第一京浜と日の出ふ頭を結ぶ日本で2番目に短い国道130号

港区内の国道

港区内には国道が5路線走っています。国道1号(桜田通り)、国道15号(第一京浜)、国道246号(青山通り)。ここまでは誰でもスラスラ出てくるのですが、残り2本は難しいですよね。

残りは国道130号と国道357号。

357号はいわゆる”湾岸道路”。お台場の港区部分をかすっているようです

▲そして問題の国道130号。第一京浜の芝四丁目の交差点から日の出埠頭までを結んでいます。

第一京浜から日の出埠頭までってすごく短いじゃないですか。ということで、実はこの国道130号は日本で2番目に短い国道なのだそうです

日の出埠頭までなら500mくらい。


国道130号を走破してみる

この辺りはかつて東京湾華火大会があった頃に歩いたくらいですが久しぶりに歩いてみました。

▲これは第一京浜(国道15号)を田町側から歩道を歩いたところ。

こちら側からだと芝四丁目の交差点を右に曲がると国道130号です。浜松町側からだったら左折ですね。

▲芝四丁目の交差点の標識。

第一京浜の標識は左右が三角形になっているので左右方向に続くことが分かりますね。

でも130号の方は一方が四角形なのでこの標識が起点(または終点)だということが分かります。実際地面のどこかに起点(または終点)の標識が埋まっているはずです。

とりあえずここから日の出埠頭まで歩いてみましょう

▲国道130号に入ってすぐのところには ”旧海岸通り” の標識も。

短い国道130号の1/3くらいは旧海岸通りになっています。


山手線と新幹線とモノレールの高架

第一京浜から国道130号に入って100m行かないうちに最初のハイライトがやってきます。

▲山手線と京浜東北と東海道線と新幹線とモノレールの高架です。

▲モノレールだけ一段高いところを通っています。

130号をクルマで走る時は高架を走る電車やモノレールなんて見ている暇はありませんが、歩いていればゆくっり見られますね。


旧海岸通りとシーバンス

ガードを抜けて50mほどで今度は「芝浦一丁目」の交差点です。

▲芝浦一丁目の交差点です。

ここを右へ曲がればそのまま ”旧海岸通り”。

ヤナセはまだありますが一部の人には懐かしいだろうジュリアナ東京はもうありません。かつてのジュリアナが入っていた場所には広告代理店が入居しているのですが、もうすっかり様相が変わっています。

▲国道130号自体はこの芝浦一丁目の交差点を真っ直ぐ進みます

▲芝浦一丁目の交差点から海岸通りの南浜橋の交差点の方へ。

距離的には200mくらいでしょうか。

この辺りが国道130号の中間地点あたりです。

▲振り返ると芝浦一丁目の交差点、その向こうのガード。残念ながら芝四丁目の交差点までは見えないですね。


南浜橋

国道130号の半分まで来たのでさらに進みましょう。

ちなみに芝四丁目交差点から中間地点までだいたい徒歩3分くらいですね。

▲橋の上から北の方、浜松町方面を見るとシーバンスや東芝のビルが見えますね。

そのさらに先に見えるのは産業貿易センターのビル。旧芝離宮庭園の記事でも紹介したビルです。

▲交通標識には海岸通りを突っ切ると台場、芝浦ふ頭方面へ国道130号が続くように書かれています。

この道路を真っ直ぐ進んで芝浦ふ頭を抜けるとレインボーブリッジの一般道部分を通ってお台場へ抜けることができるのです。

▲そして海岸通りと国道130号が交わる「南浜橋」の交差点です。

130号はここを直進です。

上には首都高が通っていますね。

▲南浜橋の交差点で首都高の下を通り抜けます。

この写真で左右方向が国道130号です。右が芝四丁目や芝浦一丁目方面、左が日の出ふ頭方面です。


国道130号の起点

で、130号線は南浜橋の交差点を過ぎるたところで唐突に終わります。

▲南浜橋の交差点から30mくらい。

向こう側の歩道に何か青いポストが見えますね。

▲これが国道130号の起点ポストです。

芝四丁目の交差点から約450m。

歩いて5分ちょっと。クルマなら早くて4分、混んでいれば5分以上かかります。

▲管理上はこちらが起点で芝四丁目の方が終点なんですね

▲日の出ふ頭のところまで続いているかと思ったら、南浜橋を過ぎてあっけなく終わってしまいました。たしかにこれは短い国道です。歩いて5分ですからね。


国道130号起点の周辺

なんでこんな中途半端なところで終わるかというと、たぶん国道が制定された頃と周囲の地形が大きく変わっているんだと思います。

▲上を走るのは「ゆりかもめ」。日の出駅と芝浦ふ頭駅の中間くらいのところ。昔は日の出ふ頭のトラックヤードなどがこの辺りまであったんじゃないでしょうか。

今の国道130号の起点はその出口にあったのかなぁと。

▲130号の起点は向こうに見えるゆりかもめのさらに向こう、信号の手前辺りになります。でも道路自体はさらに続いているんですよね。

このカーブを写真で左方向(南浜橋から来ると右カーブ)へ行けば芝浦ふ頭からレインボーブリッジに乗ることになります。

▲そのカーブの正面突き当りは今も日の出ふ頭になっています。

第一京浜からレインボーブリッジの一般部を使ってお台場へ渡る際には国道130号を使うことになるでしょう。この国道が日本で2番目に短い国道だと思いだしてくださいね。

また新日の出橋を渡ったところにあるバーク芝浦という高層ビルには「Q’’on(くおん)」という夜景や東京湾の絶景で知られるイタリアンレストランがあります。そこもいずれ紹介しますね。

記事の評価
関連記事

コメントを残す