2022年、帰ってきたアメリカ大使館宿舎のガレージセール! 入場の方法や楽しみ方の最新情報

3年ぶりのガレージセール

2020年、2021年はパンデミックの影響で開催が中止となっていたアメリカ大使館職員宿舎のガレージセールが3年ぶりに戻ってきました!

開催日時は2022年4月23日の午前10時から。アメリカ大使館がアナウンスしています。

今年からセキュリティの関係で入場には事前登録が必須となっています。また入場可能人数にも上限があるそうですから参加を考えている方は早めに事前登録しておくのが良いでしょう。事前登録の方法や注意事項はこの記事の最後で紹介します。

スポンサーリンク

アメリカ大使館職員宿舎

このガレージセールが行わるのは在日アメリカ大使館で働くアメリカ人職員の宿舎「アメリカ大使館職員宿舎」です。

▲この大使館宿舎は六本木2丁目に広大な敷地を有しています。

例えば六本木ヒルズから赤坂/六本木一丁目方面を見下ろすと左下の四角いカクカクした大使館職員宿舎の建物が目立ちます。

▲これはアークヒルズのサウスタワーから。ここからはもっとくっきり間近に眺めることができます。

人気のガレージセール

アメリカ大使館に勤務するアメリカ人ということはつまり公務員なので転勤があります。東京から離任する際に不要になった品々をガレージセールで売り払うのがこの「アメリカ大使館宿舎ガレージセール」です。もっとも必ずしも離任する人たちだけが出品するのではなくて、普通に宿舎に住む人たちも日用品、洋服、本、おもちゃ、スポーツ用品など出品していますし、大使館のノベルティグッズなども売られています。

以前は秋にも「フレンドシップデー」というお祭り的イベントが開催されていたのですが、諸般の事情で2018年以来開催されていません。こちらも再開が待ち遠しいですね。

直近の2019年のガレージセールの様子はこちらの記事をどうぞ。

ガレージセールの様子

普段は入ることもできないアメリカ大使館宿舎で、日本では体験できない本場のガレージセールに参加できて、思わぬ掘り出し物を買うこともできる、

ということで、例年大人気なのがこのガレージセールです。

注) 2022年のガレージセールは敷地内撮影禁止でした。この記事では2019年以前のガレージセールで撮影した写真を使っています。

▲宿舎の駐車場でガレージセールが行われています。まさに Garage Sale ですね。

子どものおもちゃ、US仕様の冷蔵庫、自動車、衣類などとにかく見ているだけでも楽しい。

▲これは駐日アメリカ大使館オフィシャルTシャツ。こうしたノベルティグッズも楽しみですね。

ちなみに通貨は日本円です。値札も日本円で表記されています(これは秋のフレンドシップ・デーも同じ)。
米ドルでの支払もOKな場合もあります。

出店者は駐日大使館の人たちなので日本語でOKな場合がほとんどですから、言葉の心配はあまりありません。

入場のタイミング

入場開始は10時ですが例年その時点で長い入場待ちの行列ができています。

入場時にセキュリティチェック(空港のあれと同じ。ただアメリカ大使館への入館時ほど厳しくはない程度)があるのでどうしても行列が出来てしまいます。

▲これは2022年ガレージセールの入場待ち行列の先頭です。

▲これも2022年の様子。

大使館宿舎から氷川神社の前も過ぎて大使館宿舎の赤坂側入口近くまで行列が並びました。

2022年は事前登録制となって身分証明書の確認で時間がかかるかと思っていました。ところが本人確認は担当者を4人並べての目視確認! これが早いので入場待ち行列はどんどん進みます。セキュリティーゲートでの確認も慣れた人が多いのかあっという間。

たぶん10時の時点で列の最後尾に並んだ人でも20分くらいで入場できたと思います。

▲行列しているのはガレージセールで安く仕入れたい業者やガレージセールフリマが大好きな本気な人たちも多く、少し時間をずらせばこんな感じで行列もなくすっと入場できることもあります。

私たちのように、いつもと違う雰囲気を楽しんで掘り出し物があれば儲けものというレベルの人はわざわざ10時から並ぶ必要はないと思います

スポンサーリンク

2022年のガレージセール

3年ぶりのガレージセールは天気も良く、ちょっと蒸し暑さも感じなる中で開催でした。

▲出品ブースが並ぶのはこの道路沿いでした。密を避けるために天井のある駐車場スペースからオープンエアのスペースに変更したみたいです。

この写真(数年前に撮影したもの)の歩道にずらっとブースが並んでいるのを想像してもらえば良いかと思います。

▲ここはいつもは飲食ブース並ぶホール前のスペース。

以前よりアメリカの普通の街のガレージセール大会みたいな感じが強まった気がします。それとパンデミックで海外との人の行き来が減り、日本在住の外国人も減っているのか日本人のお客さんが増えたような気もします。

ともかく来年以降もこんな感じで続いて欲しいですし、秋の「フレンドシップデー」も再開されると嬉しいですね。

▲久しぶりに購入できた在京アメリカ大使館のロゴ入りグッズの数々

▲ロゴ入りTシャツ。

色はこれ以外に緑色があります。

▲やはりバックプリントが入っているのがカッコいいかな。

ちなみにこれ、1着12ドル50セントです。日本円だと1,500円くらいだったと思います。

職員宿舎の建物

六本木通りの「なだれ坂交差点」、ポルシェの中古車センターとガソリンスタンドの路地を入り道沿いに上っていくと右手にこのようなハリー・ウィーズ設計の宿舎の建物が見えてきます。

▲アメリカ大使館の場合、そこで勤務する国務省職員は毎年その1/4前後が入れ替わり、本国に帰国したり他国へ転任していきます。そうした日本を離れる職員が引越し荷物を減らすためにフリーマーケットで不要になったものを売るのですね。

職員宿舎の内部

内部は住居用のタワーがいくつか建ち並び、それぞれの建物に過去の駐日大使の名前が付けられています。最初はもちろんタウンゼント・ハリス。麻布十番の善福寺の記事で紹介しましたね。

なお、2022年のガレージセールでは施設内部の写真撮影、動画撮影は禁止となりました。

▲道路はもちろんアメリカ本国と同じで右側通行。そして青い芝生にガゼボ。ほとんどアメリカですね。

秋のフレンドシップ・デーの時にはこの歩道沿いに屋台が並び、芝生の広場では子どもたち向けのイベントが開催されたりして大盛況になります。

▲まるでアメリカのどこかの街のような雰囲気ですが、でもここは六本木なんですよね。

▲日本庭園風に作ってみた池と庭を一望できるベンチがあったり、東京タワーまでまとめて一望できる休憩用テラスがあったり。買い物の品定めに疲れてもひと休みできる場所がいくつも開放されています

スポンサーリンク

飲食スペース

今年2022年のガレージセールで出店されるか分かりませんが、もし見かけたら絶対おすすめなのが「SUJI’s」。

▲数年前まで麻布台にあって外国人から非常に人気の高かったアメリカンレストラン「SUJI’s」。麻布台のお店は閉じてしまい、今その場所は日本人妻が経営するパリのパン屋になっています。

でもSUJI’sはアメリカ大使館内でカフェテラスを運営していて、年に1回この日だけあの懐かしいSUJI’sの味を楽しめます。

とにかく人気でもし出店していてもお昼前には売り切れてしまいます。SUJI’sのあのサンドイッチをという方は早めに入場するのが良いです。

ただ2022年はSUJI’sはじめ飲食業者の出店はほとんどありませんでした。

▲このようないかにもアメリカンな手作りカップケーキとか、家のミキサーで絞った生フルーツジュースをガレージセールの一つとして売っている家族はいました。

ガレージセールの事前登録と注意事項

3年ぶりの開催、しかもパンデミック下ということでいろいろシステムが変更になっています。

1. 入場事前登録必須

入場に際しての事前登録が必須になりました。代表者登録ができないので、入場者一人ごとに登録が必要です。

また、16歳以上の入場者の登録には運転免許証やパスポートなど顔写真付き身分証の情報が必要です。

事前登録の締切は2022年4月21日午前9時までです。

事前登録はこちらから。

2. 入場可能者数に制限があります

入場可能者数に上限が設けられています(人数は非公開)。

事前登録の締め切りまでに上限に達した場合はそこで締切です

3. 会場内での喫煙、写真撮影、ビデオ撮影は禁止です。
4. 入場待ちも含めて会場内ではマスク着用必須です。


ガレージセールへのアクセス

駐車場はないのでクルマの場合は近隣のコインパーキングに駐めることになります。大使館宿舎の目の前にもコインパーキングがありますし、週末の六本木ですから空きパーキングを見つけるのは難しいことではありません。

徒歩の場合、六本木駅から6番出口を出て六本木通り沿いに歩いて最初の信号を左へ。麻布警察署を左に見ながら「マーサーブランチ」の角を右に曲がって400mくらいで大使館職員宿舎に到着です。駅から徒歩10分弱くらいですね。

六本木一丁目駅からなら、1番出口をエレベーターで出て六本木グランドタワー(テレ東のビル)とティーキューブの間を歩いていくと「六本木なだれ坂」という交差点に出るのでそこで六本木通りを渡ると突き当たりが職員宿舎です。セキュリティゲートがある職員宿舎入り口までは建物を右手に見ながら道なりに歩きます。これも駅から10分弱ですね。

実は一番早く着ける駅は赤坂駅かもしれません。赤坂の駅を出たら「赤坂氷川神社」か職員宿舎の「ペリーゲート」を目指します。そうすると行列の最後部辺りに出ますから、赤坂の駅から徒歩5分ちょっとですね。

普段は何か仕事でもあるか住人からの招待でもないと入れないアメリカ大使館職員宿舎。でも春のSidewalk Sale(ガレージセール/フリーマーケット)は入場無料誰でも入れます。

屋台やイベントなどが目白押しなフレンドシップ・デーほどの派手な面白さはありませんが、本場アメリカのガレージセールの雰囲気を楽しめる六本木の隠れた春の風物詩です。

ここ2年、COVID-19の影響で開催が中止されていて、やっと再開されたのは何よりです。大使館でも ”The U.S. Embassy Garage Sale is back!” と嬉しそうにアナウンスしています。

久しぶりに楽しんできたいですね。

アメリカ大使館宿舎ガレージセール 基本情報

イベント名 アメリカ大使館宿舎ガレージセール
2022 US Embassy Housing Compound Garage Sale
会場 アメリカ大使館宿舎
日時 2022年4月23日(土) 10:00 – 14:00
住所 港区六本木 2-1-1
最寄駅 六本木駅、六本木一丁目駅
入場登録 必須

 

記事の評価
スポンサーリンク


コメントを残す

こんな記事も