Farm to Bakery – 野菜が主役のおかずパンがメインな青山のベーカリー

Farm to Bakery – 野菜が主役のおかずパン

青山と渋谷のほぼ中間、青山学院の裏手に野菜パンがメインの「Farm to Bakert」というベーカリーがオープンしています。

以前はRuby On というカフェだったのですが、カフェはそのままでベーカリーへ業態変更したみたいです。

▲青山通りから一本奥の路地裏の店舗。

近所に勤める人か「イメージフォーラム」に行く時くらいしか通らない場所です

 

Farm to Bakeryの食パン

”野菜が主役のおかずパン” のベーカリー。

ホントに野菜を使ったパンばかり。

▲普通のバゲットもあります。

それ以外に ”葉山のはちみつ” とか 三陸の ”アルガソルト” など、地方の名産も扱っていました。

▲食パンはプレーンなものか、”すだちジャムのミルク食パン”なども。

最近この手の食パンが増えていますがとんでもない値付けをされていることが多いです。でもFarm to Bakeryのは良心的な価格ですね。

▲これはビーツの食パン。ビーツには目がなくて冬はほぼ毎日スムージーに入れて飲んでいるくらいですから、これは買って帰らないといけませんね

野菜パン

野菜パンはとにかく種類がいっぱいです。

ただ一種類づつの数が少ないみたいなので、お目当ての野菜パンを買うなら早めの時間帯の方が良さそうです。

▲”生青のりのリュスティック”、”いんげん味噌バターチーズ”など。

身体に優しそうな材料が使われています。

▲”リンゴとクルミ カマンベールチーズ” 、”カボチャのミルクフランス” に ”ホワイトビーツ チョコクルトン”。

ただのミルクフランスではなくて カボチャのミルクフランス というところが ”野菜が主役” という感じですね。

▲”塩バターレモン”、”ブロッコリー”、”アスパラ”。

これらも野菜たっぷり感じでいいですね。しかも塩バターレモンは220円。大人買いしたくなるような値段です。

▲定番のラタトゥイユに ”ビオロジック紅葱大根”、大麦のリュスティック” さらに ”さつまいもと頃ごまのバトン”。

全部でいったい何種類あるんでしょう。

▲”茗荷と生姜”、”新生姜とクルミ” それに ”紅芋コロッケ”。

食材の組み合わせを個性的です。

▲名物は ”15品目野菜のカレーパン”。

それと ”黒舞茸レモンバター”。

この日は午後の訪問だったのでどちらも品切れ、売り切れでした。

これだけ種類があると毎日ランチに通ってもいいですね。

食べてみました

ビーツの食パンと ”新生姜とクルミ”。それと ”リンゴとクルミとカマンベールチーズ”

▲ビーツの食パンは外側だけなく内側もビーツ色。しかもこれ、フワッフワに柔らかいのです。

新生姜とクルミは切った瞬間から新生姜の香りが漂う新鮮さ。

▲リンゴとクルミとカマンベールチーズ。

ベースになるバゲットはバターが染み込んでいます。

▲ビーツの食パンにナイフを入れてスライスしてみました。でも柔らかすぎて上手く切るのに失敗。

見かけはビーツたっぷりですが、ビーツの味そのものはあまりしません。そういう意味では新生姜と合わせて食べて正解でしたね。

 

Farm to Bakeryのカフェ

”Ruby On” の内装をほぼそのまま使っているので、ベーカリーですがカフェとしても利用できるようです。

▲店頭のボードです。

営業時間は今のところ11時から18時まで。定休日も不定だそうですし、訪問前にはインスタなどで休日と営業時間を確認するのが良さそうです。

また完全キャッシュレス、現金は使えません。

▲ドリンクメニューです。

ドリンクのみの利用は330円(テイクアウトなら324円)、パンと合わせてなら220円からです。

また開店から15時まではランチタイムで、店内限定の ”野菜のサラダプレート” 990円があります。

▲330円のアイスコーヒー

▲パンを買うとこんなおしゃれな紙袋に。店名に ”AOYAMA” が付くんですね。

店内の様子

もともとカフェ、レストランだったのでイートインスペースはたっぷりです。

▲店頭の様子。

テラス席もあります。

▲店内はほとんどがイートインスペース。

パンデミックが収まったらまたカフェ、レストランがメインに戻るんでしょうね。

写真右側がレジカウンター、パンは入り口を入ってすぐの辺りに並んでいます。

▲居心地の良さそうなソファ席もあります。

▲ベーカリーのカフェですけど思わず長居したくなりそうです。

 

Farm to Bakeryの場所

表参道の交差点から徒歩で10分弱。

▲青山通りを渋谷の方に向かい、青山学院を過ぎた「青山学院前」(旧こどもの城のところ)の信号を左に曲がり、最初の角を右へ入った先です。

こんな特徴のあるオシャレなファサードなのですぐに分かりますね。

渋谷駅からもやはり徒歩10分くらいですが上り坂なので暑い季節は表参道からアプローチしたいですね。

▲お店のカードに地図が載っていました。

青山、表参道といっても青学より渋谷側は用事がないと行かないので盲点でしたが、こんなベーカリーができていたんですね。

どこの駅からも遠いので特に休日は空いていそうです。
休日の食事用にパンを買いに行って、ついでにひと休みするといった利用ができそうです。

表参道や骨董通りのカフェは休日の午後は密が避けられませんが、ここまで来るとそうでもないので、表参道、骨董通りの混雑を避けたい方もどうぞ。

基本情報

店名 Farm to Bakery 
住所 渋谷区渋谷 2-2-17
最寄駅 東京メトロ表参道駅
定休日 不定 (Instagramで確認)
営業時間 11:00 − 18:00
禁煙・喫煙 禁煙

 

記事の評価
関連記事

コメントを残す