看板の手前にファラフェルブラザーズが見えてきます。


ファラフェルブラザーズの店内

六本木店との違いは店内の広さ。

▲六本木店は店内に3人、外にテラスだけ。要するにテイクアウトをメインにしたお店でしたが、恵比寿の方はイートインスペースもあり、それに伴うメニューも充実といったところが違いでしょうか。

窓際のカウンター席は6席。六本木が3席でしたからその2倍ですね。

店内奥にはテーブルが2卓あり、数人が座れるスペースが確保されています。

▲お店の真ん中にもウッドのテーブルが置かれ、数人が座れるようになっています。

席数は多いけど全体的にこじんまりしています。


▲テーブルの真中を貫く木は本物ではなくて装飾です。また、幹にAC電源のコンセントとUSBポートが付いていますのでスマートフォンの充電くらいはできると思います。ただAC電源があるからといってこのお店でパソコン広げて仕事しながら充電・・というのは無理だと思います。

▲その代わり、テーブルにはスマートフォン用のワイヤレス充電器が埋め込まれています。これなら食事中にスマートフォンをスマートに充電できちゃうので便利ですね。AndroidはもちろんiPhone 8以降のApple製機種で利用可能です。

また店内にはWi-Fiも完備しています。

▲このようにスマホを置くだけで充電完了です。

▲テーブルもスマートなら店内はおしゃれ。ランプシェードはなんとシルクハットです。

▲オープン当初は店内の設えも適宜改良していましたが、今はすっかり落ち着いています。

▲この写真は開店して数日も経ってないものなので、どんどん内装も、もしかしたら外装も変わっていくかもしれません。

▲オーダーカウンター周りの食品サンプル。サンプル自体は開店当初と変わっていませんが、ディスプレイが工夫されて見やすくなっています。


ファラフェルブラザーズのメニュー

やはり気になるのは六本木のお店と同じかどうかですね。

はい、同じです。

メニューを選んで、野菜を選んで、トッピングを選んで最後にソースを選びます。

セットメニューにはドリンクとフレンチフライが付きます。

▲どれを選んでいいか分からなかったら、まずはこの見本から。左はサラダボウル、真ん中はハーフサイズのサンドウイッチ(= ピタ)、右がフルサイズのサンドイッチです。

ハーフサイズとフルサイズの違いは、ピタの大きさの他に中に入るファラフェルの数とトッピングの数の違いです。

▲トッピングはここからハーフサイズなら2種類、フルサイズなら3種類を選びます。

このトッピングの種類が微妙に六本木と違うようです。

▲ソースはオリジナルヒニかスパイシーヒニ、それか週替りのヒニから選びます。


ピタサンド /w ファラフェル

▲こちらはハーフサイズ。

トッピングは2種類、粒マスタードで和えたズッキーニとフムスをチョイスしてみました。
フレンチフライも大ぶりの揚げたてポテト、美味しいです。

▲フォークが付いてくるので中身をピックアップして食べてもよいし、トッピングを押し込んで豪快にかぶりついても良いし、好みでどうぞ。

▲こちらはフルサイズのサンドウィッチ。

トッピングは3種類選べるのですが、フムスとフムスとトマチーズにしました。フムスが好きなので、フムスをダブルでトッピングしてもらったということです。
トマチーズは六本木の ”キュウリ&トマト” です。

また写真で気づかれたと思いますがストローは金属製。非プラスチックの環境に優しいタイプです。

▲ベースの野菜はケールにしてみました。また、中のファラフェルの数は5個(もしかしたら6個だったかも)。
とにかくお腹いっぱいまで食べられます。

▲これはベースをレタスにしたフルサイズのピタ。

ピタ・ザ・グレートの ”ビッグ・ピタ” とファラフェル・ブラザーズの ”フルサンドイッチ” 、味もお値段も量もいい勝負です。
ただしトッピングの種類はファラフェルブラザーズの方が多いので味に変化を求める時はファラフェル・ブラザーズですかね。


ブラザーズ フムスプレート

イスラエル/地中海料理の三大要素といえばファラフェルとピタとフムス。

▲「ブラザーズフムスプレート」はプレートに塗りたくられたフムス、小さめのピタ、それにファラフェルという全部乗せな料理です。
(写真のフライドポテトはセットには含まれていません)

ピタの中にファラフェルを入れフムスを塗っていただきます。このセルフサービス感がいかにも中東のどっかの下町みたいでいいんですよね。

好きな人はお皿に残ったフムスをピタで拭って食べるのも良いでしょう。

▲これもピタサンドと同じようなオーダーの仕方になります。

トッピングとピクルスとソースを決めて自分好みのフムスプレートに仕上げることができるんですよね。

フムス好き、イスラエル料理、地中海料理が好きな人には堪えられません。


ヴィーガン・スィーツ

ここまででお腹いっぱいに近いのですが、恵比寿店には六本木店にないヴィーガン・スィーツがあるのでいただいてしまいました。

デイリーフリー、グルテンフリー、シュガーフリーで作られたお菓子!

砂糖はもちろん、乳製品も小麦粉も使わずここまで甘く濃厚なケーキが作れるんですね。

ピタサンドの後にケーキなんて普通は食べませんが、これなら罪悪感なく頂けちゃいそうです。

ちなみに、このスィーツはファラフェル・ブラザーズのオーナーの奥さん(=eggcellentの方)が立ち上げたヴェジブランドのもの。このスィーツにもこれから注目です。


六本木のファラフェル・ブラザーズは行ってみたいけど、席も少なくテイクアウトしても食べる場所がないしなーという人でも、恵比寿ならしっかりイートインできる上に健康になるスィーツまでありますからね。

▲年中無休ですが、日曜日はランチタイムだけの営業になっています。

ファラフェル・ブラザース 恵比寿 基本情報

店名 ファラフェル・ブラザース 恵比寿
住所 渋谷区広尾 1-1-36
最寄駅 恵比寿駅、広尾駅
定休日 なし
営業時間 11:00 − 21:00 (日曜日は11:30 – 15:00)
喫煙状況 禁煙

 

記事の評価
関連記事