代官山を代表する老舗喫茶店 カフェ フォリオ

CAFFE FOGLIO (カフェ フォリオ)

オシャレなカフェや話題の施設ができてすっかり変わってしまった代官山で40年近く、以前の落ち着いた大人の街だった代官山の空気を今も残す「カフェ フォリオ」。

週末、旧山手通り沿いのカフェに行列ができているような時でもフォリオならゆっくり休日のコーヒーを楽しめます。

▲八幡通り沿い、代官山アドレスの向かいのビルの地下がフォリです。

この入口を見ればあぁあそこだと思い出す人も多いでしょう。オープン以来ずっと代官山を代表する喫茶店ですから。

 

カフェ フォリオでコーヒータイム

訪問した時はケーキセットと ”フォリオコーヒー” をオーダーしてみました。

▲熟成した豆をネルドリップで丁寧に淹れたコーヒー。

しっかりした味のこれぞ喫茶店という感じのコーヒーですね。

▲レアチーズケーキとのケーキセット。

ケーキにはブルーベリージャムが付いていました。大人向きの味付けな本格レアチーズケーキです

▲写真でこの感じが伝わりますかね。アイスクリームのようにもヨーグルトようにも見える濃厚なレアチーズなのです。

カフェ フォリアの店舗

お店が地下なので八幡通りを歩いていただけでは雰囲気が分かりません。

▲隣は代官山の郵便局。郵便局が入るビルの地下がカフェ フォリオです。

四葉のクローバーのマークが目印です。

▲地下へ降りる階段にも “Il Quadrifoglio CAFFE FOGLIO” というプレートが出ています。

▲店内はカウンターとテーブル席。

カウンター席はパンデミックが収束するまで間隔を開けて座るようになっています。

▲向かって左が入り口。

ボックス席も用意されていて、昔から営業している喫茶店らしいです。

なお、以前は喫煙可能でしたが今は禁煙になっているのでタバコが苦手な人でも安心です。

▲これはアイスカフェ・オ・レのケーキセットの時ですね。

基本的にマスターお一人で切り盛りされています。

▲奥の壁にはこのような彫像が2体。

ごちゃごちゃ余計なものがなくて非常にスッキリしたセンスの店内です。

▲なぜかボブ・ディラン。店内で唯一の絵画がボブ・ディランでした。

でも流れる音楽はジャズなんですよね

 

CAFFE FOGLIO の意味

FOGLIO(フォリオ)って聞き慣れない単語ですよね。

▲ ”FOGLIO” はイタリア語で葉っぱのこと。

そして ”Quadrifoglio” はイタリア語で四葉のクローバーです。何か幸運を運んでくれるかもという意味でこの店名にしたのでしょうか。

また ”クアドリフォリオ” というと、クルマ好きの方はアルファロメオを思い起こすかもしれません。アルファロメオのクローバーとカフェフォリオのクローバーは葉っぱの形がちょっと違うのですが、それでももしかしたらオーナーがアルファロメオ好きなのかもしれませんね

カフェ フォリオのメニュー

カフェ フォリオのメニューです。

▲熟成した豆を深煎ししてネルドリップで淹れていますというプレート。

「1982年で創業で今年で38年目」と書いてありますが、この写真を撮ったのは2021年なので「今年で39年目!」が正解です。おそらく去年書いたものを今年になって書き換えるのを忘れているのだと思います。

いずれにせよ、もうじき創業40年です。

▲こちらはドリンクメニュー。

ここには書いてありませんがコーヒーのおかわりは1杯300円です。居心地が良いのでつい長居してしまいがちです。そんな時はコーヒーもおかわりしたいです。

アルコールもありますが実際はパンデミック収束まで提供中止中です。

▲これはケーキと軽食のメニュー。

ランチなどもなく純粋な喫茶店です。

 

カフェ フォリオの場所と行き方

代官山の駅から徒歩3分。

▲代官山の中央口からならいったん八幡通りに出て並木橋の方へ。「代官山駅前」の交差点の先、郵便局のビルです。

北口からなら、代官山アドレスの横を通って代官山駅前の交差点を渡ったところです。

代官山で落ち着いた時間を過ごしたい時、大人な代官山を楽しみたい時など思い出して訪問したい喫茶店です

基本情報

店名 CAFFE FOGLIO (カフェ フォリオ)
住所 渋谷区 猿楽町 23-3
最寄駅 代官山駅
定休日 第1, 3, 5水曜日
営業時間 11:00 – 22:00
(ただし当面は11:00 – 20:00 (カフェ営業)、20:00 – 22:00 (テイクアウトのみ))
禁煙・喫煙 禁煙

 

記事の評価
関連記事

4 comments

  1. コメントありがとうございます!
    そうです、記事のアップ日は一番上に表示されています。
    また記事内で日付を扱う場合は、xxxx年yy月というように後から読んでも何時の事か分かるように留意しているのですが、時々忘れていることがあります・・・

    これからも愛読よろしくお願いします。

     
  2. すみません、最上部に日付表示あったんですね。青色だったので気づきませんでした。マークだと思ってました。。。

     
  3. なるほど、お店側の間違いだったんですね。年号とか値段などの数字関連が気になる性格なので、ついつい何度も読み返してしまいました。これですっきりしました(笑) 修正ありがとうございます。

    思ったのですが、各記事には掲載日の表示ないので、xxxx年xx月 のように掲載年月のが表示あると、読むときに理解しやすいなあ、、、といつも思っています。去年の記事を読んだ時とか、冬の記事を夏に読んだときとか。

    いつも楽しく読んでます。ありがとうございます。

     
  4. 読者の方から ”1982年創業! 今年で38年目!” と書かれたプレートの写真は 「2020年に撮った写真」の間違いではないかと指摘いただきました。
    記事の文章が舌足らずでした。
    写真は今年2021年の夏に撮ったもので、お店の方で39年目! と書き換えるのを忘れているのだと思います。 (おそらく明日フォリオを訪問しても38年目となっていると思います)
    そのように記事に追記いたしました。

     

コメントを残す