草間彌生xルイ・ヴィトンのコラボはまだまだ続く!今はルイ・ヴィトン表参道店に登場。これまでのコラボと併せて全部見せます。

ルイ・ヴィトンと草間彌生の世界

ルイ・ヴィトンが草間彌生と10年ぶりのコラボした新作コレクションが2023年1月から発売されるのを記念し、都内各所にインスタレーションやカフェなどのコンテンツが出現しています。

コラボコレクションの発売に併せて展開されている都心各所の屋外広告やJR原宿駅そばに登場したルイ・ヴィトンx草間彌生のポップストアを紹介します。

もはや伝説的な前衛芸術家である草間彌生の代名詞みたいな水玉模様に黄色いかぼちゃのインスタレーションが近所で体験できるとは。

また2022年の年末に麻布エリアの増上寺、プリンス芝公園、そして東京タワーといった会場の昼間の時間とライトアップされる夜の時間の様子、そして。丸の内行幸通りのリンクやインスタレーション、渋谷のスクランブル交差点のジャックの模様もレポートします。

2022年師走から2023年の新年にかけ、都心をジャックしたルイ・ヴィトンと草間彌生の衝撃のインスタレーション、その見どころを徹底取材です。

▲2023年新春は1月2日オープンのこのポップアップストアから。

スポンサーリンク

ルイ・ヴィトン表参道店

2023年1月20日(金)からルイ・ヴィトン表参道店のショーウィンドウに、草間彌生ロボットが登場しました!

▲これまでニューヨークの五番街、ロンドンのハロッズ、そしてパリと世界3ヶ所で見ることができた草間彌生ロボットがルイ・ヴィトンの表参道店にも登場しています! 世界で4都市目の草間彌生ロボット(ヒューマノイドロボット)です。

ルイ・ヴィトン表参道店の前は目ざとく見つけた人たちで人だかりができて騒然としています。近づくとセンサーで感知してさらにリアルに反応します。

週末に表参道へ行く機会があるならまずはルイ・ヴィトン表参道店へ急げ!

▲店内も水玉で覆い尽くされているルイ・ヴィトン表参道店。

そのショーウィンドウに水玉を描き続ける草間彌生ロボットの姿を観てください。

原宿ポップアップストア(終了しました)

2023年1月2日(月)から22日(日)までの期間限定で原宿駅前の商業施設JING原宿に「ルイ・ヴィトン X 草間彌生」ポップアップストアがオープンしていました。

▲黄色いカボチャをイメージした外観のポップアップストア。原宿駅や明治神宮前駅を降りればすぐ目に入るインパクトのある建物です。

ストアの内部はナルシスの庭をイメージしたミラーボールを使ってインスタレーション。

また大きな草間彌生の顔もありますよ。

▲営業時間は11時から夜20時まで。

▲入場予約は必要なく先着順で入場できるそうです。

この写真は1月2日の12時ころ。11時のオープンで入りきれなかった人たちが行列を作っていました。

▲またルイ・ヴィトン表参道店も黄色いカボチャをモチーフにした内装に衣替えして草間彌生との10年ぶり2回目のコラボを祝っています。

それと見逃したくないのがの表参道交差点の3Dビジョン広告です。

草間彌生が青山通りを覗き込んだりしますから、近くに行く機会があったら見てみてください。12月31日はほぼ1分おきに流れていました
(表参道交差点の3Dビジョン広告は終了しています)

DOVER STREET MARKET GINZA

草間彌生と同様、日本を代表する女性アーティストの一人、川久保玲のコム・デ・ギャルソンが運営する銀座の「DOVER STREET MARKET GINZA」。ここにもルイ・ヴィトンと草間彌生のコラボが展開されています。

▲エントランスのところが草間彌生の水玉だらけになっています。

UNIQLOと向かい合うすずらん通り側ではなくて、逆側のパーキングのある方です。

▲中を覗き込むと大きな象とカラフルなカボチャたち。

▲ルイ・ヴィトンのロゴと草間彌生の水玉カボチャのコラボレーションです

DOVER STREET MARKETでのインスタレーションは大晦日と元旦を除く2023年1月31日(火)までの11時から夜20時まで。年末年始や冬休みに銀座に行ったらぜひ観ておきましょう。

スポンサーリンク

インスタレーション@プリンス芝公園

芝公園のラグジュアリーホテル「ザ・プリンス パークタワー東京」。ここの庭園は「プリンス芝公園」という名称でホテル利用者以外の人にも開放されています。

近隣のローカルたちにとっては憩いのスペースなのですが、ここの芝生広場を使ってインスタレーションが展開されています。会期は11月30日から12月29日まで。

プリンス芝公園のインスタレーションは終了しています。

昼間のプリンス芝公園

最寄り駅は三田線の芝公園駅、大江戸線の赤羽橋駅、どちらかも徒歩数分です。

▲プリンス芝公園の芝生広場に展開された作品。

半球状の水玉、ミラー仕上げ。それとLVのロゴです。「ナルシスの庭」っぽくしたようです。

ちなみに向こうの建物が「ザ・プリンスパークタワー東京」です。

▲プリンスを背中にすると東京タワーも入ったショットが撮れます。ここがベストなフォトスポットでしょう。

東京タワーの左には麻布台ヒルズ、右には虎ノ門ヒルズなども見えます。

写真には写っていませんが結構人はいます。半分は芝公園へ遊びに来た人、もう半分は草間彌生目当ての人という感じです。

▲ミラー仕上げの水玉に映る東京タワーと麻布台ヒルズ。

こんな面白ショットも撮れたりします。元ネタがナルシスなので本当は自分の姿を映すのが正解なんですけど

▲芝生の外れにARを起動するQRコードがあるので、それを読み込めんでカメラを東京タワーに向けると、この通り。画面のインストラクションに従えば静止画や動画を撮影出来るので簡単です。もちろん撮影した写真や動画を保存することも可能です。

またインカメラで自撮りをすることも忘れずに。さらに楽しい体験ができますよ。

なおAR機能を使うのにアプリをインストールする必要はありません。ブラウザだけで機能します。

夜のプリンス芝公園

プリンス芝公園のインスタレーションは夜になるとライトアップされます。

時間は毎日16時から22時までです。

▲作品がミラー仕上げなので光が当たると引き立ちます。

▲でも夜になったらやはり見物客が増えていました。

普段の夜のプリンス芝公園は絶対こんなに人はいません。完全にルイ・ヴィトンと草間彌生目当ての人たちです。

もっとも夜も深ければ人はどんどん減りますから、消灯が近い時間帯に訪れるのも良いかと思います。また東京タワーは24時まで点灯しているのでもうプリンスに泊まって朝から夜まで芝公園とプリンスを堪能するのも良いですね。

ザ・プリンスパークタワー東京の宿泊予約はこちらから▼

 

インスタレーション@プリンス芝公園

2022年11月30日(水) ~ 12月29日(木)

8:00 〜 22:00 (最終日のみ20:00まで)

スポンサーリンク

パンプキン・バルーン@プリンス芝公園

草間彌生と言えば黄色いカボチャ。

直島のアイコン的存在だったものの台風で流されてしまい、でも戻ってきた「南瓜」は記憶に新しいですね。

▲増上寺から隣のプリンス芝公園の方を見ると、そらにプカプカ浮いているのは紛れもなく「南瓜」??

これも今回の作品の一つ「パンプキン・バルーン」です。

プリンス芝公園のパンプキン・バルーンは終了しています。

昼間のパンプキン・バルーン

場所はプリンス芝公園の芝生広場から日比谷通りへ向かう通路の途中。

勅額門跡のスペースに黄色いかぼちゃのバルーンが浮いています。

▲ミラー仕上げの円筒形のオブジェの中央部から紐で繋がれたバルーンが浮いています。

全面ミラーですけど、つなぎ目部分が重なっているので立ち位置を上手く工夫すると、自分の姿を消して撮影できます。

▲これは反対側(日比谷通り側)から東京タワーを入れて。

▲日比谷通りからプリンス芝公園の芝生広場に向けて階段を上がってくると、空にいきなりカボチャが浮かんでいるシュールな光景になります。

カボチャの右下のビルは東麻布の高層マンション、その向こうには六本木ヒルズの森タワーが見えますね。

▲ここもARが楽しめます。

▲ただし、雨天、強風など天気が悪い時は地上に留め置かれています。空中に浮かんだバルーンを観たいなら天気の良い日を選んで訪問してましょう。

なおこの状態でもARは楽しめます。

夜のパンプキン・バルーン

パンプキン・バルーンも夜になるとライトアップされます。

時間は16時から22時まで。

▲右に「ルイ・ヴィトン × 草間彌生」のスペシャルライトアップされた東京タワー。

そしてパンプキン・バルーンは下からライトアップされています。

▲係留用のロープが見えなくなって、本当に黄色いカボチャが浮いているように見えます。

▲ARでセルフィーしてみるとこんな感じ。カボチャヘアになりました。草間彌生のあのヘアスタイルはカボチャだったんですね!?

これ以外の姿にも変身できるので試してみてください。

▲これは強風で地上に留め置かれたパンプキン・バルーン。

ただ係留されても完全に固定されてはいないので、風でユラユラ揺れています。

スポンサーリンク

バルーンが浮いていなかったら

パンプキン・バルーンはちょっと風があれば空に浮かべるのは中止です。

逆に係留されている時の方が絵になる場所があるので紹介します。▲ここ。徳川秀忠の霊廟跡「旧台徳院霊廟惣門」から見るパンプキン・バルーンです。

バルーンが浮かんでいると見切れてしまうのですが、係留されているとちゃんとカボチャがが門の向こうに見えるというショットが撮れます。

広角レンズを使えば東京タワーが右に入った絵が撮れるので試してみてください。

▲係留されている時は、逆にカボチャが地面に置かれているように見えます。

浮いている時、係留されている時と何度も訪れたくなりますね。

▲通行する人も少ないので、いろいろなアングル、ポーズで気に入るまで試してみることができますよ。

パンプキン・バルーン@プリンス芝公園

2022年11月30日(水) ~ 12月29日(木)

8:00 〜 22:00 (最終日のみ20:00まで)

ライトアップは16:00 〜 22:00 (最終日のみ20:00まで)

東京タワー

東京タワーは「ルイ・ヴィトン × 草間彌生」スペシャルライトアップです。

当初の予定が延長され、クリスマスの週末もスペシャルライトアップされました!

東京タワーのスペシャルライトアップは全予定を終了しています。

▲大展望台にルイ・ヴィトンのロゴが点灯していますね。

このスペシャルライトアップ、次は12月16日から18日までの3日間、さらに12月23日から25日までの3日間です。2022年はクリスマスイブが土曜日という最高の巡りあわせです。

また、ロゴが点灯するのは南側(赤羽橋側)と東側(大門側)の2面。西側にはロゴがないので、例えば六本木ヒルズの展望台からはよく見えません。

▲これは「ザ・プリンスパークタワー東京」に映る東京タワー。リフレクションがいい感じですね。

こうしたビルに映る東京タワーのリフレクション、結構あちこちに見つかるのでプリンス芝公園へ行った時に探してみてください。

動画でもっと詳しく見てみたい方は▼

東京タワーライトアップ

2022年12月16日(金) ~ 12月18日(日)
2022年12月23日(金) ~ 12月25日(日)

ライトアップ 17:00 〜 24:00

スポンサーリンク

渋谷スクランブル交差点

一番多くの人の目に触れたのは渋谷スクランブル交差点周辺に展開されている屋外ビジョンを中心にした屋外広告ではないでしょうか。

渋谷のインスタレーションは12月5日で終了しています。

ルイ・ヴィトン+草間彌生の新コレクションのOOH広告があっちにもこっちにも状態でした。

▲渋谷ヒカリエから見下ろしたスクランブル交差点周辺の屋外ビジョン群。

映像なので常に草間彌生のご尊顔が映し出されるわけではありませんが、でもインパクトあります。

▲スクランブル交差点の交番側から見たところ。渋谷駅前ビルと隣のシブハチビジョンは両方とも草間彌生とルイ・ヴィトン。

これだけでも見た人はかなりビックリしますね。

▲道玄坂下のビックカメラ横のZEROBASE渋谷にもルイ・ヴィトンと草間彌生。

渋谷中がジャックされたような錯覚を覚えそうです。

▲スタバやツタヤが入る Qフロントビルの外壁からはシート広告が掲出されています。

これはビルの左右の壁に掲出されています。

ここは2週間で600万円かかる場所です。

▲宮益坂下のシンクロ7シブヤヒットビジョンというLEDビジョン。肉眼3Dビジョンで話題になったビジョンです

全7面が全部ルイ・ヴィトンと草間彌生です。

▲さらに、渋谷の街頭フラッグもルイ・ヴィトンと草間彌生。

もう本当にどこを見ても草間彌生状態です。

屋外ビジョンはどれも9時から24時まで。渋谷の街を歩いて草間彌生をじっくり見たら、最後は渋谷ヒカリエに登って上からまとめて見下ろしてみましょう。

▲渋谷ヒカリエ11Fの「スカイロビー(Sky Lobby)」。この北西角のシアターオーブとのエスカレーターの奥が撮影スポットです。

インスタレーション@行幸通り

皇居と東京駅丸の内口を結ぶ「行幸通り」。その東京駅寄りにインスタレーション作品が展示されていました。

行幸通りのインスタレーションはすべて12月25日で終了しています。

▲皇居側から見た「インスタレーション@行幸通り+AR」。

表か裏かでいうと、こちらが表側です。

▲東京駅の丸の内口から行幸通りに入った場合に目に入るのがこちら側。LVが見えないので、こちらが裏側にあたります。

▲横から見ても作品として成立しているのもすごいです。

▲もちろんARも。

AR使い方は芝公園や増上寺のものと同じです。また、セルフィーにしても試してみてください。

スポンサーリンク

LV FISH CAFÉ @行幸通り

行幸通りをさらに皇居側に進むと赤い魚の形をした屋台のカフェが出ています。

それが「LV FISH CAFÉ@行幸通り」です。

▲草間彌生からインスパイアされた外観。

▲ここもARがあります。もちろんセルフィーも。

カフェのメニューはコーヒー、カフェオレ、ココア、ハーブティーの4種類。どれも500円です。

「MARUNOUCHI STREET RINK」@行幸通り

メディアでも大きく取り上げられたり話題性が高いのがスケートリンクでしょう。

▲皇居寄りに設営されたスケートリンク、MARUNOUCHI STREET RINKです。

フェンスに描かれた水玉が草間彌生なんですね。冬が寒い松本出身の草間彌生なので、もしかしたらスケートが得意だったりして!?

▲氷を使わない樹脂製のスケートリンク。製氷のための電力を必要としないので、地球環境に優しいサステナブルなリンクなのだそうです。

▲今回のイベントのホームページに記載されている情報はちょっと古いみたいで、会場に掲示されているこれが最新情報です。

営業時間は21:30まで、最終受付は20:20まで。

入場料は大人2,500円で40分交代制、スケート靴込み。

さらに事前予約が必要みたいです。予約はこのStreet Rinkの特設サイトから行えます。

クロス新宿ビジョン

新宿東口のスクランブル交差点に面した屋外ビジョン「クロス新宿ビジョン」にもルイ・ヴィトン+草間彌生が登場です。

錯視3Dを利用した「新宿東口の猫」で有名なあのビジョンです。

クロス新宿での上映は12月7日で終了しています。

▲3Dなので草間彌生が飛び出してきてすごい迫力です。

毎日20万人前後の人が行き交う場所なのですでに目にした方も多いかも。5分おきくらいに1分ほどのコンテンツが流れていました。

朝7時から深夜1時まで流れていますが、期間は12月7日まで。増上寺に次いですでに終了しています。

インスタレーション@増上寺

短期間ですが増上寺でインスタレーションが行われていました。ここは会期が12月5日(月)まで。すでに終了しています。

昼間の増上寺

訪問したのは11月30日、開幕直後で平日ですから参拝客も少ないですし、インスタレーションを目当てに来訪している人もほとんどいない感じです。

▲大殿前の階段下に設置された作品。

阿弥陀仏に因んだ18段の階段とその向こうの大殿、右に見える東京タワーと麻布台の日本一の高層ビル。これらをバックに従えたLVのロゴをモチーフにした草間彌生作品です。

▲東麻布側から来た場合はLVを裏から見ることになります。当然ですが裏側まで水玉がぎっしり描かれています。

それにしても、何も知らずに増上寺を訪れた観光客や参拝客の人たちは、いきなり水玉模様のルイ・ヴィトンが現れてびっくりしたこでしょうね。

▲”水玉” は手書き風に線がくねくねしています。

台座はミラー仕様。これはプリンス芝公園でのインスタレーションでもお目にかかることになります。

▲水盤舎の前辺りにARを起動するQRコードがあるので、それを読み込めばこのように。水玉模様が現れます。画面のインストラクションに従えば静止画や動画を撮影出来るので簡単です。もちろん撮影した写真や動画を保存することも可能です。

またインカメラで自撮りをすることも忘れずに。さらに楽しい体験ができますよ。

なおAR機能を使うのにアプリをインストールする必要はありません。ブラウザだけで機能します。

スポンサーリンク

夜の増上寺

昼間見るインスタレーションも良いのですが、夜はライトアップされるのでさらに別の表情を見ることが出きます。

ライトアップは16時からなので薄暮の中でライトアップされた作品を鑑賞できます。ライトアップが終わるのは22時です。

▲インスタレーション作品と増上寺本殿と東京タワー。

普段は真っ暗になる本殿までライトアップされていて、ちょっとお得な気分です。

また東京タワーの大展望台に 「LV」マークが光っているのも注目です。さらに30日は「ルイ・ヴィトン × 草間彌生」のスペシャルライトアップです。
(12月16日から18日までの3日間も同様のスペシャルライトアップが行われます)

▲ARは夜の方が映えますねぇ。

地面に積もる水玉模様は夜の方が分かりやすいです。

▲ただし夜の様子はこんな感じ。三脚と一眼の本気モードの人たちで大混雑でした。

増上寺でのインスタレーションと東京タワーのスペシャルライトアップを同時に撮れるチャンスがこの日(11月30日)だけだったので混んでいたのかもしれません。

無限の創造──ルイ・ヴィトンと草間彌生の世界

インスタレーション@プリンス芝公園 基本情報

会期 11月30日(水) 〜 12月29日(木)
会場 プリンス芝公園
時間 8:00 〜 22:00 (29日は20:00まで)

パンプキン・バルーン@プリンス芝公園 基本情報

会期 11月30日(水) 〜 12月29日(木)
会場 プリンス芝公園
時間 8:00 〜 22:00 (29日は20:00まで)
ライトアップ 16:00 〜 22:00 (29日は20:00まで)

東京タワーLV 基本情報

会期 12月16日(金) 〜 12月18日(日)
12月23日(金) 〜 12月25日(日)
会場 東京タワー
ライトアップ 17:00 〜 24:00

インスタレーション@プリンス芝公園 基本情報

会期 11月30日(水) 〜 12月29日(木)
会場 プリンス芝公園
時間 8:00 〜 22:00

 DOVER STREET MARKET GINZA

会期 11月29日(火) 〜 2023年1月31日(火)
大晦日、元旦を除く
会場 DOVER STREET MARKET GINZA
時間 11:00 〜 20:00

インスタレーション@行幸通り 基本情報

会期 11月30日(火) 〜 12月25日(日)
会場 東京駅行幸通り
時間 11:00 〜 22:00

LV FISH CAFÉ@行幸通り 基本情報

会期 11月30日(火) 〜 12月25日(日)
会場 東京駅行幸通り
時間 11:00 〜 22:00

「MARUNOUCHI STREET RINK」@行幸通り 基本情報

会期 12月1日(火) 〜 12月25日(日)
会場 東京駅行幸通り
時間 11:00 〜 21:30
料金 大人(中学生以上) 2,500円、こども(4歳から小学生) 1,500円
40分交代制
予約 予約制

渋谷スクランブル交差点 基本情報

会期 11月29日(火) 〜 12月15日(木)
会場 渋谷スクランブル交差点周辺
時間 9:00 〜 24:00

クロス新宿ビジョン 基本情報

会期 11月29日(火) 〜 12月7日(水)
会場 クロス新宿ビジョン
時間 7:00 〜 25:00

インスタレーション@増上寺 基本情報

会期 11月30日(水) 〜 12月5日(月)
会場 浄土宗大本山 増上寺
時間 8:00 〜 22:00 12/5は18:00まで
ライトアップ 16:00 〜 22:00

浄土宗大本山 増上寺 基本情報

名称 浄土宗大本山 増上寺
住所 港区芝公園 4-7-35
最寄駅 芝公園駅、御成門駅、大門駅、赤羽橋駅

スポンサーリンク
記事の評価
スポンサーリンク


コメントを残す

こんな記事も