骨董通りの人気カフェ「ロハスビーンズコーヒー」

ロハスビーンズコーヒー

今年に入ってからは自粛ストレスを解消したいのか、週末の骨董通りをずいぶん人が増えたように感じます。その中で一時的かもしれないけど異様に混んでいたのが今回紹介する「ロハスビーンズコーヒー

結構昔からあって流行っているお店ですが、どちらかというとお隣の「グラニースミス」の方が流行っている印象がありました。それが最近はロハスビーンズの方が明らかに行列の長さが違う。

▲時には平日なのに行列になっていることもあり、どうなっているのか気になっていました

通り沿いはテラス席になっています。



ロハスビーンズコーヒーの店舗

青山、表参道は午後になると混んでしまうので、朝のコーヒーを飲みに訪問です。

▲さすがに朝は空いていますね。

▲今は「ロハスビーンズコーヒー」ですが、以前は「ラウンジ1908 カフェ」でした。

2階のフレンチ「ラウンジ1908」と同じ会社で、単に1階のカフェを別ブランドでリニューアルしたのが今の店舗のようです。

▲骨董通りに面してテラス席があり、店内にはこのような大テーブルが並んでいます

ロハスビーンズコーヒーのメニュー

コーヒーの輸入業が本業なのでコーヒーには力が入っています。

▲これはドリンクメニュー。

コロンビアのスペシャルティコーヒー豆を様々なアレンジでいただけます。

▲そして食事メニュー。

時間帯によって提供しているメニューが異なります。

ナポレオンパイ 1,800円。これが人気の秘密のようです。

▲1日4個限定。土曜日の朝10時の時点で残り1個でした。

週末にロハスビーンズコーヒーでナポレオンパイをゲットするには遅くとも10時までに入店するのが良さそうです。

▲タルト類も充実しています。

下の段に並んでいるのはパンナコッタとティラミスです。

▲ロハスビーンズコーヒーになって4周年の記念メニュー。

ミントを使った涼し気なドリンク。夏にはぴったりですね。

ロハスビーンズコーヒーで朝食

人気の秘密が分かったので、オーダーは普通に朝食で。

▲クロックムッシュと日向夏のタルトです。

▲パンも美味しいし野菜も付いているので満足です。

ランチタイムになればハンバーガーなどもオーダーできるようになります。

▲ドリンクはカフェラテとアメリカーノ。

▲カップの反対側には ’Bean’s in Mind” というキャッチフレーズらしき言葉が入っています。

タルトは主役の日向夏に、ホイップクリーム、クリームチーズを合わせた初夏らしい爽やかなタルトでした。

もっとチャラいカフェかと勝手に想像していましたが、しっかりしたコーヒーが飲める本格カフェでした。

これからここで朝のコーヒータイムをする機会が増えそうです。



ロハスビーンズコーヒーの場所

高樹町の交差点から高樹町通り(骨董通り)を246方面へ徒歩5分。

表参道側からなら骨董通りへ曲がって100mほどです。

▲また、クルマで来ても近辺に駐車場はたくさんありますから困ることはないと思います。

いくら人気店でも午前の早い時間なら空いていますし、骨董通りでスペシャルティコーヒーが飲めるカフェとして重宝できると思います。

せっかくならテラス席に座って骨董通りを行き交う人やクルマを眺めながらのんびりしたいですね

lohasbeans coffee

港区 南青山 5-8-10
定休日:なし
営業時間:8:00 – 21:00

記事の評価
関連記事

コメントを残す