L.A.発のオーガニックなパイが静かな人気。ザ・パイホール・ロサンゼルス 西麻布 (The Pie Hole L.A.)

SNSでシェア:

アメリカ西海岸、大谷翔平が所属するLAドジャースも本拠地を置く大都市ロサンゼルス(L.A.)。そこで人気のオーガニックなパイカフェ「The Pie Hole L.A. (ザ・パイホール・ロサンゼルス)」が日本に進出してから数年経ち、今は西麻布店が日本での拠点になっています。

▲当初は週末だけの営業でしたが、今は年中無休で西麻布での営業が続います。

ボリュームもカロリーもたっぷりですし、けっこういいいお値段なのですが、週末の散歩でここら辺に来たりすると思わず買っちゃうんですよね。

スポンサーリンク

The Pie Hole L.A.

軽井沢など他店ではカフェが併設されているようですが、ここ西麻布のストアはテイクアウトのみです。

▲The Pie Holeとしての紹介はこのボードが全てですね。

焼きたてのパイとオーガニックコーヒー。

▲おすすめは週末の午前中に訪問して、たっぷりの在庫からあれこれ悩んでパイを買うのがいいかもしれません。

▲店内の様子です。

パイホールのメニュー

▲だいたい食事パイ、スィーツ合わせて多いときでは10種類前後のパイが並んでいます。

スィーツのおすすめは ”マムズ・アップル・クランブル” と ”アール・グレイ・ティー”
まずはこの2種類からですね。

▲こちらは定番の食事パイ ”シェパーズポイ”。キャプション通り、たっぷりの牛肉が嬉しいです。

▲2番目に人気の ”マック&チーズ”。

▲これは ”ベジタブルカレー”。

スポンサーリンク

The Pie Holeの店内

テイクアウト専門なので店内にはショーケースとカウンター、それと陳列棚があるだけです。

▲ロゴ入りのマグカップやコーヒーカップ。

▲同じくロゴ入りのトートバッグ。

同じロゴが入ったTシャツもあります。

▲カウンター内の様子です。

▲こちらはお店の入り口脇の様子です

The Pie Holeのパイ

▲オープン直後に訪問した時は目新しさからこんなに買ってしまいました。

結論から言うと全部美味しかったんですけどね。

▲ケースを開けて撮影。

三角形のはアップル・クランブル、丸いのはカレーなどの食事パイです。

▲ちょっとアップにしてみます。

この写真だとサイズ感がよく分からないですが、実際はかなり大きいです。

▲お皿に乗せてみました。これは ”パンプキンパイ”。

▲たっぷりのかぼちゃの上にクリームがさらにクリームが乗っています。

▲これは ”アールグレイティー” 。ひたすら甘いオリジナルパイです。もう何度食べたことやら。

▲家に持ち帰る途中で形が崩れてしまいましたが ”渋皮栗のモンブラン”。
これも日本オリジナルのパイです。

詳しくは本家のサイトを見てもらうのがわかりやすいです。

スポンサーリンク

Pie Hole 西麻布の場所とアクセス

西麻布の交差点から根津美術館へ抜ける道の途中です。

▲西麻布交差点脇の唐揚げ屋「コーエー堂」から小路に入り根津美術館の方へ。

Pie Holeの看板と、営業していれば木製のドアが開け放たれているのでそれが目印になります。

▲正面から見ると「KITERU Nishiazabu」の看板と2階の様子が見えますね。

西麻布には意外とこの手のお店がないのでPie Holeでアメリカの本格風なパイが買えるのは嬉しいです。

また嬉しいことに2022年には軽井沢にの旧軽井沢通り沿いにも店舗がオープンしましたし、公式のオンラインストアも開設されています。各地でポップアップストア営業していることも多くなり、以前より格段に知名度が上がっています。

今までに以上にいつでもどこでもパイホールのオーガニックなパイが食べられるのは嬉しいです。ただどれも美味しくてボリュームがあるので、買い過ぎ食べ過ぎには気をつけたいものです。

The Pie Hole L.A. 西麻布 基本情報

店名 The Pie Hole L.A. 西麻布
住所 港区 西麻布 2-15-3
最寄駅 乃木坂駅
定休日 なし
営業時間 11:30 – 19:30 (日は19:00まで)
スポンサーリンク
記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク