六本木の氏神さま、龍土町美術館通り沿いの天祖神社[龍土神明宮]。住所は六本木7-7-7

SNSでシェア:

龍土神明宮 天祖神社

六本木の氏神さまは今の龍土町美術館通り沿いにある「六本木 天祖神社[龍土神明宮]」。

南北朝時代の至徳元年(西暦1384年)から続く神社です。

▲外苑東通りから星条旗通りへ抜ける裏道沿いなのであまり観光客の人は通らず、地元の人たちが多く行き交う場所です。

でも天祖神社の裏にはバーニーズ・ニューヨークも入るトライセブンという近代的なビルがあり、その向かいには東京ミッドタウン。龍土町美術館通りから星条旗通りへ抜ければ国立新美術館という具合に近代的な街並みとランドマークが目立つある意味では六本木の一等地です。

”トライセブン” というビル名から分かるようにここの住所は「六本木7-7-7」。7が3つ並ぶラッキーセブン!いかにも縁起が良い住所です。

また境内にある「満福稲荷神社」には七福神の「福禄寿」が祀られていて、港七福神の一つになっています。

スポンサーリンク

 

▲鳥居が龍土町美術館通りからかなりセットバックしているので、通行人の中には神社の存在に気が付かない人も。

六本木という地名からイメージするような雰囲気はまったく無く、都心の小さなでも昔からの由緒ある神社という雰囲気が漂います。

▲お正月も午前中はさすがに参拝客も多いと思います。

龍土神明宮天祖神社の由緒

”龍土” という名称でピンと来られる人もいると思いますが、この辺りは昔は龍土町(竜土町)という町名でした。

江戸時代から続く由緒ある名称で、今は西麻布にある有名なフランス料理店「龍土軒」も最初は龍土町で開業しています。

▲まさに六本木の歴史を守り続けてきた神社です。

六本木 七七七 みくじ

天祖神社はそのおみくじも有名。

▲その名も「六本木 七七七 みくじ」。ラッキーセブンでおめでたい御神籤にラッキーコインも入って300円。

▲おみくじの色は全十色。

引いたおもくじは、おみくじ結処に結んでいきましょう。

商売繁盛、技芸上達の萬福稲荷神社

社殿右手奥にある「萬福稲荷神社」には港七福神の福禄寿が祀られていて、商売繁盛、技芸上達といったご利益があるそうです。

どちらも六本木らしいご利益です。

▲赤い鳥居の奥に小さく見えるのが萬福稲荷稲荷神社。

天祖神社に参拝する際にはこちらのお稲荷様も参拝することを忘れずに。

特にお正月に港七福神を回る際は見落としがちなので気をつけたいです

都心の緑のスポット

小さいながらも六本木天祖神社の境内には木々も多く、ちょっとした都心のオアシス、緑のスポットになっています。

▲社殿脇の階段を登った先はトライセブンビルの公開空地にもなっています。

▲東京ミッドタウンから星条旗通り沿いに国立新美術館へ向かうと、トライセブンビルのすぐ裏手に天祖神社への続く階段があります。

公園のようにも見えますが実は天祖神社へ続きます。

スポンサーリンク

ブルーボトルコーヒーのお隣

天祖神社の場所は、外苑東通り沿いを挟んで東京ミッドタウンの向かい、バーニーズニューヨーク六本木の入ってるトライセブンビルの南西側になります。

すぐお隣はブルーボトルコーヒー六本木

このブルーボトルは他店舗と比べれば空いているので、天祖神社参拝後にひと休みするにのぴったり。

国立新美術館や東京ミッドタウンを訪問した際のクールダウンに天祖神社とブルーボトルというのは良いコースだと思います。

龍土神明宮 天祖神社 基本情報

店名 龍土神明宮 天祖神社
住所 港区六本木 7-7-7
最寄駅 六本木駅、乃木坂駅
社務所 9:00 – 17:00
スポンサーリンク
記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク