現代アートが常設展示される青山の隠れ家カフェ・バー「WALL青山」

WALL青山

南青山の超隠れ家カフェ・バー「WALL青山」に新しくサイケデリックな床面で知られるジム・ランビーの作品が追加されたのでランチがてらに訪問してみました。

ここは10年前のオープン時から現代アートの作品が常設展示されている、知る人ぞ知るアートなカフェ・バーです

▲カウンターの眼前には21世紀美術館の植物の壁で特に有名な ”垂直庭園” の発案者パトリック・ブランの作品。これはオープン時から話題になっていた作品ですね。

このカウンターと南青山なのにとてつもなく分かりづらいお店の場所が相まって、知っているだけでポイントが高い隠れ家カフェ・バーとして今や有名なようです。

でも平日のランチタイムは意外と空いているので、例えばクリスマスイブのランチに使ったりするのも良いでしょうね。

イブとクリスマスは予約できないので早いもの勝ちですよ。


WALLの店内

パトリック・ブランの「垂直庭園(バーティカル・ガーデン)」ばかりが有名ですが、他にもいくつかの作品が配置されアートが馴染む空間が作られています。

▲カウンターは店内の奥行きすべてを占める10mくらいはある長く大きなもの。

このカウンターだけで16席。目の前がバーティカル・ガーデンなのでいわば特等席ですね。

▲店内の入口からずっとカウンター。

▲テーブルは2卓。密を避けるため以前よりテーブルの数が減らされています。

そしてバーティカル・ガーデンに向かう形で、こちらの壁面にもアート作品があります。

▲そして店の一番奥にはテラス席。基本的に4人掛けなので、カップル利用はカウンターで、それ以上の人数ならテラス席ということですね。

それと喫煙する人もテラス席。あっ、テラス席は喫煙可能なのです。

もちろんこの壁の緑もパトリック・ブランの作品です。

またこのテラス席は天井もあるので雨が降っていても利用できるのが嬉しいです。

▲灰皿はテラス席の各テーブルに用意されていますが、カウンター席利用の喫煙者用に喫煙所も用意されています(テラス側)。

またシーシャの道具一式も用意されていて、これはテラス席で利用可能だそうです


WALLの平日ランチ

平日のランチは11:30の開店から14:00まで

▲これは「パスタランチ」の前菜とフォカッチャです

▲そしてパスタ。この日は ”ジェノヴェーゼ リングイニ” でした。

緑のバーティカル・ガーデンを前にしていただくジェノヴェーゼ。これは美味しいパスタでした。

▲こちらは「サラダ ランチ」。

サラダランチはフォカッチャとドリンク付きになります。

▲サニーレタスをメインにルッコラやブラックオリーブさらにモッツアレラチーズなど野菜たっぷりなサラダです。

スタッフさんも適度に会話してくれるので、作品の見所や楽屋話を聞きながら美味しく料理がいただけます。

▲食後のコーヒー。

コーヒーはマシンプレスの普通のコーヒーでした。

平日ランチは1,672円ですが一人15%のサービスチャージが付きます。つまり実際に仕払う金額は1,923円になります。

ランチとは関係ありませんが18時以降はカウンター席利用は1人1,650円のシートチャージ、テーブル席利用は1テーブル2,200円のテーブルチャージがかかります。


WALLの現代アート

WALL青山には現代美術作家8人の作品10点が常設展示されています。

作品の解説については「建築とアートを巡る」に詳しい記事があります。

▲店内に入ってすぐのところは「杉本博司」の作品。杉本博司が手掛けた近くの「茶酒金田中」は紹介しましたよね。

これはキューバのカストロ元首相の写真のようですがこんな肖像写真を撮れるはずもなく、マダムタッソーの蝋人形を撮影した作品です。

▲テラスの奥にも作品が見えます。

右側のウィンドウに文字が描かれています。これはアメリカのコンセプチュアル・アーティスト「ローレンス・ウェイナー」の作品です。

また突き当りの窓の外にも何か見えますね。

▲これもアメリカ人アーティスト「オスカー・トゥアゾン」の彫刻作品です。

思わず見落としそうなので注意したいです。▲カウンター前にはもう一点。イギリスのアーティスト「トレイシー・エミン」のネオン作品。

ネオンで愛について書かれています。

▲2つあるトイレの個室にはアラーキーこと荒木経惟(あらきのぶよし)の作品が。

アラーキーは2点置かれているということですね。

このように作品がいくつも展示されていて、他のお客さんの迷惑にならなければ自由に鑑賞することができます。

単にオシャレでセンスの良いカフェバーというレベルじゃない、本気でアートなカフェ・バーなのです。


ジム・ランビー

今回WALLに新たに加わったのがイギリス(スコットランド)のアーティスト「ジム・ランビー」の作品。

▲この床面がジム・ランビーのインスタレーション作品です。

ちなみにスタイリッシュな椅子はWALLが入る aoyama complexも手掛けたインテリアデザイナー岡山伸也氏のものです。

今は椅子に座ってもOKなので記念撮影などもどうぞ。
(作品設置当時はNGでしたが椅子に座れるよう対応したので今は座ってOKになりました)

▲このジム・ランビーのインスタレーションはトイレに通じるエリアの床面を使っています。

アラーキーの作品を観るには必ずこのインスタレーションも観ないといけないんですね。

▲aoyama complexに入るFACETASM(ファセッタズム) 青山本店の床面もジム・ランビーです。

▲ちなみにこれは「十和田市現代美術館」のジム・ランビー。

美術館の入口ロビーがもうジム・ランビー。十和田に行く機会があったら忘れずにチェックしてください。

▲ファセッタズムが入って床がジム・ランビーになったのでaoyama complexが分かりやすくなりました。

このおかげで場所が分からなくてウロウロする人も少しは減るかもしれません。


WALL青山の店内

分かりづらいと評判のWALL青山への行き方です。

行き方が分かりづらいのではなくてお店への入り方が分かりづらいんですよね。それさえ知ってしまえばシンプルです。

▲この小路の奥がWALL青山です。

まず骨董通りからなら小原流会館がある角の信号を入ります。みゆき通りかならプラダ青山のある角の信号を入ります。

そのまま進めば地元の不動産屋が焚き付けたことで騒動になった「港区こども家庭支援センター」の前に出るので、この小路を入ります。

角には恐竜がベンチに座っているグラッセリア青山があるのですぐ分かります。

▲行き止まりのようにも見えますが気にせず進みます。

コインパーキングもあるので平日ならクルマで訪問しても大丈夫です。

▲行き止まりのようで実際行き止まりなんですけど、右にaoyama complexのビルがあるのでそちらに入ります。

もうここまで来れば安心ですね。でもこの辺りは住宅街でもあるので深夜に酔っ払って大声で喋ったりタバコを吸うのはやめたいですね。そういうのはダサいですから。


WALL青山の入口

次は問題のWALL青山の入口です。

▲aoyama complexビルのピロティの奥にドアらしきもののが見えると思います。

そのドアがWALL青山の入口ドアです。

▲ちょっと重いドアを引けばすんなりドアが開きます。

▲内部はさらに左右にドアがあります

右側のドアがWALL青山店内へのドア。

左側はジム・ランビーやアラーキーが待つトイレスペースへのドアです


WALL青山のメニュー

最後にメニューを紹介します。

▲これはランチメニュー。

なおランチは平日の11:30から14:00まで。

▲これはフードメニュー。

気になるのはデザート、それとカフェタイム(14時〜18時)限定のアフタヌーンティープレートですね。

▲こちらはドリンクメニュー。

▲カクテルのメニュー。

注目は WALLカクテルです。

作品が常設されている8人のアーティストたちに因んだ名前のカクテル。

お気に入りのアーティストカクテルをいただいてみたいですね。

青山に数ある隠れ家バー、隠れ家カフェの中でも看板はおろか店名すらどこにもない隠れ家ぶり、そしてアート溢れる空間の店内。存在と場所を知っているだけでもポイント高いWALLです。

そしてアート好きな人にとっても気になる現代アーティストたちの作品が楽しめるカフェバーですね。

これはもうクリスマスのデートにもピッタリですね。特に昼間ならチャージも安くて比較的気軽に利用できると思います。

WALL 青山 基本情報

店名 WALL 青山
住所 港区南青山 5-4-30
最寄駅 表参道駅
定休日 なし
営業時間 11:30 − 24:00 (平日) ランチは14:00まで
13:00 – 24:00 (土曜)
13:00 – 23:00 (日曜)
喫煙・禁煙 分煙

記事の評価
関連記事

コメントを残す