ひつまぶしで有名な隠れ家風の鰻店「麻布十番 はなぶさ」。ムード満点な店内とこだわりの店舗

麻布十番 はなぶさ

麻布十番のパティオ近くにあった、隠れ家ムードたっぷりでひつまぶしが有名だった「はなぶさ麻布十番店」が同じ麻布十番町内に自社ビルを建てて移転、再オープンしています。

高級ひつまぶしということもあって頻繁に利用することはできませんが、特別な日のお祝いに新しい店舗を訪問してみました。

 ▲以前は雑居ビルの中でしたが今は渋谷店(そんなのあったんだ!)と統合して自社ビルで営業しています。

ちなみに「ひつまぶし」というのは、おひつ(櫃)に入れたご飯の上にウナギの蒲焼を乗せたスタイルで、主に名古屋など東海地方の名物料理だそうです。

はなぶさのウナギは関東風の蒲焼きのように蒸すことなく、ひたすら焼いて作るものだそうです。清流で育てた鰻とこの製法のおかげで生臭さがないのが特徴なのだそうです。

スポンサーリンク

ランチ「堪能コース」

今回はランチメニューのひとつ「堪能コース」をチョイス。5,500円です。

他のランチメニューは ”プチひつまぶし” なんですけど、この堪能コースはフルサイズの ”ひつまぶし” に読めたのが選択の理由です。

▲まず「かりかりうなぎボーン」と「うなぎあんかけ茶碗蒸し」がお通し風に出てきました。

うなぎの骨もたっぷりあります。カルシュウム不足が気になっている人にはうれしいですね。

▲茶碗蒸しの蓋を開けると中はあんかけ茶碗蒸し。

プリンみたいなぷるぷるの茶碗蒸しが美味しいです。中身はもちろん鰻です。

▲少し遅れて「ひつまぶし」の登場です。

漬物と薬味(わさび・刻み海苔・刻みネギ)、それと出汁が付いてきます。

▲ひつまぶしの入ったお櫃を開けると、いい具合に焼き上がった鰻の蒲焼きが食べやすいサイズに切られてご飯の上に乗せられていました。

スポンサーリンク

はなぶさのひつまぶし

もうひとつ、ひつまぶし単体でオーダーしました。こちらは5,900円。

▲テーブルの各席にはこのような品のあるお盆がセットされています。

▲ランチの堪能コースのひつまぶしと一緒に、アラカルトのひつまぶしも運ばれてきました。

漬物や薬味はコースもアラカルトも同じです。

▲お櫃の蓋を開けると中はこの通り。

焼き上げた鰻にタレがたっぷり塗られています。

▲左がランチメニューの「堪能コース」のひつまぶし。右がアラカルトのひつまぶしです。

なんと、お櫃のサイズが違いました。

堪能コースの鰻は1枚半くらい、アラカルトの鰻は2枚ですね。ランチメニューにある「プチひつまぶし」はたぶんもっと小さいのでしょう。

男性は普通サイズのひつまぶしを、ご飯を大盛りにしてもらうのが良いかもしれません。

スポンサーリンク

推奨 ひつまぶしの食べ方

お店の推奨するひつまぶしの食べ方です。はなぶさ独自というより東海地方ではこれが普通の食べ方みたいです。

まずひつまぶしをしゃもじで四等分します。

▲四等分にしたひとつを普通のうな重として食べます。

山椒はお好みで。外がカリカリで中がジューシーなのがひつまぶしの蒲焼きの特徴です。

▲次にわさび、海苔、ネギの薬味を好みの量乗せていただきます。

この時、薬味を全部使わないように。

薬味を乗せて食べたら、次の1/4は出汁をかけてお茶漬け風にしていただきます。この時、薬味を適量乗せると美味しいです。

最後に残った1/4は自分の一番好きな食べ方でいただきます。

いろいろな食べ方を楽しめる、一粒で三度美味しいのがひつまぶしです。

スポンサーリンク

はなぶさのメニュー

はなぶさのメニューの一部を紹介します。

▲ランチメニューです。

贅沢コースはサラダがあって栄養のバランスが良い感じ、堪能コースは鰻づくしというコースですね。

▲ひつまぶしとうな丼です。

これ以外に白焼き/蒲焼き、肝焼きなどうなぎの一品料理があります。

▲コースには料理の種類が多いのもあって写真のこれは「はなぶさコース」。

鰻の白焼きが追加になっています。

また終日オーダー可能です。

▲あとアルコールメニューも。日本酒はもちろんワインなども鰻にはよく合うのだそうです。

スポンサーリンク

はなぶさ新店舗の店内

うなぎとひつまぶしに対してはこだわりがあるだけに、同じように店舗にもこだわりがあるようです。

ただ以前は雑居ビルということもあって思うような内装ができなかったようです。その代わり自社ビルの新店舗では内装などにもこだわっています。

▲はなぶさの店舗の奥がメインフロア

▲メインフロアの様子です。

2人用テーブルが4つ見えますね。以前の店舗もそれほど広くはありませんでしたから席数は同じくらいかも。

木の格子状の内装もいいですし、敢えて天井を低くして隠れ家感を出しているようにも見えます。

▲メインフロアの隅はこんなレイアウトでもう1卓。

窓際は和紙を使っていて、外からだと店内の明かりがほのかに漏れて見えます。外を歩く人への効果を狙っているのでしょう。

▲こちらは「半個室」。

4人テーブルの半個室が2室用意されています。

ここまでは「はなぶさ」の2階でしたが、3階にも個室があります。

3階の個室は以前の店舗でのアッパーフロアに当たるスペースだと思いますが、以前と違い完全個室になっているので、接待とか人目を避けたいお客さんが利用するのではないでしょうか

スポンサーリンク

はなぶさビル

以前の店舗が ”分かりやすくて入りづらい” 場所でしたが、新しい方は ”分かりにくくて入りやすい” かもしれませんね

▲店舗が移転して来る前、出来たばかりの「はなぶさビル」です。

はなぶさの自社ビルだと分かった時はびっくりしました。

隣はコインパーキングなのでクルマでも来ても大丈夫です。

▲オープンしたばかりなので店舗の外にも中にも胡蝶蘭が飾られています。

それ以外の植栽はGYRE FOODなども手掛けた SOLSO FARMによるものです。こういう点もはなぶさらしいこだわりですね。

▲そしてもう一つのこだわりがこのエレベーター。

自社ビルなのになぜか自分の店舗は2階。わざわざエレベーターで上がります。
(1階に入る店舗はまだ決まっていないそうです)

▲たぶんですけど、以前の店舗と同じような秘密の隠れ家な雰囲気を出そうとしているのだと思います。

この雑居ビル時代のはなぶさは、エレベーターホールで部屋番号を押してオートロックを解除してもらうという儀式が必要だったのです。それを知らないとお店にたどり着けもしないプレミアム感ですね。

新しい店舗ではオートロックの解除までは必要ないですけど、要塞みたいなビルのエレベーターに乗るという儀式があることで麻布十番を知っている感は増しますよね。

スポンサーリンク

はなぶさの場所とアクセス

麻布十番のパティから150mくらい。以前の店舗があったビルから徒歩2分といったところ。

麻布十番の駅からも徒歩5分ですね。麻布十番大通りを進んで「豆源」のある交差点を左に曲がり、パティオのところを右に曲がって150mほどです。

▲パティオから大黒坂を上って七面坂の次の角を右に入ります。この写真で銀色のクルマが駐まっている角です。

また狭い道ですけど大黒坂側からも反対側からもクルマでも入れます。

鳥居坂の下から大黒坂へ通り抜けられる場所なので、電車でもクルマでもとにかくアクセスは良いです

麻布十番でも隠れ家度はその雰囲気でも実際の分かりにくさでも上位に入るはなぶさですが、自社店舗になったことでそこにさらにいろいろなこだわりが追加されています。

移転、再開したばかりでランチタイムでもけっこう混んでいますから一休で予約をおすすめします。
下の写真をクリックしても予約サイトに移動できます。



麻布十番 はなぶさ 基本情報

店名 麻布十番 はなぶさ
Uber Eats で注文できますUber Eats 既存ユーザー注文
住所 港区麻布十番 2-7-11
最寄駅 麻布十番駅
定休日 不定
営業時間 11:30 – 15:00 (ランチ)
17:30 – 22:00 (ディナー)
予約 予約推奨 (一休で予約)
Uber Eats

スポンサーリンク
記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク

渋谷コーヒー東麻布ランチ原宿西麻布青山飯倉代官山深夜営業麻布台六本木ヒルズ外苑前麻布十番現代美術一の橋交差点ギャラリー南青山乃木坂南麻布現代アート喫茶店六本木西麻布の交差点カフェトップ5表参道広尾人気記事ランキング恵比寿

コメントを残す

こんな記事も