文化都心化の代表、六本木ピラミデのギャラリー群

六本木を文化都心化しようとする森ビルの拠点の一つ「六本木ピラミデ」ビル。以前にも記事で紹介しましたが、その後も入居するギャラリーが増えているのでそれらをまとめて紹介します

ピラミデビルはその名が表すようにピラミッドのような形状です。

ビル全体がピラミッドなのではなく、中心に中庭のような空間のある贅沢な作りのビルですが、その中庭空間にルーブル美術館を彷彿させるガラスのピラミッドがあります。

ピラミデビル

港区六本木6丁目6−9 MAP



●1F

ペロタン東京 

フランスの現代美術ギャラリーの「ペロタン」。その東京でのスペースがここ「ペロタン東京」です。

ピラミデビル1階の大きなスペースを使い、企画展示の他に村上隆などの常設作品も展示しています。
ピラミデの中庭からも展示の様子を観ることができます。


●2F

KOTARO NUKAGA

2階に2021年春にオープンしたのが「KOTARO NUKAGA

まだオープン後間もないですが先鋭的アーティストの発掘には定評のあるギャラリーだけに今後が楽しみです。


YKG Yutaka Kikutake Gallery 

2015年からのYKG、Yutaka Kikutake Gallery。禅フォトギャラリーとピラミデの櫓の部分に入居しています。

日本のアーティストを扱うことが多く、絵画だけでなく彫刻や映像など様々なフォーマットの作品を紹介しています。

大御所作家よりポップな感覚のアーティストが多い印象です。


禅フォトギャラリー 

禅フォトギャラリー(ZEN FOTO GALLERY)は日本を含むアジア諸国の写真を専門に紹介するギャラリーです。
写真集の出版も手掛けていて、出版物との連動企画を多く開催しています。

LONDON GALLERY

日本の古美術を扱うギャリーですが現代美術とも繋がりを持つギャリーです。

▲今はパンデミックの影響もあり完全アポイントメントオンリーです。




●3F

オオタファインアーツ 

3階には大御所の「オオタファインアーツ」

今オオタファインアーツでは草間彌生の「わが永遠の魂」シリーズの展覧会を開催中です。

また、パビリオン・トウキョウ2021では草間彌生の「オブリタレーションルーム」を鑑賞可能です。そちらは9月5日までですので合わせてどうぞ。


WAKO WORKS OF ART

3階にはもう一つWAKO WORKS OF ARTという大御所ギャラリーも。

最近では森美術館の「アナザーエナジー展」でも大きくフィーチャーされているミリアム・カーンの展覧会が行われていました。

またミリアム・カーンの作品は今後常設展示となるようです。


SCAI PIRAMIDE  

2021年春にオープンしたばかりの「SCAI PIRAMIDE」。

谷中の「SCAI The Bathhouse」、天王洲の「SCAI PARK」に続く3つ目のスペースです。

こけら落としの荒川修作の後、オリンピック期間中は休業して8月19日から新しい展覧会が始まる予定です。

▼次は写真家の磯谷博史。




●4F

TARO NASU  

何度か移転しまた結局六本木に戻ってきたのがTARONASU

こけら落としの様子は以前にもレポートしました。

▲今は写真家ホンマタカシのキノコを主題としたシリーズ「その森の子供」を展示中です。

▲ここはペロタン同様、広いスペースが特徴です。

原田真宏・麻魚率いるMOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO による空間設計です。


現代芸術振興財団 

ここはZOZOの創業者で日本でも有数の現代美術コレクターである前澤友作氏が設立し今も会長を務める財団法人の事務局で、ギャラリーではありません。

▲時々そのコレクションの一部をチラ見せしていることはあります。

▲ただ不定期に展覧会を行うこともあります。

例えば今はCAFAA賞ファイナリストの個展が開催されています。


gallery sign tokyo

2019年夏にオープンしたのがgallery sign tokyo

▲ただここも一般的なギャラリーではなく、フランスのミッドセンチュリーに活躍したデザイナーたちのヴィンテージ家具を専門に扱うギャラリーです。

詳しくは以前の紹介記事をどうぞ。


PHILLIPS

2019年に入居したのがオークション会社の「フィリップス・オークショニア」です。

▲ここも一般的なギャラリーではなく、オフィス機能だけのようです



六本木の現代アート

このようにピラミデビルは1階から4階まで、ギャラリーを中心に現代美術に関連する企業がぎっしり入居しています。

上から下までじっくり見ていると1時間ではとても足りません。

また、4階のテラスからヒルズの方を見ると、すぐ隣に「complex665があるのが分かります。

屋上に鉢植えが見えますが、タカ・イシイの窓から見えるあの鉢植えですね。

これを見てしまうと、ついでにcomplex665の方も行かなくちゃと思ってしまいます。

ピラミデビル
港区六本木 6-6-9

記事の評価
関連記事

コメントを残す