六本木や渋谷のロックやソウルが聴ける喫茶店、ロックバー

六本木や渋谷のソウルバー、ロックバー

六本木や渋谷の音楽を楽しめる場所から ”ロックとソウル” という視点で紹介します。

ソウルというとブラザーたちが集まるクラブ、ロックというとロケンロールな人が集まるライブハウスなみたいなイメージですが、どっちもつい20年くらい前までは音楽の主流で、才能ある人達が奏でる音楽を知的に解釈するという音楽だったんですよね。

今もそんな音楽を好む人達のおかげで、ロック喫茶やソウルバーも細々ですが残っています。

 

西麻布 George’s

西麻布の裏通りの「George’s」。

1964年開店。つまり前回の東京オリンピックの年から営業している日本最古のソウルバーです。

▲ドアにはさりげなく ”SINCE 1964” と。

今はあれですがパンデミックがなければ夜が遅ければ遅いほど混み合うバーです。▲リクエストはセルフサービス。要するにジュークボックスがあります。

これで好みの曲を2曲選んで聴きながら、仲間や友人と感想を語り合ったりうんちく合戦するのが楽しいですね。

お一人様の場合はママさんが話し相手になってくれます。

▲西麻布ということもあり外国のお客さんも多いです。

この辺りだと六本木のワッツ・アップくらいしか残っていない貴重だけど大切なソウルバーです

George’s

港区 西麻布 1-2-3
定休日:日曜祝日
営業時間:20:00 – 27:00

 

B.Y.G

渋谷百軒店のロック喫茶「B.Y.G」。ロック喫茶でもあり夜はロックバーにもなり、ライブハウスにもなります。

1969年オープンの渋谷でも老舗のロック喫茶。昔は渋谷、特に百軒店にはこうしたロック喫茶が何件かあったのですが今はB.Y.G. だけです。

▲「はっぴいえんど」や「はちみつぱい」などロックバンドのライブが行われたことでも有名。

今はランチ営業もしていますし、キッズメニューまで揃っています。

▲ウッディでカントリーぽい内装から分かるように、アメリカン・ロック、今で言うとアメリカーナとかルーツ・オルタナ系の音楽を聴かせるロック喫茶です。

▲壁にはここでライブをしたミュージシャンたちのサインもたくさん書かれています。

ど真ん中にシーナ&ザ・ロケッツの鮎川誠のサインがあって、その上には友部正人のサインも見えます

▲百軒店に入って真っ直ぐ行けばこのB.Y.G( Beautiful Young Generation)の看板が目に入ります。

レコードの在庫も多く、決してクラシックロックばかりでもないので、音楽をじっくり聴けるロック喫茶として利用できます。

B.Y.G

渋谷区 道玄坂 2-19-14
定休日:なし
営業時間:11:00 – 17:00(ランチ)、17:30 – 26:00(日祝ライブ時は15:30開店)
(ただし当面は下記に変更中)
11:30 – 20:00

 

REDSHOES(レッドシューズ)

南青山のロックバー「REDSHOES(レッドシューズ)」も30年以上の歴史がある老舗のロックバーです。

海外からのアーティストが打ち上げやプライベートで利用することも多いそうです。

▲南青山の六本木通り沿いのビルの地下。

どの駅からも遠いので隠れ家感もあるロックバーです。

▲カウンターはちょっとオシャレなバーな感じ

▲店内もこんな感じ。

ぜんぜんお客さんが見えないのは、この写真を撮ったのがランチタイムだから。

実は特製ラーメン「風神拉麺」と「雷神拉麺」をランチタイムにも提供しているのです。

▲店内の奥にはドラムセットやアンプも置かれ、突然のセッションにも対応できます。

▲本当は夜中に利用したいところですがパンデミックが収まるまではランチタイムの風神拉麺で我慢です。

REDSHOES(レッドシューズ)

港区南青山 6-7-14
定休日 : 月曜
営業時間 : 18:00 – 26:00 (日曜は24:00まで)

 

ハードロックカフェ東京六本木

1983年のオープン以来、六本木の健全な夜の遊び場である「ハードロックカフェ東京六本木」。

10年ほど前にリニューアルされトレードマークだったゴリラがいなくったのは残念ですが、今も変わらぬハードロックカフェです。

▲世界中どこでもおなじみの Hard Rock Cafe のロゴとギター

六本木のここは世界で4店目のハードロックカフェ。1号店はロンドンですが、さらにその前にHard Rock Cafeというカフェがロサンゼルスにありました。その経緯はこちらの記事でどうぞ。

▲店内には常に音楽とミュージックビデオが流れているのも世界中同じです。

基本的に80年代の以降のメインストリームの音楽なので、難しいこと言わずに聴いていられるのがいいですね

▲店内にディスプレイされている ”メモラビリア” というミュージシャンゆかりの品々を眺めるのも楽しいですね

この写真の真ん中は少し前に亡くなったローリング・ストーンズの’ドラマー、チャーリー・ワッツです。

特に音楽を聴くためのレストランという訳ではないですが、アメリカのダイナーでかかっていそうな音楽とアメリカ料理を気楽に楽しめるのがハードロックカフェです。

ハードロックカフェ東京六本木

港区 六本木 5-4-20
定休日:なし
営業時間:11:30 – 26:00(翌2時)、11:30 -28:00(金土曜)
(ただし当面は下記に変更中)
11:30 – 20:00

記事の評価
関連記事

コメントを残す