南青山の老舗喫茶店 レジュ・グルニエ (Cafe Les Jeux Grenier)

南青山の老舗喫茶店

少し前にアイビー通りの喫茶店「蔦珈琲店」を紹介しました。開店以来30年という老舗喫茶店ですが、今回は骨董通りを挟んで反対側の南青山、表参道に近い小路に店を構える喫茶店「カフェレジュ・グルニエ(Les Jeux Grenier)」を紹介します。

レジュ・グルニエは開店からすでに40年。要するに70年代から営業している老舗中の老舗喫茶店です。

▲1976年からなので今年2021年で45年になります。。

表参道から青山通りを渋谷方面へ。スパイラルを過ぎて骨董通りの手前の小路を左に入ってしばらく進んだ右手がレジュ・グルニエです。



カフェ レジュ・グルニエ

▼お店は2階なのでこの階段から上ります。

70年代の開店当初のことはさすがに知らないのですが、80年代90年代は表参道の人気店でもあったので、お世話になった人も多いのではないでしょうか。

▲入口ドアの脇には1976年5月という日付入りのプレートもありますよ。

▲店内はカウンター席と2つの大きな部屋に分けられたテーブル席。

▲テーブルや椅子はいかにも年季の入った木製のもの。いい感じにくたびれています。
なんでもパリの蚤の市で買い付けてきたものを使っているのだそうです。

どの席でも落ち着けますがおすすめは窓際のテーブル席。私たちはいつも窓際を使うことが多いですね。

▲暖炉風のテーブル席はグループさん用ですかね。

▲もちろん二人づつ隣り合って座っての相席もOK。というか混んでいる時はそうなります。
ここはたいていカップルが座っていますね。

私たちが知っているのは80年代以降のグルニエなのですが、たぶん何も変わっていないのではないかと思います。

▲夜の暗い店内もいい雰囲気ですよね。

▲でも昼間のほんのり暗い室内もやっぱり良い感じです。

週末は行列もできる人気店なのですが、雰囲気はいかにも”隠れ家”な喫茶店です。

レジュグルニエのメニュー

メニューは1枚だけ。

▲これがメニュー。

▲表に出ているメニューボード。極論すればこのうちどれかを選 べばいいですね。

後ろに招き猫が見えますがそれは「和風中華 だるまや」のものです。そう、「だるまや」の2階がレジュグルニエなのです。

レジュグルニエの名物メニュー

まずは「オレ・グラッセ」。

甘いミルクの上はコーヒーです。
この組み合わせと配分が絶妙なんですね。

コーヒーはまろやか系か酸味系か。店員さんが聞いてくれるので好みを答えましょう。

熟成された豆をネルドリップで淹れてくれます。なので出てくるまでちょっと時間がかかります。
でもその時間もまた楽しみたいですね。

▲これはカフェグラッセ、アイスコーヒーですね。

楕円形の面白い形をしたグラスに入っています。

▲氷もコーヒーで作られています。

氷が溶けても水っぽくならず、最後までアイスコーヒーとして飲めるんですね。

最小限の軽食

2種類しか選択肢がありませんが軽食もいただけます。でもそれがまた絶品なのです。

これはゴマトースト。
しっかりしたゴマの味が以外にもトーストにぴったりなのです。

もうひとつの軽食メニューがクロックムッシュ。

ハムとチーズのシンプルなクロックムッシュですが、夜の表参道でちょっと小腹を満たしたいときにはちょうど良いボリュームです。



表参道、南青山界隈で静かに美味しいコーヒーを飲みたいとき、表参道に近いここレジュ・グルニエはかなりおすすめです。

週末でも営業しているし、夜も意外と遅くまで開いているので、本当に重宝できる喫茶店ともいえます。

なお、全面喫煙OK(ただし1来店あたり3本まで)のお店なのでタバコが苦手な方にはちょっと厳しいかもしれません。まぁタバコはフレンチ文化について回るものなので仕方がないですね。

ちなみに平日の開店は ”11時頃” だそうです。閉店も ”23時頃”。
また日曜祭日は10時半開店です。

骨董通り周辺には他にも歴史のある喫茶店がいくつかあるので、少しづつ紹介していきたいと思います。

レジュ・グルニエ (Cafe Les Jeux Grenier)

港区 南青山 5-9-5
定休日:なし
営業時間:11時頃 – 23時頃 (日祝は10:30から)

記事の評価
関連記事