老舗製麺所が経営する中華料理店「広尾 はしづめ」で大盛りランチ

広尾 はしづめ

老舗製麺所「橋爪製麺」が経営する広尾の中華料理店「はしづめ」。

橋爪製麺は創業70年を超える業界では老舗だそうですが、私たち一般人にはまったく無名ですよね。もしかしたらグルメな方々の間では有名なのかもしれませんが。

その橋爪製麺所が麺を中心にした中華料理をということで広尾に「はしづめ」をオープンしたのが10年近く前です。

▲お店の営業はランチ営業とディナー営業。

ディナーの方はそれなりお値段もする中華料理なのですが、ランチは麺類だけでお値段もカジュアル。

それもあってランチタイムはそれなりに混みます。行列ができるようなことはありませんけどね。

今のところランチは麺類が4種類(定番3種類と期間限定1種類)、それとランチ限定の北京ダックだけ。

北京ダックは通常700円がランチ時には半額の350円になるので、見ているとほぼ100%お客さんが北京ダックも注文しています。


北京ダック

ということで今回も北京ダックを注文。種類のどの麺を注文してもまず最初に北京ダックが運ばれてきます。

▲あらかじめ皮が巻かれているタイプです。

ランチだし手早く食べられるのでこれで問題ないですね。

お盆にセットされて出てくる様子は高級さを感じます。

▲しっかりダックの皮が入っていることが分かりますね。

ネギやキュウリも一緒に巻かれて通常700円が350円。

▲こうやって味わいながらモグモグやっていると麺が出てきます。

たったこれだけですが、北京ダックのおかげでかなり優雅なランチという気分になります。


7種類の麺と担々麺

はしづめの特徴は麺が選べること。さすが製麺所の直営店ですね。これは普通の飲食店ではちょっと真似ができないでしょう。

▲麺の種類は中華、ごぼう、柚子、竹炭、生姜、山椒、刀削麺の7種類です。

ただ当然ですが定番麺の「刀削麺の汁なし担々麺」をオーダーした場合だけは麺を選べません。

▲これは「粗挽き肉味噌の担々麺」。1,300円です。

しかも”大盛り” が無料なので大盛りにしてみました。

麺は山椒麺を選んでみました。担々麺自体にも山椒が使われているので山椒+山椒でくどいかなぁと思ったのですが、そんなこともなく山椒がよく効いた美味しい担々麺になりましたね。

▲ネギとチンゲン菜とゴマ。それと大量の粗挽き肉。

大盛りなので器が深くてスープも麺も大量です。

北京ダックと合わせてお腹いっぱいになります。これだけ量があると男性のランチとしても十分でしょう。

大盛りの担々麺が1,300円。北京ダックを付けて1,650円。広尾でこのボリュームと価格なのでお得感はありますよね


刀削麺の汁なし担々麺

刀削麺の汁なし担々麺も大盛りで。

▲ひき肉、小松菜、チンゲン菜、もやし、ゴマと糸唐辛子の組み合わせ。

かき混ぜてお上がりくださいとのこと。

▲こちらもボリュームたっぷり。

同じ担々麺でも「粗挽き肉味噌の担々麺」より辛さがマイルドなので、辛いのが苦手な人はこちらの方が良いかもしれませんね。


広尾はしづめのランチメニュー

ランチのメニューはラーメンが4種類と北京ダック。

▲先ほど紹介したように麺は7種類から好きなものを選べます。

7種類もあって迷ってしまうので、ここは自分の食べたいラーメンと味の好みを店員さんに伝えてレコメンドしてもらうのが正解かと。

店員さんはそもそも製麺所の方なので適切な組み合わせをサジェストしてくれますよ。

▲メニューの左半分を撮り損なったので右半分だけ。

訪問時の限定メニューは「牛肉とごぼうの温麺」でした。

▲店頭にもランチメニューの看板が出ています。

「粗挽き肉味噌の担々麺」、「蒸し鶏と千住葱の温麺」それと「刀削麺の汁なし担々麺」。これが定番麺でどれも1,300円。

さらに期間限定メニューで「牛肉とごぼうの温麺」が1,600円。この期間限定メニューは定期的に変わりますし、価格もモノによって変動します。何が幾らで提供しているのかホームページにも情報は出ていないので、お店を訪問してのお楽しみですね。

▲こちらが通常メニューです


はしづめの店内

夜は高級中華料理店になりますし老舗製麺所のフラッグシップ的直営店なので高級感あります。

▲出入り口前の検温器やドアストッパー代わりの台。

牛さんが置かれていたりさりげないオシャレさがいいですね。

ここはビルの2階なのですが、階段を上がっていくと気配を察した店員さんが先回りして暖簾を開けて声をかけてくれます。さすが高級店。

▲店内は個室、テーブル席が8人分、それとこのようなカウンター席6人分です。

▲テーブルはこのような4人卓が1つと、2人卓が2つです。

▲店の奥には個室が用意されています。

今はランチタイムの予約は受け付けていませんが、特別な上客さんだけには個室の予約を受けているようです。

▲この階段を上がった2階がはしづめです


広尾はしづめの場所と行き方

広尾の「南麻布郵便局」の隣、いわゆる100均の「The 100 Stores 広尾店」の向かいのビルの2階です。

▲広尾橋の交差点から有栖川公園の方へ歩いて「ひらまつ」の先の角を左へ曲がれば見えてきます

▲店名の看板、”Produced by Hashizume Seimen” の文字。そして Since 1949。つまり創業72年の製麺所の直営店なんですね。

この日はお土産に刀削麺をいただきました。日によって異なる種類の麺がお土産としていただけるみたいです。

夜は中華料理店、昼は麺類(ラーメン)のランチと時間によって表情を変える「はしづめ」。

”広尾のラーメン店” として紹介してしまうと種類は少ないしどれも1,000円超えるしで引かれてしまいそうですが、”広尾の麺類中心の中華料理” とするとランチが1,300円でお腹いっぱいになるお得なお店という感じになりますね。

製麺所直結の美味しい担々麺や温麺がリーズナブルな価格で食べられる広尾のお得なランチ。それほど混むこともないので広尾や南麻布でのランチにどうぞ。

広尾 はしづめ 基本情報

店名 広尾 はしづめ
住所 港区南麻布 5-16-10
最寄駅 広尾駅
定休日 無休
営業時間 11:30 − 15:00 (ランチ)
18:00 − 23:00 (ディナー。L.O.は21:30)
喫煙・禁煙 禁煙

 

記事の評価
関連記事

コメントを残す