オープン前はいつも行列。ジョン・レノンのメッセージを大事にしている恵比寿の人気 ”スパゲッティ”専門店「アンクルトム」へ

SNSでシェア:

スパゲッティ専門店 アンクルトム

時々思い出したように日本風の ”スパゲッティ” を食べたくなります。

イタリアンの本格的な ”パスタ” ではなくて日本でアレンジされた ”スパゲッティ”。
昔の喫茶店とか洋食屋さんで出されていたようなスパゲッティです。

イタリアンもすっかり普及し今では逆にスパゲッティの方が珍しかったりするので、そんな時に行くお店はたいてい決まっています。

▲今回紹介するのは恵比寿の老舗なスパゲティ専門店「アンクルトム」。

 

日本風のスパゲティ発祥は「壁の穴」らしいのですが、ここアンクルトムはその流れを汲んでいるスパゲティ店のようです。

スポンサーリンク

アンクルトムの店舗

恵比寿駅からは近いので歩けばすぐ。

週末に限らずランチタイムは開店前から行列しています。

▲店舗の脇に小さく掲げられた ”アンクルトム” の看板。

11:30から夜9時までと営業時間が書かれていますが、パンデミック後は営業時間が変更になっています。

訪問の際はあらかじめホームページで営業時間を確認してください。

▲キッチンの様子です。

キッチンを囲むようにカウンター席が並んでいます。

▲こちらはキッチンの対面のテーブル席。

ちゃんと仕切りパネルが設置され感染症対策が行われています。

向こうに見える「War Is Over (if you want it)」はジョン・レノンとヨーコ・オノの有名なメッセージですね。

オーナーの趣味らしく、店内にはジョンのリトグラフなどが飾られ、BGMはビートルズオンリーです。

スポンサーリンク

アンクルトムのジョン・レノン

アンクルトムとジョン・レノンというのは結構有名な話なんですが、ジョン・レノンと気付いていない人も多かったりするので紹介します。BGMがビートルズというのは誰でも気づくんですが。

▲これは「A Family Tree」という作品(のポスター)。

▲これは「I’m So Tired」の自筆歌詞。ビートルズのホワイトアルバムに収録されている名曲です。

リリース当時、ニューヨーク・タイムズに「気をつけろ、ビートルズは疲れた」と批評されるきっかけにもなった曲です。

▲これは「It’s Only Rock ‘n Roll」というリトグラフ作品。

後にストーンズ(ロン・ウッド)が “But I Like It” と続けて1曲完成させることになるのですね。

スポンサーリンク

アンクルトムのメニュー

スパゲッティの種類はとにかく豊富。メニューも分厚いです。

▲トマトソース系とアラビアータ。

▲たらこ系とミートソース。

たらこは和風スパゲッティでの大定番。アンクルトムでも人気だそうです。

 

こんな調子で醤油味とカルボナーラ、クラム系とホワイトソース、ペペロンチーノ、スープスパゲティ、チーズスパゲティと続いていきます。最終的に登場するスパゲティの種類は70種類以上!

 

 

とにかくスパゲッティの種類に圧倒されます。

でも日本中のスパゲッティ屋さんはたいていこのレシピから影響を受けているんですよね。だから日本中どこに行っても同じようなスパゲッティを食べることができるわけです。まさに国民食。

スポンサーリンク

アンクルトムのスパゲッティ

今回はアンクルトムの定番 ”タラコとウニと納豆”、それと ”ツナの唐辛子トマトソース”です。

▲いわゆるたらスパ。

海苔が乗っているのがいかにも和風です。

お皿は深めの木皿です。これはスパゲッティを冷めにくくするための工夫です。

▲このドロッとした感じがタラコスパゲッティの特徴ですね。

▲これはアラビアータ。”ツナと唐辛子のトマトソース”。

食べ慣れた日本風のアラビアータです。

たらスパと比べるとスパゲッティの量が若干多いような気がします。

▲お皿にアンクルトムの名前が入っています。

今回は普通盛りでしたが結構大盛りを注文するお客さんが多いのですね。

大盛りは普通盛りの1.5倍だそうです。お腹が空いている時には良いかもしれませんが、女性にはかなりきつい量だと思います。

スポンサーリンク

アンクルトムの場所とアクセス

JR恵比寿駅から徒歩3分くらいです。

東口を出てまっすぐ歩き、信号ではルノアールの角の左側の道を入ります。

タコ公園の手前、たいやきの「ひいらぎ」の向かいがアンクルトムです。

▲これは休憩中のアンクルトム。看板は出ているけど営業はしていません。

この写真で軽自動車の方に進んで信号を渡れば恵比寿駅です。

▲これは夜のアンクルトム。

営業時間については念のためホームページで最新情報を確認してくださいね。

誰でも一度は食べたことがある日本風のスパゲッティ。豊富なメニューに目移りしながらがっつり食べたいときのアンクルトムはまさに正義です。

そうでなくても身体に染み込んだ日本風スパゲッティを食べたい時の第一候補はやっぱりここです。

アンクルトム 基本情報

店名 アンクルトム
住所 渋谷区恵比寿 1-14-7
最寄駅 恵比寿駅
定休日 日曜・祝日
営業時間 ランチ 11:30 – 14:30 L.O、ディナー 18:00 – 20:50 L.O (月曜〜金曜)
ランチ 11:45 – 14:50 L.O (土曜日)
当分はホームページで告知
予約 予約不可
支払 現金のみ
喫煙・禁煙 禁煙
スポンサーリンク
記事の評価
SNSでシェア:
スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事 スポンサーリンク
スポンサーリンク
六本木現代美術麻布十番西麻布東麻布ランチ代官山喫茶店南麻布カフェ一の橋交差点麻布台コーヒー飯倉トップ5南青山渋谷六本木ヒルズ乃木坂広尾表参道原宿ギャラリー現代アート外苑前深夜営業恵比寿西麻布の交差点美術館青山
スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク