SME乃木坂ビルとソニー・ミュージックスタジオ(現ジャニーズ事務所)

乃木坂のシンボル ジャニーズ事務所

乃木坂のSME乃木坂ビルにジャニーズ事務所が移転して数年、もうすっかり乃木坂のシンボルになりました。

▲外苑東通りから乃木坂へ下るところの三角形のビルがジャニーズ事務所が入るSME乃木坂ビル。ジャニーズファンだけでなくアイドルグループの乃木坂46や欅坂46のファンにもおなじみですね。

ビルには大きく ”Johnny & Associates” の看板があります。

 

ジャニーズ事務所の本社になってからも以前のソニー・ミュージックのスタジオだけはSMEが利用しています。

▲ジャニーズ事務所の入り口はこのシンボルが置かれている方です。

▲六本木のミッドタウンから外苑東通りを歩いてき乃木坂陸橋の手前の信号、”魚しかない居酒屋 魚真” の前から赤坂通りへ下りる坂沿いに建っています。

また、千代田線の乃木坂駅の2番出口のエレベーターから出るとビルのすぐ隣に出られます。オーディションなどで訪問する人がよく利用していますね。

SME乃木坂ビル

ジャニーズ事務所になる目はソニー・ミュージック・エンターテイメント(SME)が入るビルでした。

SMEが撤退してビルの壁面から「Sony Music」のあのロゴがなくなっていた時期

後ろに見えるビルは東京ミッドタウンのミッドタウン・タワーです。だいたいの位置関係が分かると思います。

この「SME乃木坂ビル」は2001年に竣工。

元々はCBSソニーという名で出発したレコード会社がいろいろ変遷あってソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)という名称だった時期に建てられたので「SME乃木坂ビル」。

SONYグループの改編・再編の影響もあって今は何が本当の社名かよく判らなくなっていますが、会社の名前は変わっても「SME乃木坂ビル」というビル名は変わっていません。

▲このビルの地下部分のフロアには「ソニー・ミュージックスタジオ」があることで有名です。

21世紀の多くの日本の音楽がここで録音されているのですね。

スタジオのサイトの「Equipment」コーナーにはスタジオで実際に使われている機材の写真が紹介されていますが、テプラで備品番号が貼られていたり、マイクには床に落としたらしき傷が見られたり、生々しい録音現場の一端を感じることができます、必見ですよ。

 

旧ジャニーズ事務所もすぐ近く

▲SME乃木坂ビルから赤坂通りに下りて赤坂方面へ100mほど行くと、ジャニーズ事務所の旧本社です。
(写真はジャニーズ事務所の本社だった時期のものです)

ご近所さんでもあったので手狭になった本社の移転先としてSME乃木坂ビルを選んだのでしょうね。

▲今はちょっと模様替えして普通のマンションぽくなっています。

もしかしたら今でもジャニーズ事務所のオフィスとして使っているのかもしれませんね。

▲いちおう旧ジャニーズ事務所の場所も。
乃木坂陸橋/乃木神社の方から来たなら、隣のレストランが目印です。

それにしても、SMEが市ヶ谷と乃木坂からミッドタウンに移転して、乃木坂がジャニーズになって。
音楽業界の移り変わりも早いのですね。

 

旧 東芝EMI

という訳で思い出ついでに外苑東通りから六本木通りへ戻って溜池方面へ。

黒いガラス張りのビルは、かつて東芝EMI(今のユニバーサルミュージック?)の本社ビルがあった場所。
80年代からつい10年ほど前まで、東芝EMIの黒いビルが溜池のランドマークとしてそびえていました。

またそのビルには、あのローリング・ストーンズも録音したことがある由緒ある録音スタジオもあったのですが、ビルの解体と共になくなってしまいました。

東芝が手を引いてからのEMIミュージックも音楽業界の再編の影響で社名が変わったりして、これも今は何が何やら。

日本クラウン

溜池にはもう一つレコード会社が本社を構えていました。日本クラウン。どちらかというと演歌が有名な会社ですね。

この雑居ビル風のビルの中には録音スタジオもあったそうですが、今のこの外観からはちょっと信じられません。

今は某宗教団体の事務所になっていますが東芝EMIと違い建物が残っているだけでもよいのかもしれません。
場所は都営バスの溜池停留所の目の前です。

溜池近辺は昔(といっても戦後ですが)から輸入自動車のディーラー(当時の呼び方では”外車屋”ですね)が多く存在していました。
それに対して近くの麻布、特に東麻布界隈にはそうしたディーラーや修理工場に自動車部品を卸すお店が沢山あって、麻布と溜池というのは経済的な結びつきが強かったんですね。
実際今でも東麻布には入手しにくい輸入車の部品を取り扱うパーツ屋さんがいくつか残っています。

以前紹介した泊まれるギャラリー「NIBUNNO」はそんなパーツ屋(自動車のブレーキシュー・パッド専門)さんの店舗だったビルを再利用したものです。

日本コロムビア

旧日本クラウンのビルから六本木通りを渡り麻布通りの方に行けばワーナー・ミュージックが移転してきたアークヒルズサウスタワーになります。
でもそちらに行かずアメリカ大使館の方へ向かい、建て替え中のホテルオークラ東京の道向かいの一角には日本コロムビアの本社があります。

昔は赤坂といえばコロムビアというくらいで、今でも「コロムビア通り」という名前が残っている業界の老舗日本コロムビアです。

十数年前に赤坂から別の場所に移転し、今は虎ノ門のこの場所に落ち着いています。

なかなか立派なビルですが自社ビルではなく森ビルがオーナーのようですね。
いつかこの通りが ”新コロムビア通り”と呼ばれるようになるでしょうか。

SME乃木坂ビル

港区赤坂 9-6-35

記事の評価
関連記事